犯罪・捜査の英語辞典

犯罪・捜査の英語辞典犯罪・捜査の英語辞典
(2012/05)
山田 政美、田中 芳文 他

商品詳細を見る


クライムドラマを観る際にお薦めの一冊。

マイミクさんにこの本を教えていただき、早速購入しました。
英語辞典なので英単語とその意味が書かれているのですが
載っているのが警察、法律用語や隠語の数々
実に耳慣れた言葉ばかりでした。
ドラッグ用語とかすごく詳しいです。

その昔英語版のSVUやOZを翻訳して観ていた時
普通の英語辞典に載っていない言葉の意味がわからなくて本当に苦労しましたが
この辞典があれば問題解決。
もっと早く欲しかったかも。
編集者がエド・マクベインの作品を読む際に
そこに登場する犯罪や警察捜査関係の英語表現が持つ多様性や奥深さに驚嘆し
英語の言語と文化を知る上で重要な資料になると考え
この辞典の製作にとつながったとのこと。
犯罪・警察小説で使われている用語が主に紹介されているのですが
もちろんテレビドラマもということでCSIやCriminal Mindsなどにも触れられ
例えばAFIS(自動指紋識別システム)という単語も
CSIなどに登場すると説明されています。

調べるというより読み物としても面白く
警察無線のテンコードの一覧には感心してしまいました。
ドラマではよく聞いていたけど、本当に1から99まで決まっているんですね。
そして巻末に日本語索引も付いており、英語での言い方を調べるのも便利です。
日常生活では役立たない言葉ばかりですが
ドラマを観るのに持っていて絶対損はないので
是非手元に一冊お薦めします。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ