INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order CI S8-#10 「Salome in Manhattan」

母親は元モデル、義父は大富豪というセレブな女性リサが首の骨を砕かれて殺害。
毎晩パーティーで大騒ぎしていて影響力の大きかったリサの死は世間にショックをもたらします。
リサが死ぬ直前に、恋人のカリスマシェフのマックスがプロポーズしたが断られた経緯があり
まずマックスに殺人の容疑がかけられるのですが…

マックスはテレビショーで活躍するカリスマシェフ。
でもパートナーのラリーと組んで営業していたレストランは閉店に持ち込まれていました。
ラリーは再開のチャンスをうかがっています。
リサは元服役囚のファッションブランドのオーナーのRXOとも親交があり
リサをしつこく追い続ける少年ジェイソンの存在も気になります。
リサを取り巻くそれぞれ意味深な人たちですが
すぐに犯人が読めてしまいました。
キャラクターの設定が分かりやす過ぎます。

こんなセレブな事件にニコルズはぴったり。
マックスのレストランにも行ったことがあるし
そもそもニコルズは私立学校の先輩だったらしい。
学校に事情聴取に行ったのかと思ったら
勝手にピアノの前に座って弾き出すニコルズ。
この優雅さは他の誰にも真似できません。
こうして状況を把握し、ラリーのリサへの恨みを確かめたというわけ。
坊やはあっちへ置いといて、他の人たちには華があるけど
ラリーには何もないもんね。
マックスに捨てられてしまったらアウトなわけだし。
普通な人がセレブな人たちの中で頑張っていくのは
いろいろと苦労を伴います。

カリスマシェフがHavenのデュークで
向こうではレストランを経営してたのに
お店がつぶれちゃいましたか?とささやかなツッコミを。
ラリーもどこかで見覚えがと思ったら
結局1話しか観ていない(CS放映して欲しい!)Southlandの刑事でした。
ついでにリサはWhite Collarのケイトでした。
L&Oシリーズはいつもゲストが豪華です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント