FC2ブログ

Law&Order SVU S11-#11 「Quickie」

深夜公園から女性の悲鳴が聞こえてくるが、近くのアパートの住民は誰もが聞かなかったふりをしていた。翌朝発見されたのは17歳のアナ・マクウィリアムス。首を絞められた後石で頭部を殴られ、長時間出血が続いて死亡したと考えられた。アナの父は、7か月前母親がガンで亡くなってから娘は自暴自棄だった。BFのヘンリー・クリステンセンと別れた後は、次々に違う男性を相手にしていたと話す。
ベンソンとステーブラーはヘンリーに話を聞くため高校に行く。ヘンリーは6年間アナと付き合っていて別れたが、昨日は自分の誕生日だったので着飾って一緒にクラブへ行った。アナがブログに載せるためにカメラマンを雇ってスターのような写真を撮ってもらった後、二人はリムジンへ乗ったけど、アナはAQの男にメールして車から降りたと説明する。アナが出会い系サイトAQでコンタクトを取っていたのはビッグヒッターという男で、ベンソンはAQでビッグヒッターを誘い出し逮捕する。
本名ピーター・バトラーは、アナとセックスした後別れたことを認めた。ピーターはAQで知り合った100人前後の女性たちと関係を持っており、他の出会い系アプリも登録していた。その中でFUで友達に登録していたレベッカ・エリソンが、2年前公園でレイプされた被害者であることがわかり、事件との関連がないかベンソンらはレベッカに話を聞きに行く。レベッカはピーターとは何年も前にパーティーで会って友達の登録をしたが一夜の遊びに近かった。セックスは乱暴だったと思い出す。
アナの首に残された指紋がヘンリーの指紋と一致していたため、ヘンリーの事情聴取をすると、ヘンリーはアナを愛していたのに「二度と顔を見せないで。」と言われ裏切られたため殺したと自供する。
アナから採取した精液が、HIV陽性であることが判明する。相手はピーターだ。ピーターは陽性であることを知っていて薬を服用していたが、コンドームは使用していなかった。ベンソンとステーブラーはピーターを殺人未遂で逮捕するが、被害者の届けがなければ、HIVを広めた罪では起訴できない。ベンソンとアレックスはワーナーの協力を得て、ピーターのウィルスと女性たちのHIVウィルスを比較、レベッカに再度話を聞きに行く。
レベッカは体調が悪くなる一方だったが、薬を買う金がなかった。レイプされた後の検査で、HIv感染から2~3年経っていると知らされていた。アレックスはレベッカに血液サンプルを提出して欲しいと頼む。
レベッカにHIVを移したのはピーターだった。ピーターは売春婦からHIVを移され、女性へのリベンジを繰り返しているとベンソンは考えピーターに圧力をかけるが反発される。
法廷でワーナーはレベッカがピーターのHIVに感染したことを証言する。他にも11人の女性がピーターから感染し、特にレベッカはピーターのHIVが新薬への耐性をがあって、最新の投薬治療で効果が期待できないと付け加える。ピーターを育てていた祖父のバトラーは自分の信じていた世界が崩れ去った気分と沈み込む。
裁判の様子がマスコミにリークされ、FUがハッキングされて、ピーターのページに関係者に検査を勧める投稿があった。被害者がピーターを狙うことも考えられる。
法廷で判事はワーナーの証言を証拠として採用した。するとレベッカが法廷に入ってきて、「これで外見も悪魔だ。」と言ってピーターに液体をかける。液体は塩酸で、ピーターは顔と手にやけどを負い、片目は失明する。ピーターの弁護士は、起訴を取り下げないと地方検事事務所を訴えると言ってくる。アレックスはレベッカを第一級暴行罪で起訴する。
レベッカの弁護士は彼女が精神状態の悪化で異常な行動を起こしたと反論、アレックスはレベッカに半年の服役と保護観察で取引きを持ちかける。しかしレベッカは彼のしたことを世間に知らせたいと取引を拒否する。
法廷でレベッカはピーターにHIVを移され復讐したと証言するが、アレックスは無防備なセックスでHIVに感染することを認識していたのかと指摘、街で見られるHIV感染を警告する広告を見せ、感染はピーターだけの責任ではなく、コンドームを使わないことを自ら選んだレベッカにも責任があると主張する。すると閉廷後、バトラーがレベッカは悪くないのになぜ責めるのか、孫にしたことを話すから自分に証言させてくれと頼んでくる。だがバトラーが証言することは無理だ。
ベンソンとステーブラーがバトラーに会いに行く。マスコミとFUにピーターのことを明かしたのはバトラーだった。バトラーはすべて自分のせい、育て方が悪かったと嘆きピーターの過去を明かす。そして睡眠薬を飲んでいたバトラーはピーターに「いい人間になりなさい。」といって倒れてしまう。
ピーターは有罪を認め、祖父の遺産はピーターの被害者の治療費に使われることになった。レベッカは釈放されるが、まだレイプ犯は捕まっていなかった。

高校生のアナを殺害したのは、元恋人のヘンリーでした。ヘンリーはアナを愛していたのに、アナはヘンリーを子供扱いし、本物の男がいいと出会い系サイトで見つけた男性と次々に関係を持ちます。アナが使っていたAQはアノニマス・クイッキーというSNSサイトで、会員はGPSを使って相手の居場所を確認し、手近なところにいる相手とセックスできる仕組みです。アナが最後に連絡した相手がピーターだったので、ベンソンはAQ上でピーターとコンタクトを取って出てきた彼を逮捕します。
ピーターはアナの殺害には絡んでいませんでしたが、検視で精液がHIV陽性と確認されたため、多くの女性とセックスしているピーターの危険性が無視できなくなります。株式の仲買人のピーターは、デートする時間がなくて出会い系サイトを利用していると説明しますが、HIV陽性であることを承知でコンドームを使わずに女性たちと関係を持つのは、女性を恨んでいるから。その原因は母親にあるのではとベンソンは問い詰めますがピーターは答えず、「俺の一部が女性たちの中で生き続ける。全員が死ぬまで。」と言い切ります。
ピーターとFUで友達登録をしていたレベッカが、ピーターとセックスしていたことを認め、彼女をレイプしたのはピーターではなかったと確認されますが、HIVを移したのはピーターだと思われました。レベッカはアレックスの説得に応じて血液サンプルを提出、法廷でワーナーはレベッカはピーターとのセックスでHIVに感染したことを指摘します。傍聴していたピーターの祖父バトラーはショックを隠せません。
裁判の後内容がマスコミにリークされ、ネット上でもピーターは女性たちからの攻撃を受けます。さらにワーナーの証言が証拠として認められた後、レベッカがピーターの顔に塩酸をかけ、レベッカは第一級暴行罪で起訴されます。アレックスの持ちかけた取引にレベッカは応じなかったため、アレックスはレベッカを法廷で激しく攻撃します。レベッカの罪が許されれば、他の被害者もピーターに復讐する可能性があるからです。その様子に耐えられなくなったバトラーはアレックスに証言を願い出ますが、拒否されてしまいます。
バトラーが孫にしたことは何だったのか。ベンソンとステーブラーがバトラーを訪ねると、彼はマスコミやFUに連絡したことを認め、自分が孫に嘘をついていたことを話し始めます。ピーターの母親は若くしてピーターを生みますが、父親は誰だか分りませんでした。ピーターが3歳のとき、付き合っていた男がピーターを虐待したため、母は男を撃ち殺し投獄されます。そして母は獄中で死亡します。母はピーターを守るために刑務所に入ったのに、祖父は母はピーターを捨てたと伝えていたため、ピーターは母への怒りを増幅させていたのでした。睡眠薬を飲んで自殺を図ったバトラーは、「お前を変えるにはああするしかなかった。いい人になりなさい。私の死を無駄にしないでくれ。」と言い残して息を引き取ります。真実を知ったピーターは罪を認めて改心し、レベッカは釈放されますが、レベッカをレイプした犯人は野放しのまま。まだ事件は解決していませんでした。

女性を殺害した犯人は元恋人でしたが
最後にセックスした相手がHIV陽性だったため
話がややこしくなってしまいました。
いかにもSVUな展開。
これだけセーフセックスが唱えられているのに
ピーターはウィルスを撒き散らしているし
レベッカも危険性を感じてないし。
FUはFBのパクリだとすぐわかりますが
AQみたいなSNSサイトってたくさんあるんですかね。
使う人は自己責任で。
でも犯罪に巻き込まれたらおしまいです。

ピーター祖父が母親について本当のことを伝えていたら
ピーターは女性たちに復讐する気持ちはなかったのかな。
ときには嘘も方便だけど、早く真実を知っておくべきでしたね。
でも祖父はピーターがビッグヒッターだなんて知らなかったんだし。
ここでまたネット社会の恐ろしさを実感。
おじいちゃんが不憫でした。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ