INDEX    RSS    ADMIN

The Forgotten


フォーガットン [DVD]フォーガットン [DVD]
(2005/11/02)
ジュリアン・ムーア、ゲイリー・シニーズ 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

ブルックリンに住むテリーは息子サムを14か月前に飛行機事故で亡くしていましたが
毎日サムのことが忘れられず、サムの思い出に執着していました。
サムは精神科医マンスの診断を受けていますが
ある日突然家からサムの存在が消えてしまいます。
夫のジムに聞くと初めから息子なんていないという返事が返ってくるし
同じ事故で娘を失った元ホッケー選手のアッシュに聞いても
娘なんていないと否定されます。
ところがテリーがアッシュの家の壁紙をはがしたら
中から娘が描いた絵が出てきました。
アッシュは娘がいたことを思い出します。
そして二人は子供たちを探しますが、安全保障省の捜査官に追われます。
その様子を時折見ている男がいました。

この映画はビーチャーがスクリーンに登場するのに期待して
劇場公開時に観に行ったんですが
保障省のビーチャーはあっさりテリーとアッシュにつかまり
まるでOZS6のビーチャーの再現かのように椅子に繋がれてしまいます。
そしてビーチャーがテリーに秘密を離そうとした途端

どっかん!!

椅子がぶっ飛び小屋が壊れてしまいました。
その迫力はすさまじかったんだけど
お目あてが一瞬にして飛び去ってしまったのはがっかりでした。
そして向こうにいる無表情エイリアンはもしかしたらゲイの司祭さん??
とこの作品がLinusとの出会いの2本目でした。
大失敗だよね。
話は意味不明だし、エイリアンなカッターさんもぶっ飛んじゃうし
気が付いたら今までの1時間半はなかったことになってるし。
金と時間を返せ!と叫びたくなるくらい怒った覚えがあります。
だからもう一度観る気がなかったんですが
中古版ソフトを格安価格で入手したので再挑戦してみました。

テリーはあっちへ置いといて(失礼)
他のオヤジキャストたちが超豪華。
オヤジを拝む価値は十分あります。
アッシュはThe Wireのジミーだし
テリー夫のジムはERのグリーン先生だし
精神科医はCSI:NYのマックだし
ビーチャーと一緒にテリーたちを追っていたのはMentalistのチョウだし
いつもとはちょっと違うオヤジたちをエンジョイさせてもらいました。

そしてエイリアンなカッターさん。
特典映像の解説によると
Linusの非人間的なところがキャスティングに生かされたようで
目に青と緑のコンタクトレンズを入れていたんだそうです。
エイリアンですからカッターさんは車がぶつかってきても大丈夫だし
撃たれてももちろん死にません。
そしてテリーに親子の絆を確認する実験を行っていたのでした。
カッターさんはそれだけ告げるとぶっ飛んでいき
テリーは何事もなかったようにサムと再会しますが
DVDにはもう一つ別のエンディングが収録されていました。
カッターさんが実験について告げた後
テリーは部屋の中のサムを見つけ近づこうとしますが
電気ショックにあって動けません。
するとカッターさんがまるでいつもの法廷のように
矢継ぎ早に質問を浴びせてきます。
でもテリーはサムに近づこうと必死。
カッターさんは親子の絆を確認するとぶっ飛ばずに
実験の終了を告げます。
そして次の公園でのテリーとサムとの再会シーンで
遠くから二人の様子を見ていました。
カッターさんファンには、この別バージョンの方が
カッターさんの見せ場が多くてお薦めだと思います。
ヘタレ度という点では劇場版の勝ちかもしれませんが(笑)

forgotten2.jpg

forgotten1.jpg

エイリアンなカッターさん。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

だいぶ前にWOWOWで見ました。
見慣れた顔がたくさん、逆バンジーみたいなお仕置き、とたいへん楽しませていただきました。
ライナス・ローチの宇宙人役もぴったりでした。
DVDには違ったエンディングがあるのですね。
元エンディングの方がわけわからんパワー押しまくりでマッチしているようにも思いますが、もう一つの、実験にこだわった宇宙人のピリオドの打ち方が潔いような気もします。

話は変わりますが、L&O S18に入ったのに第1話が録画できていなくて、この時に何があったのかたいへん気になります。
キャサディがいなくなった理由、弁護士だったのに名前も変わって刑事になっているルーポ、カッターのキャラクター&バット、不思議なことだらけです(笑)。

Forgottenをわざわざ封切り時に映画館まで観に行って、ひたすら首をかしげていた覚えがあるんですが、ぶっ飛びシーンは大画面だと実に迫力があって、ビーチャーがぶっ飛んだときは本当にぶったまげました。その直後にあんまりだ…と嘆いたけど。
宇宙人カッターさんは冷酷検察官カッターさんに通じる部分があるかもしれません(苦笑)カッターさんファンにとっては、もうひとつのエンディングの方がありがたみが大きいと思います。

不思議なL&OS18のスタート、私も??だらけでした。ルーポはS17ファイナルは弁護士だったよね。てっきり現場で法の世界と関わりたいと考え刑事に転職したんだと思っていたら別人だったので相当驚きました。カッターさんどこから来たんだ?なぜバット持っているんだ?最後までわけがわからず。大学を卒業しなかったことがわかっただけでもよかったのかな(爆)

横から失礼します、
これ、ライナスが出ているからと興味があるんですが、
お話はお勧めじゃないんですか~~~~。

旧作100円の時にあったら見てみようかな。

S18、私もビックリしました。
話やキャラがつながっているときもあるけど、すっぱり切れているときもあるし。
キャサデイもいきなり飛んだかと思うと、ゲストで別人になって出てくるんですよね。

今日、「NCIS:LA」で、ルビローサ(違)見ました。
髪の毛、伸ばしかけなんでしょうか。
ちょっともさもさしていたし、彼女のキャラに似合わない役柄だったような気がするのは、
やっぱりルビローサに浸っているせいでしょうか・・・・。

早く、いい役に巡り合うといいですね。

Forgotten、Linusだけじゃなく海外ドラマのメジャーなオヤジ勢ぞろいで本当に豪華キャストなんですが、話がとにかくぶっ飛んでるので(汗)でも是非レンタルして観てみてください。90分くらいで観終わるのであまり負担にはならないと思います。マックがかっこいいし。

L&Oのキャスト使いまわしはよくある話なので驚きませんが、続けて出てくるルーポは反則だと思いました。俳優さんの契約の都合でシーズンプレミアで突然消えちゃう人がいるのかなとは思いますが、せめてストーリーの中で異動になったぐらい入れてほしいです。

NCIS:LAのルビローサは悪の道に入ってしまってお疲れ気味。実はその後CSI:Miamiの亡霊ルビローサまで観てしまい、こっちはマジなロン毛だし、ほっさんの妄想の世界にいるし、かなり違和感でした。やっぱりルビローサでいるのが一番素敵です。

立て続けで失礼します、
今回はファルコでしたね!

彼の場合はちょっと間が空いていたので、まあ許せるんですけど・・・苦笑

>マイアミ
のルビローサ(だから違)は、昔の映像の使いまわしですか?
あの当時はぴちぴちでしたもんね。
今のだったら、ちょっと痛いかも・・・・。

ファルコの場合はあんまりです…のちほど感想アップしたいと思います。

マイアミのルビローサは無理矢理元気モード?
マリソル時代の彼女を嫌悪していたので(だって嫌な奴だったもん)どうしても受け入れがたいんですが・・・ルビローサになってくれて本当によかったです。

ここで皆さんのコメを読んで 行きなりの展開に悩んでるのが
自分だけでなくて安心しました・・・・・

ここ数日で忘れていたマイアミ時代のルビローサを観たためか
それとも若かりし頃のファルコを観たためか・・・
少し前にクリミナルインテントのロス警部がL&Oでは弁護士だったためか・・・

頭を整理してから エイリアンなカッターさんのDVDを探します

エイリアンのカッターさん、無表情の不思議キャラですのでお楽しみに。
でもこれだけゴージャスオヤジをそろえておいて、この結末はないでしょ!とどうしてもツッコミたくなってしまいます。
いろんな意味で?貴重な映画かもしれません。