INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order S7-#15 「ハリウッドの女」

お出かけエピは楽しいな♪
ということでこんなに前から存在していた?L&O LAのスタートです。
今回は3部作の第一話目。

殺人事件の捜査をしていたブリスコーたちの前に
事件とは別の女性の胴体が発見され
胸に入っていたインプラントの製造番号から
殺害されたのはハリウッドの映画会社の重役ハイディ・エリソンだとわかります。
ほどなくしてハイディの頭部も見つかり
ブリスコーとカーティスは関係者に話を聞き始めます。
するとハイディと友人以上の関係だったらしい
トレーナーのグラントの名前が浮上します。
グラントを追求していくつもりでいたら
グラントはハリウッドに呼ばれて行ってしまいました。

出張旅費は検察に出させることにして
ブリスコーとカーティスはLAに跳び
グラントを追いかけることにします。
こうしてブリスコーとカーティスのLAへの旅がスタート。
ブリスコーは時間があれば競馬場へ行きたいと遠足気分でした。
二人はモーテルに泊まりますが、一応部屋は別。
だけどブリスコーはテレビの調子が悪いとか言って
カーティスの部屋に入り込んできます。

映画の撮影所でハイディの元夫の映画監督エディ・ニューマンに話を聞きますが
彼もその後TBJの刑事になるんですけど…一度別役で顔見せはL&Oのお約束かな?
そしてハリウッドでの二人の窓口となってくれたリサは
映画製作のためにNYの刑事から話を聞きたいと言って
カーティスにアプローチしてきます。
ブリスコーはこのチャンスを見逃すなと後押ししてきます。
リサはその後のギルモア母ちゃんでしたね。

一度の浮気を告白してしまったため
家から追い出されてしまったカーティス。
アパート探しの途中のようですが
まだ気持ちの整理はしっかりできていないみたい。
ディナーの後積極的に迫ってくるリサの相手をそれなりにしているものの
一線を越えることは控え
モーテルのキーをリサに渡してしまいます。
そしてブリスコーの部屋に入り込んできて
ソファに陣取ってしまいました。

そんなわけでお泊まりエピに前例があったんですよ!
まあ今回は結果的にお泊まりすることになったので
いつの間にか二人は同じ部屋でしかも洗濯までしていた
ルポカタとは多少シチュエーションは違いますが
でもなんだかんだ言って二人は一緒にいたかったんだよねと
オヤジたちの可愛げなそぶりにニンマリしてしまいました。

ハイディが死の直前グラントと関係していたことがわかりましたが
新たにニューマンに疑惑が掛かってきます。
一方検察の方ではロスの元夫のニールが弁護を担当し
お互いの戦略に関して激しく火花を散らしていました。
その様子を見ていた娘が茫然としていましたが
ロスってこんなに幼い娘がいたんだ。
お母さんお仕事ご苦労様って言わなくちゃ♪

この続きが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これはほんとに、楽しいエピでした☆

あれはやっぱり、ギルモア母だったんですね・笑
せっかくのチャンス、レイもなんだか煮え切らない男だな。
最後にNYまで追いかけてきた彼女、今後の展開は、あるんでしょうか?
終わり方が「えええ??」だったので、これが3部作と知って、うれしいです♪

ロス、女の子のままだったんですね。
とってもかわいい。
しかしあのダンナと、どういう経緯で結婚したんだか。
彼女が強いのは、あのダンナに鍛えられたからかな・笑

はじめとっつきにくいキャラかと思っていたけど、いまはすっきりファンになってしまいました。

追伸
http://www.youtube.com/watch?v=3_bPT0mxUv8


ここになぜ、カッターさんが出てこない?

くーみんさん、素敵な映像の紹介をありがとうございます。
カッターさん、隅っこでうろちょろしてますね。
どうしてルーポと2ショットしないんでしょう…
キンケイドやカーティスやクレイゲンがいるのはおまけなのかな。

まだL&O LA(笑)の2話目を見ていないんですけど
ギルモア母ちゃんとレイの関係は進展するのかな?
事件も興味深いし。
ロスの元ダンナがロスと不釣り合い!と思いました。
何があったんだか(苦笑)