FC2ブログ

Law&Order SVU S11-#20 「Beef」

ローラ・サンティアゴ24歳が自宅のベッドの上で死亡。飼い犬のチューイが外に出ていた。殺害されたのは午後10時~10時半で、死因は刃物で喉を左から右に切られて出血多量死。下着が下ろされレイプされた痕跡があった。ワーナーはチューイの口内の付着物を鑑識に回す。
ローラの家にはBFのジャンがしばしば訪ねに来ていた。ジャンはローラの死の直前に会いに来ていたことを認め、チューイのことを心配する。だがローラの死亡時刻には帰宅して、自分の犬を散歩に連れ出し近所の人ともめていたことが確認された。ローラの体内からは2人の精液が検出される。
ローラの両親は娘の将来を考えて移民してきた。ローラは「ベラモーダ」の販売員だったが、ある時商品を投げ出し客を店から追い出して店を辞めた。ローラのPCを調べると、大量の女性の尻の写真と、父親が参加している闘鶏の写真があった。父はローラが闘鶏をすることを嫌い、会場に来て文句を言っていたと話す。ローラは動物好きで、ベラモーダで暴れたときも「革製品を買うな。」と叫んでいた。チューイの口内から検出されたのは青いポリエステルと麻で、麻はジャンのズボンの繊維だった。ジャンはチューイにかまれたことを説明し、ローラが映画を撮影していたと話す。
ローラの尻のコレクション写真は「母親の会の書店」に展示されていた。本の筆者は肉と女性について語り、ローラが写真撮影に協力してくれたこと、精肉に関わる人たちを批判する映画を制作していたことをSVUに伝える。ローラは記者のブラッドショーと一緒に映画制作に携わったが、ブラッドショーは完成作品を見ていなかった。ベンソンとステーブラーはローラの自宅で映像を探すが見つからず、ブラッドショーにも事件当時のアリバイがあった。しかしローラを精肉工場に潜入捜査させたことが確認できた。
ローラは「ドナローザミート」という精肉工場に潜入し、「精肉工場を切る」という映画を制作していた。工場では3週間前から働き出し、従業員からの評判もよかった。特にホルヘ・バルガスはローラと親しくしていたが、数日前に工場から解雇されていた。ローラの体内からホルヘのDNAが検出されるが、工場のロッカーに残っていた靴から採取した汗のDNAとは一致しなかった。SVUがホルヘの自宅に行くと、妻のヴァネッサはホルヘと別れるつもりだった。そして青のズボンが破け血痕が付いていたことや女性からホルヘとローラが写った写真が送られてきて「彼のシャツかパンツと精液を貸してほしい。二度と浮気をできないようにする。」とタイプで打たれた手紙が添えられていたと話す。ヴァネッサはコンドームと青いズボンを教会のベンチに置くと、今度は警察が来たら渡してほしいと次の手紙が来たと説明する。SVUはヴァネッサを逮捕しホルヘは釈放される。
ベンソンはドナローザミートの従業員が何か知っているはずだと、清掃員を装って潜入する。
ドナローザミートは移民を多く雇っているので、ベンソンはロシア人になり済まして潜入、工場内が不潔でゴキブリやネズミが這いまわる姿にぞっとします。従業員の女性は検査官が来る時だけきれいにすることや、ローラが工場内の写真を撮っていたが、翌日から来なくなったことなどをベンソンに教えます。ベンソンは工場の主任のライリーのオフィスに忍び込み、ローラが撮ったと思われるテープを見つけますが、戻ってきたライリーに奪われもみ合いになります。そこに待機していたステーブラーが駆け付けライリーを逮捕します。
ベンソンとステーブラーはライリーの足を調べますが、犬の噛み跡は残っていませんでした。しかしライリーのDNAは青いズボンの汗のDNAと一致します。するとローザと弁護士が現れ、ローザはライリーを説得すると言い出します。ローザに真実を話すよう説得されたライリーは、工場を閉鎖されたら生活に困るからローラを殺したと自白します。
ローラが撮っていたテープが修復され、精肉業界の実態が顕わにされます。工場で従業員を叱りつけるライリーの姿も映っていましたが、ライリーは左利きでした。左利きでは左から右に刃物を動かすことはできません。ベンソンとステーブラーはローザの家に行き、ライリーの結婚式の写真を見つけます。ライリーはローザの息子でした。さらにステーブラーはローザが使っていたタイプライターを見つけます。ローザは工場を守るためにライリーにローラを殺させようとしましたができなかったため、自分で殺害しライリーに罪を着せようとしたのでした。

アメリカの精肉工場の実態がこんなだったら
アメリカ牛を食べるのは勘弁してと言いたくなります。
加工肉はさらに恐ろしいし。
消化の悪いトウモロコシを食べさせられ、抗生物質漬けにされて
市場に出されていく牛たち。
食の安全を考えると菜食主義を唱えたくなる気持ちもわかります。

しかし一方精肉で生計を立てている人たちもいるわけで
肉を食べるなの一言では片付けられないかなと思います。
だけどドナローザミートの不衛生具合は論外ですが。
ロシア人清掃員に扮して潜入したベンソン。
今回はセクシー度ゼロでしたが。いい味出してました。

さて、本国でのSVUは300回目の記念エピソードがオンエアされます。
クレイゲンが降板するかと思ったらまだいるようですね。
Chuckのケイシーに変わるのかと思ったのに。
S14のSVUはキャシディが復活していたし(もういないのかな)
Criminal Mindsのプレンティスも顔を出してるし
CIのエイムズがそのままシフトしてくるエピもあるしと
また豪華キャストを楽しめそうです。
あとはいつカッターさんが復活するか?
ついでにルーポも連れてきていいので(笑)大いに期待しています。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ