INDEX    RSS    ADMIN

La Femme Nikita S3-#8 「消されたファイル」

ニキータはバーでクルーガーという男に近づき
彼と外に出るとまもなく彼はセクションに拉致されます。
その前にニキータとクルーガーは因縁をつけてきたデカイ男を倒してきたんですが
気がついたらクルーガーはそのデカイ男を殺したことになっていました。
殺人犯として引っ張られたクルーガーは、死かセクションに貢献するかの選択を迫られ
セクションにとどまることを選びます。
実はクルーガーは驚異的な記憶の持ち主で
セクションは彼のその能力を使おうとしていました。

ニキータは無実の罪で連れてこられたクルーガーを見ているうちに
実は自分も殺人を犯していないと思い始めてきました。
オープニング画面が白黒版回想シーンに。
あのときニキータはナイフを持った男と遭遇し
気がついたら自分がナイフを持ち、殺人犯扱いされていました。
きっと自分は殺してない。仕組まれたものだったに違いないと
自分がセクションに連れてこられた理由を探ろうとしますが
ウォルターが教えてくれるわけがなく…

ニキータは3年前の事件を思い起こし
ナイフを持った男に会う前
路地に隠れていたらレストランの裏口から出てきた男に
5ドルやるからゴミを捨ててこいと頼まれたことを思い出しました。
男の頬に傷があったことを覚えていたニキータは
その現場に行って尋ねてみると
店には頬に傷の男なんていなかったことが判明。
絶対ニキータ確保のために仕組んだに違いないとニキータは確信します。

ニキータはこっそり傷男の情報を入手すると
クルーガーに実地訓練させると言ってベオグラードに連れ出します。
そこに傷男が潜んでいたのですが
ウィーンかべオグラードというチョイスで
もしウィーンに男がいたらウィーンに行ってたのかな?
是非レックスとも遭遇してもらいたかったです(笑)
ニキータはクルーガーをトランクに押し込んだまま傷男に会い
男を脅してファイルナンバーを聞き出します。
そして任務のシナリオをクルーガーに覚えさせます。

何とかばれずに二人は戻り
クルーガーは任務に出されます。
マイケルは相変わらず言葉少なげにニキータを疑ってますが
ニキータが目的を話し邪魔をするなと言い放ったので
それ以上は追及してきませんでした。
ニキータは教わったファイルにアクセスしましたが
ファイルは消えていました。
ニキータがセクションに入れられた理由は依然なぞのまま。

天才少年グレッグが成長して復活。
かなりずるがしこい男に育っていました。
その能力を悪知恵として使い
見事にバーコフを陥れます。
口調も偉そうだし。
でも長官には気に入られているようで。
面倒くさいグレッグはまたちらちら顔を出します。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント