FC2ブログ

里見八犬伝(後編)

里見八犬伝後半は、大角があまりにも子供なのでイメージがどっと崩れました(泣)
あれじゃ親兵衛と大差ないじゃん!
そして予想通り後半は一気にぶっ飛ばし、いつの間にか世界平和を願うドラマに変わってました。
まあ仕方ないか。
小文吾が毛野に「結婚してくれ!」と迫ったのと、
浜路の安否を気遣う信乃を思いやる荘助の優しさがツボでしたかね!
あと信乃以外は騎乗したまま戦えない事がわかりました(笑)
おしまい。

戌年に「里見八犬伝」という作品を知ってもらうのには
いいきっかけになったのではと思います。
でも今度は正しい八犬伝を観たいかも。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
こち(東風)  
コメントありがとうございます。

おおっ!「新・八犬伝」&馬琴オリジナルのファン。同世代にも周囲にも知っている人がいないので心強いです!。
辻村ジュサブローのくっきりとした個性的な人形造形の美しさ、なかでも“玉梓が怨霊”のおどろおどろしく醸し出す妖艶さが印象的でしたね。坂本九の名調子をもう聞けないのが哀しい(泣)。
今回は角川映画より原作に近かったらしいですね、ほっ(あれはものすごいアレンジだったので、少しくらいは目をつぶれる感じ)。
閑話休題、毛野様が女性なのは制作的に仕方ないのでしょう。戦隊シリーズの一つという見方をしているかもしれないし(うーん)。男性だとどなたをキャスティングしたいですか?。実際の歌舞伎役者(女形)の方とか?。武芸百般ですからほんとにできる人の方がいいんでしょうけどね。
わたしも少しでも多くの人に本来の姿を知ってもらえるきっかけになればと思います。では懐かしの村雨丸のフレーズを。“抜けば玉散る氷の刃”。
なんかいきなりディープな内容でした。
これからもよろしくです。こちでした。

2006/01/10 (Tue) 17:27 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
人形が美しいんです!

こちさん、コメントありがとうございました。
人形劇ファンの方が多数いらしてくれて、本当に嬉しいです。
あの人形が美しかったんですよね!
「仁義礼智忠信孝悌」の八つの玉も
テーマソングの歌詞に出てきたから
しっかり覚えてたのかなって思います。

毛野様を演じられる男性は日本にいるのだろうか?
とこれは私もよくわかりません。
でも正体が明かされてからは男性として戦うんだから
それほど女々しくなくてもいいかなって気はしています。
容姿端麗、女装が似合う方ならば・・・

村雨丸のフレーズ、懐かしいです!
今回のドラマでも派手に水が滴っていて、それは感激しました(笑)

2006/01/10 (Tue) 19:41 | 編集 | 返信 |   
こち(東風)  
お礼とお知らせ

TBありがとうございました。
人形も玉も美しかったし、歌も
めぐるめぐる、と、夕焼けの空、メリハリがありました。

楽しいコンテンツですね。少しあちこち見せてもらいました。
他の人から要望があったので「新・八犬伝」のDVDと「里見八犬伝」の本をサイドバーにつけました。
13日に名探偵コナンSPを掲載しています(こっそりCM、笑)。
これからもよろしくです。こちでした。

2006/01/14 (Sat) 18:50 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
DVDにそそられます!

こちさん、サイドバー拝見しました。
「新・八犬伝」DVD、ジャケットを見ているだけで幸せ気分になれます。
あの人形たちに憧れていたんだな。
そういえば当時小説版も出ていて
全3巻だったかな?
挿絵はもちろん人形たちの写真満載だったんだと思うんだけど
大切に呼んでいましたが、さすがに今は手元にありません。
復刻して欲しいかも。

2006/01/15 (Sun) 10:53 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 2件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  日記・里見八犬伝(新春TVドラマ)
  • 多分、戌年ということで企画された、原作:曲亭馬琴の有名な娯楽作品のドラマ化ですが、2日・3日という日取りもあって、見られないと思います(親戚回り中のため、笑)。見られ
  • 2006.01.06 (Fri) 19:34 | ほんにきく
この記事へのトラックバック
  •  里見八犬伝
  • VIVA!菅野美穂!正月に録っておいた「里見八犬伝」を今頃観た。たぶん83年の深作欣二監督作以来の映像化。深作版が思いっきり脚色されてるのに対して、馬琴の原作にはこっちの方が
  • 2006.01.09 (Mon) 00:46 | ノラネコの呑んで観るシネマ