FC2ブログ

Law&Order S5-#3 「女性の敵」

このエピを観る前にCIのローガンラストエピを観たんですが
理不尽な検事の主張に対し正義を貫こうとしたローガンが
最後は神父さんにもうこの仕事を辞めたらどうかと言われてしまいます。
結局ローガンは一人身で家庭を持たず
本家を去ってCIで復活するまではスタテン島に島流しになってたらしいですが(何があったんだ)
首までどっぷり刑事生活に浸かっていたようです。
お疲れ様でした。
この最後の事件がブリスコーさん絡みで出てきてにんまりしていたんですが
しみじみする間もなく、また若いローガンに逆戻り。
今回はホテルで日本人の宿泊客が銃で撃たれ死亡します。

日本人の名前は林シンロウ(新郎だったら変だよね)
殺される前に100万ドルのトラベラーズチェックを換金してるので
怪しげな奴だ…と思ったらどんどん怪しさ増してきました。
大体そんな大金、ホテルで替えるかな。

最初は従業員による強盗が疑われたけど
怪しい従業員にもアリバイがあり
そのうち林が日本でクラブを経営していて
アメリカに歌手をスカウトしに来たことが判明します。
オーディションを申し込んでいる女性たちの中から
林が殺される前にバーに一緒にいたというマーサが浮かび上がり
彼女が殺害したことが明らかになります。
するとマーサと弁護士は林のマーサへの虐待を主張
無罪を訴えてきます。

珍しく「日本」が全面的にクローズアップされるエピ
真珠湾攻撃から朝日新聞までさまさまな日本ネタが飛び出しました。
94年のエピで今より勘違い度満載でも仕方ないかなと覚悟を決めて観ていましたが
さすがL&O、きちんと下調べして、あまりハチャメチャなことは伝えていなかったように思います。
よっぽどHawaii Five-Oのヒロ・ノシムリという意味不明な名前や(どんな漢字書きゃいいんだ?)
ブレランから進化しない大阪の景色の方が救いがなかったかも。

林さんはやっぱりかなり怪しいその筋の人で(多分)
ブロンドのアメリカの女の子を歌手としてスカウトして
結局東京でホステス役をさせていました。
いかにもありがちな話。
引っ掛かる方も悪いと思うよ。
マーサが売春を強要されて拒否したら林に引っぱたかれ
そんな目に遭ったらその場で訴えていいと思います。
それほど林の脅しが怖かったのか。

辛い目に遭ったことは理解するとして
アメリカに逃げてきたから、もう大丈夫でしょう。
もちろん精神的苦痛は簡単に治せるものではないけれど。
でもここでマーサは再び林がアメリカにスカウトに来たのを知ると
顔も見たくないはずなのに会いに行って
気がついたら殺してるんですよね。
これって十分リベンジでしょ。
そしてお金の行方は謎のままだし。

マッコイさんはあくまでも殺人事件として本件を扱いたかったんですが
弁護側は日本人男性の金髪嗜好や女性蔑視を説き
いかにマーサが苦しんだかを訴えてきました。
マッコイさんはこれが人種差別につながらないようにとアピール。
さらにオフィスでのランチでは寿司を食べ
こんな細かい配慮がありがたい!
でも結局マーサは無罪になってしまいました。
リベンジOKってことか…
相手が日本人だからってことに対しての感情はどこまで左右されていたのでしょうか。

日本人の立場からこのエピを診てわが身を振り返る必要もあるのかなと思ったけど
実際に日の目を見たのが18年たってから…ではちょっと遅すぎたかな。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
kakashi110  

あのマーサって、若い時のローラ・リニーですよね?結構好きな女優さんです。

この番組を見てると、やっぱり陪審制は怖いな、自分が犯罪者なら、三審とも裁判官にさばいてもらいたいと思うことが多いです。

裁判後の私刑を恐れたり、裁判に勝っても社会的に抹殺されたり、証人に身の危険が迫ることを考えて、検事が取引に持ち込もうとすることが結構多いですよね。そこらへんが日本とちょっと違うのかなと。

2012/08/14 (Tue) 17:46 | 編集 | 返信 |   
くーみん  

この当時は日本ではバブル真っ只中、アメリカのどこそこを買ったなんて、
ニュースになっていたころじゃないでしょうか。
土地や建物だけじゃなく、女性もお金でものを言わせていた、
そんな日本人への悪感情がベースにあったんでしょうね。
(いまならさしずめ、中国かな)

>シンロウ
って、>和郎
なんてのもありますから・笑

いずれにしても、今週末が楽しみです、
最終回と合同捜査、二本立てですもんね♪

私もね~、「ファイブオー」の
>ノシムリ
って気になっているんですよ、
>ニシモリ
とかの聞き間違いじゃ・・・・・・。

2012/08/15 (Wed) 00:51 | 編集 | 返信 |   
ぶるじん  

Japan as NO.1とか言ってロックフェラーセンター買ってた時代ですよね。アメリカからはこういう風に見えてたんだ(苦笑)日本文化の専門家が「日本文化は男尊女卑」といった証言してたあたり、よく下調べしてました (--;;

でもマーサが本当にトラウマになるほど虐待されてたか怪しいですよね。証言も本の丸暗記だったし。日本で働いているときにお給料をきちんと払ってもらえなかったうえ、感染症で後遺症が残ったというのは事実なんでしょうが、そこをクローズアップすると同情を買うことはできてもやはりリベンジで有罪になってしまうから、弁護方針として虐待を持ち出したんでしょうね。

2012/08/16 (Thu) 10:17 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

>kakashi110さん
陪審員制も難しいなと思います。
取引の方がいいかなと感じる時もあるし…
L&Oはいろんなケースを用意してくれて、それでよかったときもあればどんよりと終わる場合もあり、どうなるかわからない部分が面白くて夢中で観ています。
そこにパワフルマッコイさんが追加されたし。

>くーみんさん
最近ここまで日本が話題になるドラマってないですよね。
ある意味貴重かも。
ノシムリ、すごく気になるでしょ。
名字でも名前でもあり得ないかなって、一体誰がそんな名前を思いついたのか由来を教えてもらいたいです。
そして幸い?Five-OとNCIS LAは両方頑張って観ているので
合同捜査が楽しみです。

>ぶるじんさん
当時の日本のバブリーな時代がうまく反映されていたエピソード。
それを今ようやく観るとなんだか恥ずかしくなってきますが
あの時代に観る機会があったら、また違った感想を持てていたのかもしれません。
林が相当怪しげな奴であることは十分伝わってきましたが
マーサの証言を裏付けるものが何もないので、やはり納得できない結末でした。
せっかくマッコイさんが頑張ってくれたのに。

2012/08/16 (Thu) 20:02 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ