FC2ブログ

Law&Order SVU S11-#19 「Conned」

披露宴が行われていたホテルの食品貯蔵庫で、10代後半と思われる男性の遺体が発見される。顔面損傷が激しく身元の識別が難しい状態で、財布が盗まれていた。新婦は披露宴で初めてその男に出会ったが、スピーチが作り話で彼女の父親が怒って男を会場の非常口から叩き出していた。だがホテルの防犯カメラの映像をチェックすると、男は会場に戻り、中年男性と7階の部屋に上がっていったことが確認される。7階に泊まっていた男性に事情を聴くと、連れの男はジャックと名乗る男娼で、200ドルを要求して1時間で出て行ったが、男性のロレックスを盗んでいったことが分かった。
捜査を続けると、アンドリュー16歳と記されたIDと空の財布が発見される。キッチンの従業員フリオがロレックスをはめていたため追及すると、倒れていたアンドリューから時計を取ったことを認めるが、財布は空だったと主張する。ベンソンとステーブラーはアンドリューの母ジョイスに息子の死を伝えに行くと、ジョイスは息子はうつ状態で精神科に掛かっていたこと、7か月前に家出したがネットカフェからスカイプで連絡してくることなどを話す。すると死んだはずのアンドリューからスカイプで「恐ろしいことが起きてる。」と連絡が来て、ベンソンが応答すると切れてしまう。ジョイスはSVUのミスに激怒する。
ジャックはアンドリューのIDを持っており、アンドリューは顔を殴られた跡があった。ジョイスは以前アンドリューが少女の親からレイプで訴えられたことを話す。アンドリューは統合失調症の診断を受け8月に入院したが、仲間にそそのかされて10月に病院から脱走していた。
披露宴の写真を調べると、ジャックの後ろにアンドリューが写っていた。だが表情は曇っていた。アンドリューが掛かっていたベルビュー病院のDrスタントンは、アンドリューは治療の途中だったと説明する。ところが詐欺師が病院に入り込んできて患者たちに薬を勧め、アンドリューも影響を受けてスタッフのカギを盗み、1万ドル相当の薬を持ち出して逃亡したのだった。その詐欺師が殺されたジャック・ロビンソンだった。ジャックを殴った凶器から、アンドリューの指紋が検出される。
ジャックの父の話では、ジャックは生まれながらの嘘つきでカリスマ性があり、家出した後は一度も戻ってきたことがなかった。しかしビデオレターで1万ドルを要求し、送り先がウィリアムズハウスとなっていた。この施設ではフィンの息子ケンがボランティアをしている。フィンはケンに事情を聞きに行く。
ケンは、ジャックとアンドリューは二人で一人、ジャックは寝に来ていただけだが、アンドリューはいい子だったと話す。ケンはフィンが知らない間に引っ越しており、新居にアンドリューのPCが置かれていた。事件のあった日アンドリューは誰かに殴られて戻ってきてケンの帰りを待ち、ここから母に連絡し、その後姿をくらました。ケンはメトロポリタン劇場の女性用個室で寝ていたアンドリューを見つける。フィンはアンドリューを逮捕する。
母親が警察に到着する前、アンドリューがケンを呼び、二人の会話をクレイゲンらはモニターする。ジャックとアンドリューは夜遅く、貯蔵庫からキャビアを盗む計画があった。だが貯蔵庫でジャックがアンドリューにキスしようとしたので、アンドリューが拒むと飛びかかってきて彼をレイプしようとした。ジャックは覚せい剤をやっているようだった。アンドリューがジャックを殴ると、ジャックは後ろに倒れ頭をぶつける。息をしていないジャックを見てパニックに陥ったアンドリューは、近くにあった物でジャックの顔を殴り続け、ジャックの顔がつぶれているので自分が死んだことにすれば逃げられると思って財布とIDを近くに置いた。アンドリューの言葉が真実なら正当防衛が主張できる。
マロリーという女性がアンドリューを探しに来る。マロニーは私がアンドリューにレイプされたと言ったが、アンドリューは自分のBFで、誰かが両親に嘘をついたと訴えてくる。スタントンはDrファンに、マロニーがアンドリューに積極的に迫り、彼の精神崩壊を誘発していると考え両親に連絡したと話す。
ADAのケンドラは、ジャックの死は不慮の事故だったとして、アンドリューに保護観察とセラピーを命じる。ジョイスは酒やドラッグに依存していて子育てを放棄しており、アンドリューを帰宅させることが懸念される。しかし誰かがアンドリューを保釈させていた。保釈金を払ったのはスタントンだった。

スタントンはアンドリューを家に帰すのはまだ早いとして、自宅に連れて行き投薬を始めていました。フィンらが調べたとき、部屋から赤ん坊の泣き声がします。スタントンがアンドリューと出会ったのはアンドリューが12歳のときでした。
Drファンは、アンドリューと話をしていて、彼が統合失調症ではないことを見抜きます。スタントンはアンドリューのそばにいるために、わざと誤診し、薬で統合失調症の症状を出させていたのでした。アンドドリューはスタントンとのセラピーで全てをさらけ出すことができた。スタントンは自分を抱きしめてくれ、愛を感じたと話します。そしてセックスをするようになったのはアンドリューが13歳の時でした。子供ができたアンドリューですが、赤ん坊を捨てたら自分の父と一緒だと思いパニックに陥ります。そんなときマロニーが現れ、アンドリューはマロニーと愛し合いますが、スタントンがマロニーの両親にレイプの報告をしたのでした。Drファンはアンドリューに、病気ではなく薬のせいで思考が止まっていたと説明します。
フィンとDrファンの尋問にスタントンは、アンドリューと出会う前男たちに精神的暴力を振るわれていた。だがアンドリューとの仲は健全だったと主張します。しかし実父検査で赤ん坊の父嫌がアンドリューだとわかれば、スタントンは法的レイプの罪に問われます。だがスタントンはアンドリューはソウルメイトだと訴えます。
法廷でスタントンはアンドリューに謝罪の声明を伝え、第二級レイプ罪で20年の服役を言い渡されます。

詐欺師の男娼ジャックの生き方も
精神科医スタントンに薬漬けにされ自由を奪われたアンドリューの生き方も
あまりにも悲惨。

そして職業を利用して未成年を手なずけるスタントンってあり得ない!
フィンとDrファンの怒りの表情が半端ではありませんでした。
スタントンも寂しい人生を送っていたのかもしれないけど
これは明らかにレイプだよね。
マロニーが真実を告げに来てくれてよかったです。

スタントンを演じているのがProfilerのサム!
こんなことになってしまって残念です。
そしてアレックスが辞めた後専任の検事補が現れないようで
今回登場の検事補は前に一度出てきたJourneymanの妻でした。
このポストはいつ落ち着くのかな?
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ