INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S11-#24 「Shattered」

小学校3年生のニコラス・オルセンが、スクールバスから降りて道路を横断しているときにタクシーに撥ねられそうになる。その直後配達用のバンが走ってきて、ニコラスを連れ去っていった。バンの車体にはパーティー用品専門ゲリーの店と書かれていたため調べに行くと、店のバンは故障したままで偽物が走っていたことが確認される。やがてバンが見つかるが放火され、車内からニコラスのバックパックが出てくる。
ニコラスは父親のポールが監護権を持っているが、フランス人の母親ソフィーがニコラスを取り返そうと学校に何度も侵入したので、接近禁止令が出されていた。ソフィーには情緒不安定なところがあった。事件の直前にソフィーが校門でニコラスにチベットで買ってきたネックレスを、お守りだと言って渡している様子が防犯カメラに映っていた。
ニコラスが誘拐されたと知ったポールは署に来て、ソフィーはコロンビア大で母権文化を研究していること、ニコラスを中国へ連れて行こうとしたので離婚したことなどを話す。一方ベンソンとステーブラーがソフィーの家に行くと、ソフィーはポールの話はでたらめだと反論しニコラスを探すとする。ベンソンらがソフィーを署に連れてきて事情聴取を始めるが、顔を合わせたポールとソフィーは激しく罵り合い、妻は虚言癖がある、夫は事実を捻じ曲げていると非難し続ける。
ソフィーの家を捜索すると、ニコラスのフランス国籍のパスポートが発見される。ソフィーはネットで北京行きの片道航空券を2枚買っていた。さらにソフィーは2週間前両親から5万ドル借り、1週間後に誘拐の実行犯に25000ドル支払っていたことも判明する。ソフィーは金を払った相手は偶然会った男で、自分も実行に立ち会うはずだったと自白する。その相手は元陸軍特殊部隊に所属していたジェイソン・カルロスで、2005年に除隊になった後民間軍事会社に入り、アフガニスタンでの誘拐作戦を担当していた。ジェイソンはレッドフックに倉庫を持っていることが分かり、ベンソンとステーブラーは倉庫に向かう。
倉庫でベンソンは不意打ちに遭い首を絞められかけるが、ステーブラーがジェイソンを殴って気絶させる。目を覚ましたジェイソンはソフィーに誘拐された子を助けてと頼まれたが、父親と住んでいることを知って契約を打ち切った。すると別の人を紹介しろと言われたが断ったと説明する。
誘拐の別の請負人が、ソフィーのカードを使ってモーテルにチェックインしていた。SVUがモーテルに突入すると、清掃係の女性がバスルームで縛られていた。防犯カメラには清掃係の格好をした男が、カートからニコラスを下ろして車に乗せている様子が映っていた。警察は逃走する車を追うが、車は川に転落し、請負人キース・ブラッドマンとニコラスは死亡する。
ジョーはニコラスの死はソフィーの過失だとして、ソフィーに自白させることで彼女を重罪謀殺に問えるとベンソンに促す。ベンソンとジョーはニコラスの死や彼女の取った行動について話し始めるが、ソフィーは混乱していて息子の死を受け入れようとしない。Drファンはソフィーの現実逃避を緊張型分裂症と診断し、ソフィーにニコラスの遺体を見せるように勧める。モルグでソフィーがニコラスの遺体と対面し嘆いているところに警官とともにポールが現れ、また罵り合いが始まる。興奮したソフィーは警官の銃を奪いジョーを狙う。ベンソンとジョーがなだめようとするが、今度はポールを狙って発砲、弾はワーナーの胸に当たる。

ジョーがソフィーを説得しようとしている間、倒れたワーナーは止血しているベンソンに応急措置を指示します。胸腔内に血液が溜まってきたので、胸を切開してチューブを入れるようにとワーナーに頼まれたベンソンは、指示に従ってチューブを差し込みます。ドアの外から説得をしようとしたステーブラーは諦めて建物の設計図をもらい、ダクトからの侵入を試みます。
息子を返してと叫び続けるニコラスの姿を見て、ジョーはポールにソフィーに謝るよう促します。そしてワーナーを外に出すようにと頼みこみ、ベンソンとワーナーは解放されます。ベンソンはドアの外から交渉しようとしますが、ソフィーに拒否されます。
ポールを殴りニコラスは死んだと興奮しているソフィーに、ジョーはニコラスの思い出を話してほしいと声を掛けます。そして1年前、自分が乳がんに罹り、がんの切除や乳房の再建手術を行ったが、自分を失うほどの辛い思いだったこと、だが仕事に復帰して自分を取り戻したことなどを話します。ステーブラーはジョーの話をダクトの中で聞いていましたが、物音に気付いたソフィーがダクトを撃ちます。逃げ出したステーブラーは遺体置き場の上に移動、そのとき「ポールがブラッドマンを雇った。」というクレイゲンからのメールを受信します。
下に降りたステーブラーは、ソフィーの潔白が分かったから銃を下ろしてくれと頼みます。ポールはソフィーがニコラスを中国に連れて行こうとしたから誘拐した。これは事故だと嘆きます。ジョーはニコラスを抱え、ソフィーに渡します。ソフィーはニコラスを抱きしめるのでした。

イザベル・ユペールとシャロン・ストーンの二大女優対決。
まさに映画を観ているようなゴージャスなひとときでした。
ものすごい緊迫感だったんだけど。
SVUもずいぶん贅沢なドラマになりましたね。

性犯罪とは無関係の誘拐事件で
何故SVUが扱うのかはちょっと疑問でしたが
本家だったらさっさと裁判が始まってしまうし
CIだったらゴーさんかニコルズがじわじわ迫るだけだし
こういうドラマチックな展開はSVUが一番似つかわしいということでしょうか。
さすがシーズンファイナル、最後まではらはらさせられっぱなしでしたから。

撃たれても応急処置を指示してしまうワーナーもすごい。
自分の職場で、どこに何があるかもよくわかっているから
落ち着いて対応できたんですね。
彼女の強さを改めて実感。
そしてソフィーを説得するジョーも、さすが元刑事です。
しかし彼女が乳がん発言にはびっくりさせられました。
一番動揺していたのがステーブラーだったし。
事件解決の後、この件に触れたのかな?
ジョーがこのエピソードでおしまいなのはもったいないな。

そしていよいよステーブラーのラストシーズンとなるS12です。
2週間のインターバルですぐに開始。
Meloniの活躍をじっくり楽しませてもらいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

轟尚紀吉

轟尚紀吉も同意見です

同意見ありがとうございます♪