INDEX    RSS    ADMIN

Kommissar Rex S8-#1 「狙われたレックス」

新シーズンスタート
日本ではS8ですが、本国ではこれがS9の1話目になります。
そして前回の女子刑務所エピがS9の7話目で
どうしてそういう順になるのか全く意味不明なんですが…

新シーズンになって、マークが髪を切りました。
Raising the BarのジェリーはS2の冒頭に長髪がだらしないとさんざん嫌味を言われたため
すっきりカットして別人に変身しましたが
マークの場合はどんな心境の変化で?
さっぱり感を追及してるとは思えませんが。
さらにオープニング映像でソーセージパンが復活。
クンツがソーセージパンを愛してくれているのが本当に嬉しいです。
この伝統は大切にしてもらいたい。

ニキはテロ対策訓練に参加していて留守。
マークとレックスの親密度は増しているようです。
そうか…マークはニキかレックスかの二者選択に迫られてましたか…
といきなり疑いのまなざし。

その頃ウィーンの不思議(に違いない)な刑務所から
6年の刑期を務めた男が出所しました。
あれ?殺人罪で6年じゃないよね。
この男何してたんだっけ…

と思って出所したウォルターの顔を観たら
知ってる!!
確かにレックスが捕まえてました。
ただしその時はウォルターではなくアントンと言う名前で
アレックスとベックが気球の上から追いかけていた
ヤク中の銀行強盗兄ちゃんですよ!
やってることは十分犯罪なんですけど
それまでの経過がちょっとせつなくて
しかもウィーンの犯罪者の中では珍しくイケメンなアントン君は
しっかり記憶に残っていました。
でも罪は罪ですからね…

で不思議な刑務所で修業した?アントンは
ウォルターとしてすっかりたくましくなり
性倒錯者に変わってしまったようで…これはショックでした。

出所したウォルターは自分を捕まえたレックスを狙い
持っていた散弾銃を発射。
流れ弾はマークにも当たります。
撃たれて動かないレックスにビックリしたマークは
すぐに救急車を呼んでレックスを病院に送ります。
早速レックスは手術を受け
マークは自分の怪我よりもレックスを心配します。
アレックスだったら納得の展開だけど
マークってこんなにレックスを愛してたっけ?
そりゃ側にニキがいないからだ…(苦笑)

大分体調のよくなったレックスは
こっそり動物病院を抜け出し
(馬も入院するんですね…いきなり出てきて驚きました)
バスに乗って警察に向かいました。
平然とバスに乗るレックスもご立派ですが
あっさり乗せてしまう運転手もご立派。
ウィーンに行ったら堂々とバスに乗る犬がいるかどうか
チェックしてきたいと思います(笑)

警察はウォルターをしょっ引きますが
レックスを撃ったのが意図的だと証明できないため立件できず
弁護士に言いくるめられてしまいます。
ウォルターは地下室を借りると
起業するのでスタッフを募集。
若い女性に声を掛けます。

マークはウォルターの実家がニキの訓練先の近くだと知り
今は空家の精肉工場付近をレックスと一緒に捜索。
失踪していた少女の白骨死体を見つけます。
レックスが出てくるとコールドケースも即解決。
いろんなドラマで重宝されそうですが…

ウォルターが拷問部屋に女性を連れ込み脅している時
クンツが現場を突き止めます。
それからマークとレックスのバックアップが来て
レックスの背後から近寄り作戦が大成功。
ウォルターは捕まり再び刑務所に戻されるのでした。
Roman Knizka(という名前でした)2回目の悪党御苦労さま!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

>バスに乗って警察に向かいました
このエピソードで一番お気に入りのシーンでした。
流れる車窓と、座席に座って前を見つめるレックスが、希望に満ちているようで美しかったです!

犯人、私たちの知らない事件だけれども、知っている他人(ややこしい・笑)だったのですね。
ホントに刑務所で何があったのでしょうか。
あんな自由すぎるところなので何があっても驚きませんから、こっそり教えて欲しいです。

レックスがさりげなくバスに乗り車窓の景色を楽しんでいる姿
ウィーンのおおらかさに感心しました。
やっぱりいいところなのかもしれない…でもその前にレックス撃たれていたんだっけ(汗)

そしてウィーン刑務所の謎がどんどん深まります。
この際ウィーン版OZのオンエアも歓迎します。
(PBはあまりにも簡単に脱獄できそうなので却下します…笑)
で刑務所にはレックスと同じように訓練を受けた看守犬がいて
人間よりよっぽど役に立っていたりして…
そんなスピンオフでもOKです。