INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S11-#17 「Disable」

障害者の送迎を行っているパラバスがキャラ・ラーリーを自宅に迎えに行くと、キャラは部屋の中で倒れていた。41歳のキャラは元世界的なオペラ歌手だったが、多発性硬化症を患い四肢がマヒし、今は話すこともできない。キャラは胸や腕、腹部に多数の打撲傷があったが、一度に傷つけられたのではなかった。さらにレイプされた可能性があった。
キャラの介護は介護士に頼むか、妹のジャニスと彼女の息子のダミエンが行っていた。事件が起きたときダミエンは図書館に行っており、ジャニスも外出中だった。キャラはまばたきでYesかNoかを伝えることができ、レイプされたことを認めた。また自宅には血の付いた男性用のシャツがあった。
現在は昼間の介護士は休暇中でダミエンが面倒を見ていたが、今まで担当していた3人の介護士は、小切手を盗んだ疑いがかけられクビになっていた。そのうちマーク・ハバードは横領や詐欺で前科があたので、ハバードの自宅を捜査し彼を薬物所持で逮捕する。するとハバードはジャニスがキャラを虐待していたことを知っていて、証拠の映像を録画していた。映像ではジャニスが石鹸を入れたタオルでキャラを殴っていた。SVUは暴力と性的虐待でジャニスを起訴する。
ジャニスの弁護はパトリスが担当し、検事局からはアレックスの代わりにブレインが来る。フィンがジャニスを尋問すると、ジャニスは事件のあった晩は友達に会っていたと告白、既婚者と浮気していたことが確認される。Drファンがダミエンがキャラを気にかけていることを指摘し、母親より伯母を愛しているのではと詰め寄ると、ジャニスは興奮してDrファンに襲いかかろうとする。
血の付いたシャツはダミエンのもので、何匹かの犬の血液が付着していた。ダミエンは図書館に行っていたのではなく、賭博の借金の返済のため、闘犬場の掃除をしていた。その仕事を紹介したのはパラバスの運転手のトニーだった。ジャニスはキャラの貯金を6万ドルも使い込んでいて、その後始末もダミエンに任されていた。ダミエンは仕事中、家のカギをトニーの車に預けていた。
キャラをレイプしたのはトニーだと思われたが、ダミエンが証言すると彼に危険が及ぶ。その頃釈放されたジャニスはキャラを施設に入れると言って連れていく。
トミーは銀行口座がマイナスで妻も家を出ていた。トニーにはセクハラで交通局をクビになっていた。パラバスもトニーをクビにし、代わりにイラクで負傷したジェイクを雇っていた。パラバスが障害者を雇った怒りの矛先を、キャラに向けていたのかもしれない。トミーを起訴するにも、物的証拠がなかった。ベンソンはキャラがPCのキーを動かせることを確かめ、証言させようとする。
介護施設のバスの中で、ダミエンがトミーを安全バーに叩きつけていた。ダミエンはトニーへ報復しようとしていたところをフィンが説得する。その後キャラのオムツの内側からトニーの指紋が検出され、レイプの証拠が得られる。トニーを尋問すると、何カ月も前からキャラと関係を持っていたが、キャラはそれを恥じている。キャラが気の毒だったとレイプを否定する。
トニーのレイプを実証するために、他の障害者が同じ被害を受けていないかを調べる必要がある。パラバスを利用しなくなった女性を探しているうちに、2名がトニーからレイプされたことを認める。
ベンソンはさらにキャラに証言するように説得、そして施設を出たキャラはジャニスへの告訴を取り下げる。取引の結果ジャニスは罪を認め、5年間の保護観察とカウンセリング、そしてキャラへのせ金禁止が命ぜられる。ジャニスはキャラに恨みをぶつけるが、キャラの代理権はダミエンに引き継がれた。法廷でキャラはトニーがレイプ犯だと証言する。

女性の障害者の半分は虐待を受けている、障害者がレイプされた事件で無罪判決が言い渡されたのは動く手で反撃しなかったからだという事実は、障害をもつ者を生きにくくさせています。介護に疲れたジャニスはキャラに当たり散らしていましたが、キャラにも生きる権利はあるのです。ベンソンはトニーがレイプした事実を認めさせるため、なんとかキャラに証言を求めようと苦心します。そしてキャラが歌っていたときのレッスンの様子の映像を見つけ、その熱意を再び求めたのでした。
フィンがダミエンに肩入りする理由として、自分の過去を語ります。アカデミー時代にフィンは祖父を介護施設に入れますが、虐待を受け結局死亡します。フィンは介護士を殴りつけクビになりかかるところでした。フィンにはダミエンの思いがよくわかりました。
アレックスが国際刑事裁判所へ異動した後、代わりに来たブレインはSVUには珍しい男性検事補ですが、Raising the Barに弁護士のウーズリー役で出演しており、そのままSVUに顔を出しに来た印象を受けました。ジャニス役のJill Scottはジャズ、R&Bシンガーで、3枚のアルバムがグラミー賞にノミネートされています。GleeのS1-#7でメルセデスがJillの「Hate on Me」をカバーしていました。

ウーズリーなブレイン。いつもの熱血弁護士の姿が消えて
控えめな冷酷検事補で、多少キャラの違いがありました。
でもこの一回で終わりなんですよね。次は誰が来るんでしょう。
ジャニス役のJill Scottって知らなかったんですが(汗)
メルセデスの歌ったHate on Meは大好きな曲で繋がりました。
Gleeの映像をチェックしたらマイクが派手に踊っていて
このころからマイクの存在感がアピールされ始めていたんですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント