INDEX    RSS    ADMIN

Detroit 1-8-7 #9 「自動車業界の老人/小さな犠牲者」

また忙しくなってきてあまりドラマをゆっくり観る時間が取れず
さらっと見ただけの感想です。
そして手つかずのドラマがどんどん溜まっていくんだよね(泣)

今回の事件、いつものように二つのタイトルが付いているけど
画面上には現れなかったのでどうしてなのかなと思ってました。
ヒントは最初に掘りだされた銃にあったんですね。

デトロイトのことはよく知らないですが
(Detroit Rock Cityだと思い込んでるけど)
自動車工業で発展
その恩恵に与った大金持ちと
マイノリティの貧困層の人達が共存しているのでしょうか。
歴史地区といわれる古くからの高級住宅地の眺めはたしかに素晴らしいなと思いましたが
まずそこで業界に貢献、リタイアした老人が銃で殺害されます。
一方貧困層の住む地区で友達の家に遊びに行っていた11歳の男の子が
窓から飛んできた流れ弾に当たって死亡します。
全く関連性のない事件だと思ったら
なんと使用された銃が一緒でした。

もともとは金持ち宅にあった銃。
リタイアしたダンナは悠々自適に過ごしていますが
奥さんのことをまるで従業員扱いするために
奥さんが腹を立ててしまいました。
でダンナを撃ち殺し、外に捨てた銃が拾われます。
そして次の事件現場へ持ち込まれ
まさに流れ弾を男の子は食らってしまったのでした。

ワシントンは子供ができて手から奥さんと初デートだとそわそわしています。
フィッチにお薦めの店を聞くけど、フィッチは教えてくれません。
一方フィッチがホームレスのオヤジに情報を聞く時
息子のことを尋ねられて財布から写真を出して見せていたので
ワシントンはビックリしてしまいます。
自分には何も話してくれないのに…
ワシントンが問いただすと、やっとフィッチは写真を見せてくれました。
ずいぶん前の写真らしいけど。

事件解決後、ワシントンは奥さんが子供をベビーシッターに預けてきたことを
すごく心配し始めます。
まさか流れ弾が?
そしてフィッチはNYに電話。
息子の声が聞きたくなったようだけど、それは叶いませんでした。
フィッチもお父ちゃんなんだな。
だんだん彼の人間らしさが見えてきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント