INDEX    RSS    ADMIN

Rookie Blue S3-#10 「尊い命」

泣かせるね…
警官たちの絆の強さを感じさせるエピソードでした。

ジェリーの葬儀。
トレイシーはもちろんのこと、みんな沈んでいます。
オリバーは勝手に休みにしてしまったのか、その後もバーでずっと飲みまくってるし。
まだ入院中のゲイルは暴行を受けたときのフラッシュバックに襲われています。

ジェリーが扱った事件は引き継がなければならないし
デスクの整理も必要。
デスク整理はダヴが引き受けますが
付き合わされたクリスは気乗りがしません。
いつ自分が当事者になってしまうのか
確かに危険と隣り合わせの任務です。

家にいたトレイシーは
車からジェリーのPCが盗まれたことに気づきます。
二人の写真などのほかに、今扱っていた事件の情報が入っていたはず。
案の定ジェリーが守っていた女性が
危険にさらされたと訴えてきます。
パソコン本体は転売されていてすぐに見つかり
データの流出先も明らかになりましたが
次はジェリーが使っていた情報提供者が危ないことがわかります。
さらにジェリーの机の上のボックスを
トレイシーがプロポーズナイフでこじ開けたら
中から札束が出てきました。
これも事件と関係ありそうです。

情報提供者はドラッグの売人に追われていたようで
警察が提供者の男の家に行くと殴られて倒れていました。
男は自閉症の弟がさらわれたと騒ぎ
アンディは弟を探すべきだと主張しますが、サムは無視します。
売人たちを捕らえるため男にワイヤーをつけてアジトへ行かせますが
ワイヤーがばれてピンチに。
アンディが危険を顧みずに踏み込み、組織を捕らえました。
これはジェリーのお手柄です。
でも結局男は嘘をついていて、アンディは見事に騙されてしまったのでした。

サイド事情聴取を終えたゲイルは退院しますが
自分のせいでジェリーが死んだと言って落ち込みます。
そんなゲイルをトレイシーが励まします。

事件が解決してみんなはバーに集まります。
オリバーはその間飲みっぱなし?
ジェリーのボックスには札束とともに髪が入っていて
それはジェリーが結婚式で読むつもりだったスピーチの原稿でした。
トレイシーはジェリーに代わって読み始めます。
ノエルやオリバーやサムへの感謝の言葉は涙を誘いますが
自分に向けた言葉になるとトレイシーは声が詰まって読めなくなってしまいます。
するとゲイルが代わり、ジェリーのトレイシーへの永遠の愛の言葉を読み上げたのでした。
みんながしみじみしているとき、サムはアンディに別れを切り出します。
サムは今回の事件でアンディと一緒にやっていけないと感じたようで
確かに何でも職場恋愛でいいのかは疑問ですけど
アンディにはショックが大きすぎて。
二人の関係は本当にこれで終わってしまうのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント