INDEX    RSS    ADMIN

あなたが選ぶ「REX」ベストエピソード

いよいよベストエピソードの発表。
そして上位5位がオンエアされました。
結果はこちら

やっぱり1位は「新パートナー」でしたね。納得です。
でも今回のオンエアでは前編だけ。
やっぱり事件が解決しなきゃだめでしょってことで
自分では後編の方を投票したんですけど、結果は6位でした。
これもセットでオンエアしてほしかったな。

REXを観始めたきっかけはドイツ語圏のドラマに興味はあったことと
犬の活躍が観たかったこと。
そのうちGedeonが出ることを知って、それから真面目に視聴(というよりツッコミ?)し始めました。
だからS1.S2はほとんどブログでもつぶやいていませんでした。
なので今回新たな思いでまず、4位、5位の「刑事犬の誕生」を再視聴しました。

いきなりシュテファンツプラッツで爆発事件。
ウィーン随一の繁華街で恐ろしすぎます、
爆発の起きたハースハウスは
歴史的建造物が並ぶ旧市街地に突然現れるモダンな建物なんですが
94年にすでに建っていたんだ…とちょっと驚きました。
(90年に建てられてました)
屋上のカフェに行っておけばよかったとプチ後悔。

ザッハトルテにクリームが付いてくるかどうかは店によって違い
デーメルはクリームなし、ザッハーはクリームつきです。
屋上カフェではクリームなしのオーダー制でした。

そのあとモーザーが財布を盗まれるのはプラーター入口。
そこから少年を旧市街まで追い掛けに行ってるのは走り過ぎだろと思いましたが
警察署もその方向にあったのかな。
説明はないけど署も引っ越ししてますね。
最初はこれまた歴史的建造物の中だったんだ。

モーザーとレックスの出会いに見とれていて
事件の内容はすっかり忘れていましたが
かなりシビアな事件だったんだと再確認。
金持ちおばさんの反抗はかなり大胆でしたが。
後編冒頭でおばさんがザッハーに食事に行き
とてもここでは食事できなかったモーザーは
銀行でお金をおろして?結局ザッハートルテをお持ち帰り。
これはなかなか贅沢なおやつでした。

モーザーは離婚したばかり。
奥さんに家具を取られてしまいました。
警官という職業と結婚生活を両立させることの難しさをモーザーはぼやきますが
シュトッキーは結婚しています。
スピンオフでは奥さん出てましたよ。
ソーセージパンは彼らが食事する暇がないため
仕方なしの非常食だったんだ。

今見返して納得したり感心したりすることが多々あり
モーザーとシュトッキーのコンビもいいなぁとしみじみ観ていましたが
シュトッキーは犬が嫌い。
レックスが来てから、シュトッキーはいじめられキャラに変更。
それはベック、クンツへと引き継がれていたんですね(笑)

レックスがモーザーと一緒になり
警察犬としての真価を発揮するシーンは素晴らしい。
おばさんを追い、待ち伏せし、モーザーの逮捕に協力するレックス。
お見事な活躍ぶりです。
ところでベンツが走っていた道は、ベンチの置き方から
どこか講演の中なのではと思ったけどまあいいや。
久々に再視聴のパイロット
面白かったです。

REXを楽しむためのお薦め本
ウィーン旧市街 とっておきの散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)ウィーン旧市街 とっておきの散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)
(2008/04/12)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


今回の旅行に持って行きましたが
読み物としても面白いし、ガイドブックとしても役立ちました。
豊富な写真はREXで観たことのある景色の数々が満載です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ランキング、正当だなと納得でした。
改めて「刑事犬の誕生」を見て、街の人との親しさも描かれていることにびくり。
モーザーとソーセージスタンドのオヤジやロシアの服地屋さんと友だちのように話していましたよね。
いつから殺人課の仲間でしか行動しなくなってしまったのだろう…と少しさみしくなりました。
だだっ広い部屋、大きなドア、の刑事部屋も懐かしかったです。
建物もいつの間にか変わってましたものね。
また最初から見たい熱を刺激されてしまいました。

初めまして!ブログ村から来ました!!
REX好きでついコメしちゃいました♪
ベストエピソードは当日見れなくて録画したのでまだ2位と1位を見れていないのですが…
S1の1話は初めて見て、確かに事件よりモーザーとレックスばかり見ていました。

ウィーンに行かれたのですね!
記事を読んでソーセージパンがなおさら美味しそうで^^

それでは突然のコメント失礼致しました!
また遊びにきます(・∀・)

>カクテキさん
とても正しいランキングでしたね。
S1のころはあまり突っ込まずに観ていた気がするし…ということはドラマの質が高かったということでしょうか。
街の人、とても優しいですよ。スーツケースを転がして地下鉄を利用した時、工事中でエスカレーターが使えない所があってよっこらしょとスーツケースを持ちあげようとしたら、さりげなく近くにいたお兄さんが持ってくれました。親切だ!
地球の裏に住んでいた時は人を見たら泥棒と思えみたいな感覚で生活していたので、びっくり&感激してしまいました。
(でもモーザーはケチャップ強盗に引っ掛かってたか・・・笑)

モーザーとレックスの関係もよかったな。
またS1から見直したいです。その余裕がないけれど。

hamcoさん、こんにちは。
REXにあまりにもハマりすぎて(突っ込んでばかりでしたが)ついにウィーンまで行ってしまいました。
ソーセージパンを食べられて嬉しかった!
まあ向こうではとてもポピュラーなパンでしたが。

S!を観たのがもうかなり前のことで、ストーリーの流れなど忘れかけていましたが、見覚えのある景色が多数登場し(しかも全然変わってない)2話分また楽しく観ることができました。
まだS8最後まで観終えてないので、ベストエピソードと合わせてもうしばらく楽しみます。
是非またおいでください♪

ベストエピソードのランキングはモーザー強しでしたが、納得できる内容でしたね。
1位のDer Neue (新パートナー)を見直して、転任してきたブラントナーが新人ながらも職位が上なのだということをはっきりさせていることに気が付きました。
証拠物件を引き上げて運河から上がってきたときは、ベックもヘララーもブラントナーが誰なのかわからないので、まず苗字を名乗りましたね。その直後ブラントナーが「アレックスだ」と改めて名乗ったので、ベックが(そいうことならと)それぞれの自分とヘララーのファーストネームを紹介してました。ブラントナーからファーストネームで自己紹介したことで、お互いを苗字で呼び合う関係ではなくすこしカジュアルな関係にしようと暗に示したわけですね。
ブラントナーから言ったことで、ブラントナーが職位が上なのだということが暗に示されていました。
その後グラーフ博士の誕生日のときも、「長い付き合いだから」とファーストネームで呼び合うことになりましたが、この時もさりげなくですが博士が上位なのだということが示されてました。
ドイツ語社会ではかなり当たり前のことのようなのですが、全く面識のない人にもいきなりファーストネームで手紙やメールを書いても失礼にならないカジュアルなアメリカ人社会に慣れていると、厳格さを感じました。
長々とすみません・・・

なるほど…職位についてありがとうございます。
確かにアメリカドラマではみんな普通にファーストネームで呼び合ってるけど、ドイツ語圏でのルールがあるんですね。
韓国ドラマを観ていると(最近全然観てないけど)上下関係がはっきりしてるなと感じましたが、ドラマを通してその国についていろいろ学べることが嬉しいです。おかげさまですっかりウィーンファンになっちゃったし(笑)
ブラントナーの登場シーンを初めて観た時はGedeonのかっこよさにすっかり舞い上がってしまってましたが(苦笑)また落ち着いて細かい部分をチェックしていきたいです。