FC2ブログ

Law&Order SVU S11-#2 「Sugar」

オンラインの宝探しゲームにハマっているラスティとエドが、鉄道の地下トンネルで宝を探しているとき、スーツケースに入れられた女性の全裸死体を発見する。女性は首の痣から絞殺されたと思われた。宝探しを主催したのはゲームの達人のマスターベーターと名乗る者で、いつも変わった場所に宝を隠していた。マスターベーターがヒントを語る動画がアップされており、アクセスポイントをたどるとスタテン島のデスカウントストアにたどり着いた。マスターベーターはストアの店員だったが遺体については知らず、彼女が録画した映像を確認すると、フロリダ行きの寝台列車の窓からスーツケースが投げ捨てられていた。遺体は乗客で、身元確認の結果エミリー・キーフ20歳で、タンパ行きの片道切符を持っていた。その日フロリダ行きの列車は出発が45分遅れていた。エミリーは列車の個室で殺され、スーツケースに詰められ発車直後投げ捨てられたと思われた。
ステーブラーとベンソンがエミリーの実家に行くと、父はエミリーが犬のタンクと一緒でなかったことを不思議がり、継母は自分が父親と結婚したときエミリーは荒れていたが、オーウェンという恋人が出来てから落ち着き、マリーナに停泊している彼のボートに一緒に住んでいると説明する。ステーブラーとフィンがボートにいるオーウェンを探すと、オーウェンは逃げ出す。だがすぐに捕まり、ボート内に隠していたコカインを押収される。オーウェンはタンパに宿泊所を所有しているが、エミリーとは何カ月も前に別れたと殺人を否定する。
エミリーの自宅を捜索すると、おなかをすかせたタンクが出てきた。エミリーは出会い系サイトのテイスティシュガー(TS)で新しい恋人と知り合ったようだ。TSはバンス広告社の関連企業で、エミリーはパメラとのダブルデートも可と宣伝していた。ステーブラーはパメラに接触し、エミリーがバンスと交際していることを聞き出す。
バンスはエミリー殺害時に秘書のりゼットと食事していたと説明。その日バンスはエミリーと3時に会い別れ話が始まり、彼女は荷物をまとめ元彼のところへ行くと3時45分に家を出て行った。バンスはその後4時から17歳の娘のシャンテルのサッカーの試合の応援に行ったとアリバイを述べる。だがシャンテルに確認するとバンスは試合を見に来ていなかった。再度バンスを問い詰めるとエミリーと別れた後酒を飲んでいたと自白、弁護士がアパートの監視カメラ映像を持ち込み、エミリーが3時45人に荷物を持って出ていったことを確認する。
バンスのエミリー殺害を認めさせたいパクストンはりゼットを脅すと、二人で食事したのはもっと遅かった。バンスは血の付いたシャツをクリーニングするようにこっそり渡したなどを証言し、バンスがエミリーを殺害したことを認める。
逮捕されたバンスは態度を一転させ、エミリーを愛していたのに裏切られたと弁護士をつけずに殺人の自供を始める。パクストンは弁護士なしの自供は使えないとステーブラーを攻撃する。
罪状認否ではバンスは第二級謀殺罪を求刑され、弁護士はバンスの心神耗弱を訴えようとしてくる。パクストンは事件前後のバンスの表情をチェックするようSVUに頼み、セントラルステーションの監視カメラの映像を調べていると、列車に乗ったのはエミリーではなくシャンテルだったことに気付く。父が自分と同年代の愛人を持ったことに腹を立てたシャンテルはエイミーを殺害、バンスとともにエミリーの元恋人に罪を着せる計画を考えたが、列車の遅れが原因で計画は破たんしてしまった。シャンテルが逮捕される前にバンスは娘に会いたいと頼み実現するが、シャンテルは隙をみてバンスの首にハサミを刺した。

絞殺され裸のままスーツケースに詰められ、列車の窓から投げ捨てられたエミリーは、コカインの売人をしているオーウェンと別れた後、自分が所属しているTSの親会社の社長バンス・シェパードと援助交際をしていました。
TS上でのエミリーの動きを聞き出すために、ステーブラーはエミリーとのダブルデートを受け入れているパメラに近づきます。捜査官ではなく「パパ」の立場でパメラとデートするステーブラーは「女性を見る目は肥えている。」と自慢げに語ります。ちなみにパメラの最低価格は5000ドル。一流品をプレゼントしないと交際は成り立ちません。ステーブラーはパメラにエミリーとのダブルデートを申し出、パメラからエミリーがバンスと交際していることを突き止めました。
バンスがTSに加入したのは時間の節約になるから、そこで出会ったエミリーとは援助交際以上の深い関係になり、娘シャンテルを大切にしなかったからその代わりにエミリーを心から愛したとバンスは説明します。だが別れ話が出てエミリーは荷物をまとめて出て行き、その日のうちに殺害されます。いくらバンスのアリバイが完璧でも容疑者であることは確かです。パクストンはバンスを売春で逮捕して吐かせればよかったとステーブラーを責めますが、SVUは援助交際を売春とは言わないと否定、またパクストンと険悪な雰囲気になってきます。パクストンは自ら秘書のりゼットを脅し、彼女からバンスのエミリー殺害を自白させます。
バンスは逮捕されると態度を一変し、殺すつもりはなかった。彼女が別れ話を切り出したのは自分が年上過ぎたからだ。努力したけど裏切られたと弁護士もつけずにどんどん自供し始めます。パクストンは慌ててバンスの自供を止めさせ、ステーブラーは「逮捕を命じて尋問を禁じるのか?」とパクストンに食ってかかります。
バンスが娘シャンテルをかばっていたことが分かったのは、駅の監視カメラの映像からでした。エミリーの服を着てスーツケースを持ち、列車に乗っているのはシャンテルでした。その日バンスのアパートへ行ったシャンテルは、エミリーと出くわします。あの女のせいでパパは自分との約束を破ったと、自分に笑いかけてきたエミリーに腹を立てたシャンテルは、とっさにエミリーの首をつかんでいました。そして帰ってきたバンスとともに、自分がエミリーになり済まし、フロリダに行ってエミリー殺害の罪を元恋人に着せようと計画します。だが列車の発車が45分遅れたことにシャンテルは我慢できず、遺体の入ったスーツケースを窓から投げ捨ててしまったのでした。
バンスは真相を述べた後、娘を救いたかったとシャンテルとの再会を望みます。バンスは手錠を外してもらいたいと頼み、シャンテルを抱きしめますが、娘は父を許す気はありませんでした。隙をみて近くにあったハサミをつかんでいたシャンテルは、バンスの首を刺します。倒れた父の前でシャンテルは、これでもう私との約束は破らないとつぶやくのでした。
バンスを演じているのはWill&GraceのWill役を演じていたEric McCormack。Willとは違った父親役を演じています。

事件の展開はありがちな話だと思ったけど
Will&Graceのウィルがストレートの若い子好きなダメパパな部分が要チェックなのかも。
しょーもないオヤジだけどやっぱり娘は可愛いんだなと思っていたら
ラストに娘からとんでもないしっぺ返しを食らいます。
しかしあんなデカいハサミ、SVUの誰が使ってたんだ。
犯罪者がうろうろするオフィスだけに、凶器をデスクの上に置いておくのは厳禁だと思います。
今後は是非気をつけてください。

パクストン検事補、相変わらず嫌なおばちゃんだな。
本家ではカッターさん活躍中なのに
分家はどうして??と恨みつつ
パクストンとステーブラーのバトルは楽しませてもらいました。
今時平気でオフィスで煙草に火をつけるパクストンのずうずうしさもご立派ですが
そんなパクストンを堂々とBitch扱いするステーブラーも負けてない。
パクストンはまだ出てくるのでバトルも続くのかな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ