INDEX    RSS    ADMIN

Detroit1-8-7 #18 「刑事と父の戦い」

感動のフィナーレ
フィッチ、かっこいい!!
ますます惚れこんでしまいました。
これでおしまいなのが本当に残念ですが
終わり方としては大満足でした。

フィッチとボビー、ワシントンと赤ちゃんが博物館にいたとき
向こうにストラムが見ているのをフィッチは見つけます。
ボビーやワシントンに気付かれないようにフィッチはストラムに近づくと
ストラムはフィッチに脅しをかけてきます。

その頃エンジェル一家が銃殺される事件が発生。
戸棚に隠れた幼い娘まで撃たれていて刑事たちの涙を誘います。
まもなく容疑者が挙がりますが
事情聴取をしているうちに真犯人はストラムだとフィッチは察します。
フィッチはストラムに警告に行きますが
ストラムはNYの事件を持ち出し、捕らえている容疑者に罪を着せるよう
犯行に使った銃を持ち出しフィッチに渡します。
ストラムの言うとおりに動かないと、NYの二の舞を踏む。
それはフィッチのパートナーとその家族を殺害することを意味しました。
フィッチが悩んでいると、ハーキンズがストラムと部下を発見したと
捕らえる気満々で動き出します。

ハーキンズが動き出したことで
ワシントンはフィッチが博物館でストラムに会っていたことに気付き
メイソンに伝えてしまいます。
フィッチはもう隠しておくわけにはいきませんでした。
フィッチは現状とこの先どうしたいかを述べると
メイソンはロングフォードとマハジャンの手を借りるように命じました。
つまはじきにされたワシントンはフィッチに不満を言いまくりますが
ワシントンの息子の名付け親になることを拒否したフィッチなのに
ワシントンにボビーの後見人になってくれと頼み、ワシントンを困らせます。
フィッチはどうしてもワシントンと家族の見に危険が及んでいることを離せませんでした。

FBIの捜査の裏をかき
一度は退職を決意したもののすぐに撤回したロングフォードとマハジャンは
見事な連携でストラムの手下を捕らえます。
そしてフィッチはストラムをカナダへ逃がすそぶりを見せ
車に乗せて山小屋に向かいます。
ストラムが車を降りたところを追い、二人が向き合ったところで銃声。

教会ではワシントンの息子の洗礼式が始まっていました。
殺人課のメンバーが集まっているところに
ハーキンズがストラムたちの見に怒ったことを報告に来ます。
そしてフィッチがストラムを追っていたことをほのめかすのですが
フィッチが教会に到着。
するとみんなは何事もなかったように
フィッチはここにいたとハーキンズに答えたのでした。

次シーズンがあったら事件の解明を迫られ
さらにフィッチは窮地に陥ったのかもしれません。
でもこれでおしまいなんだからすっきり。
フィッチとボビーの本物親子はさらに絆が深まったし
ストーンの死だけが余計だったかな。
あっという間の1シーズンだったけど、じっくり楽しめてよかったです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

やっと今日の夕方にスカパー!プレミアムが
視聴できるようになりましたv-221

なんとか最終回は2回目の放送を見る事ができそうです・・・
(録画ですが・・・)

シーズン2が無いのは残念ですが
スッキリした終わり方のようですね。

今まではスカパー!e2だったので
これからは また色々な海外ドラマを見る事ができそうで
楽しみです・・・・・

CRIME復活おめでとうございます♪Detroit間に合ってよかったです。
そしてAXNミステリーやユニバーサルも観られるようになったのかな?
新しいドラマをいろいろ発掘してみてください。忙しくなりますよ!

Detroitの今回のすっきりな終わり方はとりあえず満足です。
フィッチがとにかくかっこよかったので。
そっくりな息子と(当たり前)親子セットでお楽しみください。

Garotoさん、こんばんは。
溜まっていたDetriotやっと全部見終わりました〜。最終回カッコ良かった〜>フィッチ。最初は隣に座っているパートナーにも電話で言いたいことを伝える、なんてどんなオヤジかと呆れてましたが、誰にも話せなせずにいた苦悩がよくわかりました。
1シーズンで打ち切りはもったいないです。
息子はそっくりでしたね。ダイナーでウエイトレスに勧められたメニューを断るセリフが揃っていたのが笑いを誘いました。

Knutさん、お疲れさまでした♪
こんなに面白いドラマなのに1シーズンで打ち切りなのは本当に残念です。すっきり終わったのがせめてもの救いでしたね。
フィッチは最初はいかにも曲者オヤジに見えましたが、だんだん彼のポリシーがわかってきたし、彼の苦しみやパートナーに対する思いが伝わってきて観方が変わってきました。そしてボビーとの再会もフィッチを変えていきました。
そっくりな息子、よく頑張っていました。

見終わりました☆

中途半端なクリフハンガーじゃなく、すっきり終わりましたね。
打ち切りは早くから決まっていたのかしら。
終わり方に、制作陣の良心が見えました。


最初はもたついていたっていうか、方向性が見えなかったので、ファンが付きにくかったのかなと思います。
事件に関して、ミステリーっぽいところがあまりなく、単純に解決というパターンが多かったので、人情ものにしていけば人気が出たのかな。

息子、リアルジュニアだったんですね。
ちょっとおませでかわいい。

サンチェスの好意がわかっていても、素直に受け入れられなかったフィッチ。
それが変わっていくのが、よかったです。

斜陽の街の暗い雰囲気だけではなく、希望が持てる終わり方にしてくれて、
サンクス!

くーみんさん、お疲れ様でした!
デトロイトは暗いし、フィッチはあんなキャラだし、人気が出にくいのも理解できましたが、こういう暗めなドラマが好きなのでかなりハマって観ていました。
リアルジュニア、本当に似てたでしょ!
またどこかで親子共演して欲しいなと思います。
終わり方も予想以上にすっきりしていたし、いい作品を楽しめて満足しました。