INDEX    RSS    ADMIN

Without a Trace S7-#23 「真実」

ハンナが学校を休んでいるという連絡がジャックのところにあり
ジャックが家にいたハンナを問い詰めると
シカゴからNYに出てきた恋人のシェイが
昨日会ったとき、夜家に来ると約束したままいなくなっちゃった。
いくら電話をかけても出てくれないと言い出します。
シェイは18歳でマンガの才能があり
公園で似顔絵を描きながら生計を立てていたとハンナは説明。
ジャックがシェイの両親に尋ねると、息子はもう成人してるからと
あまり心配していない様子です。

ジャックじゃなくても、こんな怪しい子と付き合ってることを
親は反対したくなるよね。
いくらハンナがシェイを愛してると言っても
親は娘の幸せを第一に考えますから
シェイが犯罪に巻き込まれているなら、娘には関わってもらいたくないです。
でもジャックは失踪者を探す役目を担ってますから仕方がない。
シェイを探すことにします。
ついでに娘への事情聴取はサムに任せてる。
サムの方が話を聞き出しやすいというのも一理あるかもしれないけど
公私の区別をつけるなら、ヴィヴやエレナに頼むべきだと思うんですが。
またジャックの身勝手ぶり全開です。

するとどんどんシェイの怪しげな行動が明らかになり…
シェイが大金を降り込んだことが判明。
相手は交通事故で重傷を負った友人でした。
その様子がシェイのマンガから伝わってきました。
シェイは友人をひき逃げした?
どんどん犯罪職が強くなる中で、シェイともう一人の友人がようやく補導されます。
事の真相は?
3人がドライブしていた時、そのうちの一人がルーフに登ってはしゃいでいたところ
ハンドルを握っていたシェイに、もう一人の友人がゆさぶりをかけます。
上にいた友人はそのまま前に転落、あっという間に車にぶつかってしまいました。
シェイは友人を助けようとしますが
もう一人の友人は「もう死んでる。面倒はご免だ。」と言って逃げるよう促します。
でも罪の意識が消えないシェイは苦慮していたのでした。

結局失踪じゃなくて、自分たちの都合で動いていただけじゃないですか。
その前にひき逃げするのも最低だし。
やっぱりハンナは早くこんな男と別れた方がいいです。
でも物わかりの悪い父親の娘ですから、一筋縄じゃいかないでしょうね。
オヤジの苦労の絶えないのは自業自得ということで。

サムとブライアンと赤ちゃんの共同生活は
正しいファミリーに見えてきます。
二人とも意気投合しているし
そしてはずみでキス…その後雲行きが怪しくなってきました。
あのキスはなかったことと封印するつもりらしいですが
赤ちゃんにとっては子のパパとママに育ててもらう方が幸せなんじゃないかな?
向こうの物わかりの悪いおじさんの子供は苦労すること間違いないし(笑)

そしてダニーとエレナは結婚の準備の真っ最中。
もう勝手にやってください。
次回のグランドフィナーレはまさか結婚式で幕切れ??
それってブラシスだから許されたんで、WATではあり得ませんよ。
失踪者を探すべきドラマなのに…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FBIの予算って、税金ですよね?(一応確認・笑)
なんだか私的なことに使いまくりじゃないですか?
見ていて、誰にも感情移入できないし、同情もできませんでした。

ハンナもね、自分が恵まれているんだってこと、少し自覚してほしいですね。
わがままにも、ほどがある。

サムは、ブライアンとのことを真剣に考えたほうがいいと思います。
もう、典型的なだめんず・苦笑

ダニーとエレナも、公私混同しまくりで、顰蹙もいいところですよ。
職場でダンスって、もう・・・・。

ああ、シーズン1に巻き戻したいです。

シーズン1に巻き戻したい…確かに。
観始めたときは捜査官たちの真剣なまなざしに感動し、実に爽快な気分で楽しませてもらっていたのに。
どこから間違った方向に進んでしまったのか。
自分たちの恋愛模様を見せるドラマじゃないですよね、どう考えても。
公私混同甚だしいし、FBIの予算って確かに税金です。
やっぱり誰かにクーデター起こしてもらいたい。
(ってマーティンしかいないか。)
グランドフィナーレにどこまで突っ込めるか、見ものですよ(苦笑)