2 Comments
会を重ねるごとに不思議&恐怖が増してくるREX。
自分がウィーンに旅立つ時は恐怖でいっぱいになりそうですが(苦笑)

グリム童話が残虐なのは有名な話なので
いつかしっかり学んでみたいなとは思っていました。
ドラマに先を越されちゃいましたが。
でもドイツの童話だよね。
このあたりの文化は共通と言う認識でいいのかな。

ヘンゼルとグレーテルの話も忘れてました。
wikiによると
母親に捨てられた兄妹が森で道に迷い、森の奥に住む魔女に騙され捕らえられるが、隙を見て魔女をかまどに突き飛ばして焼き殺し、宝石や真珠などを持って家に帰る。
だそうで、確かにかまどで焼き殺されてました。
でも相手は魔女だけど。

そんなグリム童話のように魔女じゃなくて年配女性が次々に殺される事件が起こり
シリアルキラー登場に緊張感が高まります。
古本屋で働いてる怪しげな青年が気になるし。
古いものはなんでも揃ってるウィーンですから、古本屋の品揃えも立派そうで
グリム童話も初版から各種存在しているようで
(wikiによると初版から第7版まであるんですね)
版によって紐の色が変わったり、細かい変化があるそうです。
ニキがやたらと詳しかったけど。

ところで怪しげな青年がマーク達に追い詰められた時
ベランダから落ちそうな様子に気づいたレックスは先に下に降り
周りに置いてあった段ボールをかき集めてクッションを作ります。
プラーターで見たスタントショーがヒントになりました。
青年は見事に落ち、もちろん怪我しませんでした。
レックス、賢いです。
ついでに節電だってできるし
クンツが歯が痛そうだなと思ったら
冷蔵庫を開けて冷やすためのペットボトルを持って行ってあげました。

ウィーンの病院が危険なのは前にわかりましたが
歯医者も精神科医も危険です。
クンツは話を聞きに行っただけなのに
気がついたら診療代の上で口をあけて治療を受けていました。
そして患者たちを殺していたのは精神科医。
心の治療をする人が病んでしまっては元も子もないでしょう。
まあグリム童話が育った地ですから、本質的に残虐さは備わっているのかもしれないけど。
スポンサーサイト
Garoto
Posted byGaroto

Comments 2

There are no comments yet.
カクテキ  

次々と日常に恐ろしいことが潜んでいると暴かれるウィーン。
Garotoさんの旅行が心配になってきました。
重装備でお出かけください。
そんなキケンな街を守るひとりで守っているなんて、レックスが余計に頼もしくてきゅ~とに思えます。
犯人逮捕に観察力と行動力を発揮するのはもちろん、歯が痛いクンツへの心配り、寝ちゃったマークを見て電気を消したり、細かなことにも気配り満点のレックスを見ていると身悶えしてきます。
どうしましょう(笑)。

2012/07/18 (Wed) 11:13 | EDIT | REPLY |   
Garoto  

レックスを連れての旅なら絶対安心なんですけど、次から次へと不安材料を見せられてドキドキしちゃってます(笑)一体どういう街なんでしょう。
レックスの成長度は今シーズンで大幅アップですね。自ら人命救助に走る姿はもちろんのこと、きめ細かい気配りまで…マークの多少放任主義の成果でしょうか。
アレックスに(アレックスが?)べったり甘えてるレックスもかわいかったんですけど。

2012/07/18 (Wed) 18:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply