INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order S3-#14 「秘められた思い」

今回の注目ゲストはIPSのマーシャルを演じているFrederick Weller。
IPS(ザ・プロテクターという邦題が馴染めなくて)ではメアリーの良きパートナーで
彼女をうまくサポートしている姿に好感が持てます。
さほどぶつかり合うこともなく意思の疎通が取れているし
そしてパートナーをしっかり気遣っている。
こんなコンビが組めたら理想的かなと思い、結構お気に入り。
Frederickのことはあまり知らなかったのでチェックしてみたら
1966年生まれだそうで十分オヤジ世代だったんですね。
そのわりにIPSでは若々しく見えるけど。
ついでにPeter Wellerといとこ同士なんだそうで、これも知らなかった。

そんなFrederickのデビューともいえるのが今回の容疑者ダニー。
医者のジェニファーを殺害したという証拠は上がってくるのですが
ダニーは精神科医ダイアンの患者で
ダニー自身はジェニファーもダイアンも愛しているという
恋多き男だったのでした。
しかもダイアンを熱愛。
精神科医と患者がそんな関係でいいのか
当然ダイアンは最初は否定していますが
オリベットがダイアンを診断し
同業者同士の辛辣なトークが展開
オリベットはダイアンがダニーを操り、ジェニファーを殺したのではと推察します。
その秘密を握っているのが、ダニーが書いた日記。
日記が見つかると、二人の関係が事細かに記されていました。
事実を突きつけられるとジェニファーも性的関係をもっていたことを白状せざるを得なくなり
あくまでも治療のためとしながらも事実を認めます。
しかしこんな屁理屈な治療があるのかなと呆れていたら
ダイアンは判決が出される前に取引に持ち込んできます。
医師免許はく奪で合意。
ストーンはダニーは精神を病んでいるんだし、ダイアンに操られているんだから
彼に実刑判決は出されないだろうと思っていましたが
判事の考えは異なり、ダニーは刑務所送りとなってしまいます。
確かに殺人を犯したのはダニーだけど、彼に刑務所は耐えられないでしょ。

こんな不安定なモテ男をマーシャルが演じていたわけで
当然今より若い!おぼっちゃまです。
そして感情の起伏の激しさを見事に表現し
これもマーシャルでは観られない姿で衝撃的でした。
特に壊れ具合が強烈だったよね。

やっぱりL&Oは面白い。
ついでにダイアンはSVUではアンドリュース判事として何度か登場しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ダニーもジェニファーも、どこかで見た顔だと思っていましたが、
やっぱり売れっ子だったんですね。

今回のエピはね~、
オリベットも厚くなっていましたが、実は彼女も患者と、、、という過去があったはず。
この当時はまだその設定はなかったのかな。

ダニーとの面談では髪をおろし、ジェニファーとの面談ではきっちりまとめていました。
相手に与える印象を考えてのことでしょうが、
精神科医って、こんな細かいところにも、気を使っているんですね。
ちょっとうなりました。

準レギュラーのオリベット。
L&O初の女性レギュラーが精神分析医だったんだと興味深く受け止めていましたが、まだまだ警察も検察も男性社会だったんでしょうね。
S4でようやくヴァン・ビューレン登場、そして続々女性レギュラー陣の活躍が観られます。
ヘアスタイルの変化、これはSVUのDrファンには無理だった(笑)
ダニーは毎週観てるので、突然若くなって登場でビックリしました。