INDEX    RSS    ADMIN

コネクション マフィアたちの法則 (Find Me Guilty)

<カッターさん祭り>

渋谷ヒューマントラストシネマでLinusが出演している「コネクション」が
ひっそりとレイトショーで上映されているのを教えていただき
早速行ってまいりました。
bluegeneさん、ありがとうございます♪

蔵出しされたシドニー・ルメット監督の晩年の未公開作品で、
アメリカ史上最長のマフィア裁判の様子が
忠実に描かれています。
ルッケーゼファミリーのメンバー20人が約2年
連邦裁判所で裁かれていくのですが
被告が20人でそれぞれに弁護士が付いていて
陪審員にも控えがいるというとにかく大所帯。

この裁判の検事を務めるのがLinusで
名前はキーニーなんですけど
どう見てもそのまんまカッターさん!
検事だから役作りの必要がなかったわけで
あまりにもカッターさんなのでびっくり!というより安心しました。
法廷にカッターさんの声が響くだけですごく居心地がいいというか
酔いしれてしまいます。
ただ映画ですから、NBCでは使えない四文字をでっかい声で連発するし(笑)
ブチ切れたときのパワーも迫力十分。
なにしろお目付け役のマッコイさんがいないもんですから
やたらと熱くなってます。

ところでルッケーゼファミリーの中に
麻薬取引で有罪判決を受け服役中のジャッキーと言う男がいて
裁判が始まる前にキーニーはジャッキーに司法取引を持ちかけます。
ところはジャッキーは絶対に仲間を売らない。
そこでひたすら長い裁判が始まってしまうのですが
ジャッキーは弁護士をつけず、自分で弁護を始めます。
小学校しか出ていない男が弁護をするので言ってることがめちゃくちゃ。
当然カッターさんはツッコミまくるし
ファミリーのボスのニックは墓穴を掘りまくりのジャッキーの発言に腹を立て
さっさと彼を追い出したがるし。
でもなんだかジャッキーの話には説得力があり
陪審員の心を動かしていきます。

ジャッキーを演じているのが、なんとVin Diesel。
「リディック」のアクションしか知らないので
こちらはあまりの別人ぶりに驚きました。
もちろん髪が生えてるし(笑)
こんなに演技派だとはつゆ知らず…おそれいりました。
ジャッキーの巧みな話術にぐんぐん引き込まれてしまいます。
それに引き換えカッターさんは…
「リディック」の悪夢の再来(爆!)
どうしてもVinのパワーには勝てないようで
どんどんヘタレ度アップしていきます。
これがまたカッターさんらしくて素敵なんですけど
きっと後でマッコイさんに怒られてるんだろうなとか
ルーポに文句言われてるんだろうなとか
容易に想像がついてしまうことが恐ろしい。

でもね、この映画が製作されたのは2006年。
まだカッターさんやアンディになる前の話なんだよね。
ここでの役作りがそのままカッターさんへ移行したってことのようです。
ともあれ2時間、正しいカッターさんを堪能できる素晴らしい映画でした。
レイトショーのみでの上映はもったいない。
いずれはスパドラでオンエアして、
カッターさんファンを満足させてもらいたいものです。

2006_find_me_guilty_012.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

レイトショーはつらいけど、こういう珍しい映画をやってくれるのはありがたいですね。
この映画はカッターさん以前だったんですねー。この役がプロデューサーの目に留まったのかしら?それでカッターさんとして抜擢されたんだったら嬉しい(笑)

ヴィン・ディーゼル、『リディック』でも共演してましたね。これほど傾向のちがう映画で共演することって珍しいんじゃないでしょうか。意外なほど芸達者だったので、アクション以外でもっと見てみたいと思いました。

カッターも!でしたか!!

お邪魔します(ペコリ)
まぁ!カッター君も、そんあな修行中の過去が・・・(クスッ)
実は、マッコイさんにもありまして・・・『HOSTILE WITNESS』という作品です。
日本でも上映されたようで、邦題は『アメリカの選択』。DVDではなくビデオなんです(涙)

ここでウォーターストンは連邦検事の役です。
法廷は、ローチと同じく、完全ジャック・マッコイモード=ちょいと若い(笑)

ウ~ン、ローチもかぁって思うと
キャスト決めの時、これも考慮の範疇だったのかな?って思いもしますが、どうでしょうね~。

完璧なカッターさん(笑)を堪能しました。

>bluegeneさん
無理してレイトショーにチャレンジしてよかった。本当に面白かったです。
ウルフ氏がこの検事姿のライナスを観て、こりゃL&Oで使えると思ってくれたのでしょうか。
とにかくカッターさんの役作りにそのまま生かせた気がします。
そしてヴィン・ディーゼルの演技力に感心しました。
リディックはもううんざりして、カッターさんが溶けちゃyた!後は観るのをやめてしまいましたが、この映画は最後まで夢中になって観ることができました。
ヴィンはアクションしなくていいですよ。こんな渋い作品で活躍してくれたらお付き合いいたします。

>リィンさん
マッコイさんの検事映画もあるんですか!すごい♪
それは是非観てみたいですね、
でもビデオって今はレンタルでもあまり扱ってないし、どこかで運よく巡り合えることに期待します。
連邦検事でマッコイさんそのままって、カッターさん完コピ状態じゃないですか(苦笑)
マッコイさんで成功したからカッターさんも!だったのかな?

見てきました!

ずっと公開を楽しみにしてたのに 上映は1週間だけでレイトショーのみって(>_<)

そっか これはカッターさんになる前だったんですね!
てっきりL&Oでの検事役繋がりだと思ってました。

登場シーンも可笑しくて 初っ端から 笑いを堪えるのが大変でした(^^;)
ブチ切れる迫力も凄かったですね~
最後のヘタレっぷりも良かった(?)です♪

もう一回見たいな~(*´▽`*)

もっと大々的に公開して欲しかったですよね。本当に面白い作品だし。

あまりのカッターさんぶりに感激したでしょ。
私も絶対カッターさんが評価されてこの作品に…と思っていたので、逆だったから本当に驚きました。
L&OがHBOとかSHOWTIMEとかのドラマだったら、カッターさんもこのくらい暴言を吐いて暴れたのかもなんて考えてしまいました。
そしてお見事なヘタレっぷり。そこまで忠実にカッターさんにならなくても(苦笑)

わ~ 観たかったです~

L&0以前のカッターさんなんですね・・・

やっぱり ヘタレてきたんですね~(笑)

アクション以外の ヴィン・ディーゼルも観てみたかった・・

余計な話ですが・・・・やっと「司祭」観ることができました(泣)

ヴィン・ディーゼルはリディックとは似ても似つかぬ別人で、こんな才能があったのか!と感動しましたが、カッターさんはあまりにも同じキャラで(笑)それも才能と言うのでしょうか。とても安心して見られました。
しかもラストは立派なヘタレでしたから♪

司祭ご覧になられたんですね。あの映画は最高!です。
日本版DVD復活させて欲しいな!!