INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order S4-#3 「不協和音」

19歳の女子大生ジュリアが、ヘビメタミュージシャンのCスクエアにレイプされたと訴える話。

ジュリアがホテルのバーで飲んでいて、声を掛けた男性に突如レイプされたと言い出すのがちょっと変だし
そもそもジュリアの方がCスクエアのホテルの部屋へ行っていたので
当然グルーピーの一人と思われてしまいます。
Cスクエアは人気ミュージシャン。
ギタリストでボーカリストなのか詳細はよくわからなかったけど
Sex Drug and Rock'n Rollの世界に人間なのは確かでしょう。
特に女の子には目がなくて、行く先々にお相手がいるらしい。

Cスクエアを演じているのがSebastian Roche。
各種ドラマで顔を見る曲者同じですが
ロン毛メタル系セクシーキャラがあまりにもハマっていて驚きました。
一曲歌ってほしかった。

ジュリアがレイプを訴えてたのでブリスコーとローガンは捜査を開始
ついに登場、まだ若々しいヴァンビューレンは
本人がレイプというならそうに違いないと親身に受け止めてくれました。
女性だと共感できる部分も大きいし。
ではクレイゲンだったら…
皮肉なことに今はその方面のスペシャリストになってしまいましたが(苦笑)

ジュリアたちが友達と食事しているときにCスクエアが現れ
ジュリアは彼に目をつけられました。
弟がファンなのでジュリアも感激し
Cスクエアがチケットをくれるという話に飛びつきます。
そしてホテルの彼の部屋に行ったらとんでもない展開に…

実はCスクエアは過去にもレイプで訴えられ
その時は金銭のやり取りで訴えを取り下げさせていました。
Cスクエアの弁護士は、その事例を持ってきて
ジュリアが金目当てなのではと突っ込んできます。

法廷で争うには証言が必要。
ジュリアは拒みましたがキンケイドに説得され
証言することにします。
ロビネットの後釜にキンケイド登場。
S4から女性占有率がアップしてきました。
キンケイドは将来のジョーダンですが(笑)
この頃は本当に新米検事補で初々しいです。
そしてジュリアがマスコミ流出を恐れ
父の考えで弁護士と相談していたことをキンケイドがストーンに伝えなかったため
話がややこしくなってしまいます。
キンケイドの非をズバリと指摘するストーン、怖いぞ!
筋が通ってるのでうなずくしかないのですが。

Cスクエアの弁護士が激しくジュリアに攻撃してくる中で
ストーンはCスクエアのヒット曲の歌詞を取り上げて
彼が性犯罪に走ることを証明します。
女好きは隠せない?
Cスクエアは有罪となり、キンケイドの首もつながりました。
ほっと一息。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

前のレイプ事件に比べると、ずいぶん世の中が変わったんだなあと、実感したエピでした。
以前だったら、夜中に男の部屋に行った、という時点でアウトだったでしょう。

ロビネットの時にはまだ同僚感が強かったけど、キンケイドは先生と生徒という感じですね~。
ロビネットやクレイゲンの移動、もしくは辞めた理由が語られていないのが、「L&O 」らしいと言えば言えるんですが、どこかで語ってくれてもよかったかなあ。

いつの間にかメンバーが入れ替わってしまうのがL&Oシリーズの特徴で…でも殉職しない限り復活の可能性大なので(クレイゲンもロビネットも復活してるし)あまり悩まずに見続けることにします。
女性キャスト登場と同時に女性の地位も向上?レイプが正しく認められました。
こうしてSVUにつながっていくんですね。