FC2ブログ

Law&Order S5-#14 「レイプ殺人ビデオの真実」

今ならSVUが扱う事件。
SVUが存在しない当時はレイプ被害者に対しての風当たりが強いし
いちいちムッとしながら観てしまいました。
ベンソンやステーブラーのありがたみを痛感。

バチュラーパーティーでストリッパーを呼ぶ代わりに
ポルノビデオをレンタルしてきて観始めたら
その内容があまりにもリアル
女性は半端じゃなく嫌がっていてレイプに思われるし
しかも男性が銃を持ち出し、銃声が聞こえて映像は終了します。
もしや殺人事件とビデオが27分署に持ち込まれたため
ローガンとブリスコーは殺人事件として捜査を始めます。

でもビデオの販売元は提供された映像を買い取っておしまい。
持ってきた人物は不明です。
では映像から明らかにならないかと必死に分析。
女性のタトゥーのデザインから彼女の身元がわかり
彼女の家を訪ねると
何故か死んだはずの女性コーリーは生きていました。
高校生のコーリーはヴァン・ビューレンに説得されても
なかなか何があったかを言おうとしません。
そのうちレイプされたと訴え始めますが
相手について話さないのでさらに映像を分析。
ビデオが上書きされていたことがわかり
元の映像からコーリーの相手は同じ高校生のシェーンだと判明します。
シェーンがコーリーを襲っている間カイルがビデオを回し
撮ったビデオを売りに行ったということですが…

法廷でコーリーはとても辛い思いをしながらも
被害の様子を証言します。
シェーン達の仲間でクラブを作って
誰が一番多くの女の子をものにするか
ポイントを競っていました。
しかも激しいプレイはボーナスポイント。
その事実を伝え、証拠の映像も流され
陪審員にコーリーがいかに辱められたかを強くアピール。
シェーンは同意の上だったと言い張るし
弁護士はどうして警察に訴えなかったのかなんて問いただしますが
誰にも被害を言えない実態があるから
ベンソンたちが代弁してるんだよね…

当然シェーンのレイプの罪が認められますが
すると弁護士は修正第1条だかなんだかの法律を持ちだして
グループを組むことの自由を視聴してきます。
そこでのポイントうんぬんは証拠にはならないんだそうで。
裁判はやり直し。
コーリーはうんざりしてしまいました。
そりゃそうでしょ。
証言台に座って思いだしたくもないことを何度も語らせられるのは残酷です。
するとマッコイさんがクラブの仲間をまとめて逮捕する案を持ってきました。
こうしておいて真実を言ってきた人間を救済すれば
真実が明らかになってきます。
案の定仲間からシェーンのレイプの状況が明らかにされ
仕方なくシェーンはレイプの罪を認めざるを得なくなりました。
一件落着。

しかしレイプ被害で立件するのは難しいですね。
SVUで痛切に感じてきたことですが
まずレイプされた辛い思いを第三者に口にするのがはばかれるし
しかもまた法廷で証言なんて
もう思い出したくないことを詳細に語らされるのは苦痛でしょう。
なのに弁護側は同意の上だろうとか
平然と失礼なことを言ってくるし。
SVUを見続けてきて、法廷でのやりとりも変わってきたなと感じていますが
SVU以前は本当に被害者にとって厳しい状況だったことがよくわかりました。

シェーンを演じていたのはNurse Jackieのクーパー役のPeter Facinelli、
これがデビュー作になるようですが
なかなかのハマり役で、そのまま成長してクーパーになっちゃった感じでした。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
くーみん  

いま日本でも同じような事件が起きているので、
あまりのタイミングの良さにちょっとびっくり。

アメリカの中学高校では、「スクールカースト」が歴然とあって、その中に入ろうとして
必死になるという話はよく出てきますけど。
どこまで本当なんでしょうか。

イライラしながら見てしまいましたが、何とか有罪に持ち込めてほっとしました。
誰が口を割るか、駆け引きですね~・・・・。

2012/08/30 (Thu) 17:14 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

恐ろしいけれど現実にある事件。
女の子をものにしてポイントを競うグループの話は実際に遭った事件を基にしているそうです。
「スクールカースト」ありそうですね。そして枠に入れず落ちこぼれていじめられている子たちを救済しているのがGleeなのかな。

ラストのマッコイさんの駆け引きはお見事でした。本当にほっとしました。
こういった事件がSVUにつながっていくんですね。

2012/08/30 (Thu) 20:34 | 編集 | 返信 |   
俄フェレリスタ  

こんばんは。
殺されたはずのビデオの女の子が生きていて、良かった…。ですが、レイプされたのは、辛い話です。
オリベット先生がレイプされた時、刑事も警部補も男性でした。今回もこれだったら、高校生のコーリーには言い辛かった! ヴァン=ビューレン警部補になら、まだ話しやすそうなものですがね。
警察が懸命に犯人を探すのは、コーリーは頭ではわかってても、心の傷の深さ、犯人は同じ学校の生徒なので、流石に言いづらくて嘘を言ったのかな。転居した後、彼女の心の傷が徐々に癒えると良いですね。

「OZでどんな目に会うか早く知っとったら、女の子をものにするゲームを考えなかったのでは。」
シェーンと仲間達を見ていて、苛立ちました。未成年だし、少年院に行くとは思いますが、OZみたいな事が起きるだろう、と無念です。けったいなゲームなんかせず、女子生徒の1人に恋し、その子に優しく接すれば、少年院で悲惨な目に会わず、長じては自分の遺伝子を残せただろうに。

それにしても、シェーンと仲間達の父親が、私の父親みたいな性格なら、裁判であのビデオを見たら、何かの罪に問われる事覚悟で、即子供を殴り倒して蹴りつけ、被害者と親に頭をひたすら下げるでしょう。そして、
「お前なんか、息子でも何でもない。家を出てけ。親子の縁を切る!! 」
と、怒鳴るでしょう。で、父親が母親に
「お前の育て方が悪かったから、息子があんなアホな事をしたんや。」
と、その場で責めるでしょう。子供には、これが一番効きますよ。

2012/08/30 (Thu) 23:57 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

まさにその通り!ですね。
シェーン達は少年院で痛い目に遭って改心する必要がありそうですね。OZへ送られたらあっという間に餌食にされるのは間違いなしだし。
レイプももちろん決して許されない犯罪ですが、それをビデオに録画し、本人の許可もなく売りに出し一般人に見せてしまった…これもとんでもない人権侵害だと思います。今回は争点がレイプに限られていたけど、こっちは何の罪になるのかな。これもきっちり有罪にしてもらってさっさとOZ送り!がいいのかもしれません。
そして息子がとんでもないことをしたのにかばってしまう父親。弁護士はかばうのが仕事なんだから仕方ないとして、やはり父親には喝を入れてもらいたいものです。

2012/08/31 (Fri) 20:46 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ