INDEX    RSS    ADMIN

Unforgettable #1 「再び記憶の森へ」 Body of Proof S1-#1 「検死官ミーガン・ハント」

WOWOW新作ドラマの二本立て

◎Unforgettable
主人公の元刑事キャリー・ウェルズは「超記憶症候群」という能力を持っているため
一度観たことは全て詳細まで記憶してしまい、忘れることがありません。
この能力を生かして犯罪捜査で活躍してきたのですが
同僚で恋人だったアルと別れ、NYへ出てきました。
昼間はアルツハイマーの母親の入っている介護施設でボランティアを行い
夜は能力を生かしてカジノでひと稼ぎ。
ところが住んでいるアパートで殺人事件が起こり
やはりNYに異動してきたアルが捜査に当たっていたので現場で再会。
アルはキャリーの力を借りて、事件の解明にあたります。

キャリーがWATのサムなので
まずこちらはキャリーの姿からサムの部分の記憶を全部消しさらないと
まだジャックは未練たっぷりに口説いてるのかなとか
ブライアンとはうまくいってるのかなとか
本当に余計な部分が気になってしまいます。
捜査官と言う立場も一緒だし
吹替えの声が違うのがせめてもの救いですか(苦笑)
キャリーが抱える過去の記憶
そういえばサムにも穴掘って埋めちゃった話があったっけなんて
余計なことは思い出さない方がいいよね。
しかし見たものを忘れられないのって辛いだろうな。
良い思い出は残しておきたいけど
悪い思い出はさっさと消し去らないと立ち直れないじゃないですか。

でもWATは終わったドラマだから消去して問題ないんですが
アルはまだNip/Tuckのショーンの役割が終わっていません。
ファイナルシーズンはどこへ行ってしまったんでしょう。
狐生活が消滅してしまったために、忘れられてますよね。
これは是非ファイナルまできっちり見せてもらって
ショーンと決別してからアルと出会いたかったです。

この先キャリーが持つ能力を、犯罪捜査にどのように生かしていくのか
キャリーとアルの関係は?といったところが見どころでしょうか。
ジャックやクリスチャンの影がちらつかないように(笑)
気持ちを切り替えって楽しみたいです。

◎Body of Broof
こちらは検死局の女性検死官ミーガンが主人公のドラマ。
突然ですが日本語表記の検視と検死の使い方の違いがよくわからなくて
字幕でも両方使われているので悩んでしまいます。
今回は「検死」なんですけど同じWOWOWでも
CSIのアルおじさんは「検視官」なんですよね。
検死局にいると検死官なのかな?

ともかく検死官というとCrossing Jordanのジョーダンを思い出しますが
数シーズン観たところで挫折してしまいました。
その理由はジョーダンが検死を超えた部分で頑張りすぎるので
そこまででしゃばらなくていいんじゃないと観ていながら疲れてきたからでした。
自分のイメージとしては検死官は黙々とその任務に徹するプロがお気に入り。
アルおじさんはもちろんシドとかNCISのダッキーとか、そしてREXのレオとか
自分のテリトリーについては完璧だけど
それ以外には口を出さない渋オヤジが好みです。
オヤジじゃないけどL&Oシリーズのロジャースは
検死官の鏡ですよね。
本家と分家合わせて、一体何人検死したのでしょう。

そんな落ち着いたプロの検死官のファンなので
今回のメーガンのキャラクター設定がやや微妙。
元は優れた脳神経外科医でしたが、交通事故で仕事から離れ
死体を相手にしています。
その知識を生かした鋭い検死能力には感心しますが
なにしろメーガンはデス妻キャサリンですからね。
やっぱり口うるさいウザキャラになりかねない。
っていうかDana Delanyの主演作をあれこれ観てますが
結局どれを観てもイラっとしてしまうので
すでに苦手意識が出てるかも。
他のキャストはなかなか興味深いですけど
メーガンの別れた夫がデス妻ニックで
ご近所さんで夫婦でしたか?というツッコミを
そしてJeffrey Nordlngって、常に不幸なオヤジキャラだなぁ…

ストーリー展開はスピーディーで面白かったので
メーガン以下キャストに腹が立たなければ継続視聴していこうかな。
今後の成り行き次第です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント