FC2ブログ

Law&Order S8-#6 「孤独な天使」

Homicideとのクロスオーバー第二弾。

ついにマンチNY上陸。しかも連れてきちゃった相棒がファルゾンだという夢のようなエピソード。
ウキウキワクワクしながら観ていたんですが…

なんとこのエピ、実は8年前に観てました(汗)
ホミでの後半部分「哀しき復讐」がスパドラでオンエアされた時
今回の前半部分のオリジナル録画をいただいていたので
2話連続で観ていたことが判明。
すっかり忘れてました。
もちろんL&Oは字幕なしだから適当に理解するしかなかったんですが
それなりに楽しんで観ることができたようです。
完全にホミ的立場で観てましたが。

そして後半は日本語吹替版で視聴。
ありがたいことに今回のホミ部分は家探ししていたら
録画ディスクが見つかりました。バンザイ!
ということで改めて後半を楽しもうと思っています。

では8年前に書いた感想をまとめてコピペします。

Law&Order Baby It's You

今日のホミサイドはクロスオーバーの後半部分に当たるので、その前に前半のL&O部分の録画の頂き物を観てしまう。字幕なしL&O本家はむちゃくちゃ難しいんだけど、今回は事件の解決はホミの方にお任せしちゃうようで裁判のシーンもなく、L&Oとしてはわかりやすいエピでした。
NYでモデルをやってた14歳の娘がレイプされ殺されていた。まだSVUが存在してないから(マンチはボルチモアだもん)この類の事件も本家で扱うんですね。で被害者がその昔ボルチモアに住んでいて事件の直前にもボルチモアにいたとかで捜査の要請がボルチモアに出される。電話を取ったのがマンチで暇だったのがファルゾン。で二人がこの事件の担当になる。最初はボルチモアでの捜査。やがて被害者をストーカーしてた青年が浮かび上がり、マンチとファルゾンはNYに飛ぶ。マンチはブリスコーと旧交を温めあい、早速NYでの捜査を開始する。
やっぱりマンチにNYの景色は合ってるなって、その後のSVUを山ほど観ている私は都合よく納得してましたが、ファルゾンとカーティスも相性がよさそう。っていうか二人の2ショットが絵になるっていうか。ストーカー青年が被害者の墓に姿を見せるだろうということで、ブリスコーとマンチは花を持ちスーツ姿で、カーティスとファルゾンは墓堀人姿で(すごい差別)墓地で待ち受けます。せっせと墓を掘るファルゾン。久々のセダッチのコスプレだ!と嬉しくなってしまいました。彼には肉体労働者モード、お似合いなんだもん。
その後取調室で大声を上げつかみかかるファルゾン、前エピで容疑者を殴ってジャデーロに怒られたばかりなのに、相変わらず血の気が多いです。
L&Oの法律バージョンの方は、被害者の両親のお抱え弁護士?かなにかのおっさんがやりたい放題やってマッコイがブチキレてたようですが、マッコイのお悩みを聞いていたのがピンポイント出演のDr.スコダ、ってわけで渋いシリンガーの登場です。(セダッチとは顔を合わせていない)そういえばボルチモアのシーンではデブリンじゃなくてダンバーズも顔を見せてたし、OZな人たちもちらちら出てきました。
さて後半、マンチはNYがお気に召すのか、ファルゾンの活躍は??

Homicide Baby It's You Part2

「Baby It's You」後半。前半を観ていてわかっていなかった部分の復習もしながら、今度は日本語で楽しみました。ホミの部分がどう絡んでくるのかなと思ったら捜査がそのままボルチモアに移動しちゃったんですね。しかしドラマの流れはそのままL&Oモード。余計なおしゃべりは少なく、ひたすら事件に向かって突き進んで行きました。L&Oからのメインキャラがマッコイになったのは意外。ダンバースと組んでの裁判なんて超贅沢じゃないですか。そして裁判途中に大どんでん返しが!実は母親が掃除をしてたシーンを観てたとき、これは絶対何かあると思っていたんですが、やはりそうきましたね。想像してた容疑者がコロコロ代わるのはL&Oシリーズではお得意とするところですが、それにしても日本語で聞く裁判シーンってなんて楽しいんだろう。マッコイもとっても素敵なおじさまに見えてしまいました。本当はL&Oってとっても楽しいドラマなんですよ!!その面白さが理解できない自分の英語力の欠如を呪ってますが(泣)やっぱりL&Oを日本語で観たい!!本家でもSVUでもCIでもいいから(って本当はSVU命!ですけどね)オンエアしちゃいましょうよ。あの一見淡々とした、でもびっくりが満載の展開がとにかく面白いんだから。(ちなみに裁判ものでもアリーやプラクティスはダメなんだよね・・・感覚的に受け付けないんだから仕方ないけど)
そして今回のツボはファルゾンとマッコイの会話。マッコイにさりげなくご意見を伺ってしまうファルゾン、願いは叶うのでしょうか。ラストでファルゾンが父親に娘の写真を返しに行くシーンにBrind Faithの
Can't Find My Way Homeがかかっててじわりと来てしまいました。この曲大好きなんだもん。
ついでに、NYに行ったファルゾンのネクタイは地味な紺色でしたが、ボルチモアに戻ってきたとたんハジケてました。さすがだ!!


というわけですでにドラマ日記Part1時代からL&Oをガンガン宣伝させてもらっていたわけで
こうして今夢が実現して本当に嬉しく思っています。
そうか、ホミ部分で日本語を喋るマッコイさんを再度確認しなくては。
後半部分の感想、何故かあまりネタばれしてないので
再視聴して今度は核心に迫りたいと思います。

L&Oとホミのコラボって最高!!ですね。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
くーみん  

ああ~~~、
これは本当に、「ホミサイド」再放送してほしいですっ(涙

なんとなく真犯人はわかりましたが(わかったような気が)、
話ももとより、
贅沢なエピですよねえ。

キャラたちの横のお話もとっても楽しませてもらいました。

2012/11/23 (Fri) 17:36 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

今回はマンチがフル出演で、SVUファンの人たちも大満足だと思います。
しかもこの頃のマンチは言いたい放題だし。ブリスコーとのコンビは最高♪でした。
ウルフさんとフォンタナさんの結びつきが強いので実現したクロスオーバーですよね。
やはり通して観てもらいたいです。

2012/11/24 (Sat) 10:24 | 編集 | 返信 |   
カクテキ  

ホミサイドを見ている時、L&Oとのクロスオーバーと言われても見る手立てがなくてしっくりこなかったエピソードがあったのを思い出しました。
しかし、今度はホミサイドの方を見る手立てがなく、またもや…(笑)。
でもいいのです。
今回、あまり好きでない順番抜かしをしてまでも見たのはダンバースを見るためだったのですから。
1シーンだけでしたけどいいのです。
あまり若いと感じられなかったのがちょっと誤算でした。
急いでS1のDVDを見て、若い時代もあったことを確認してしまいましたよ(笑)。

2012/11/25 (Sun) 11:41 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ホミでもSVUでもL&O本家とのクロスオーバーが出てきたら残念でした!と思って諦めるのが当たり前になっていたので、今更残り半分が見られても…しかも話を忘れてますし(苦笑)
でも今回は運よくホミサイドの録画が見つかったので再挑戦できました。
やはりセットで観ないと面白みに欠けますよね…

ダンバース&マッコイさんのコンビが楽しめたのは後半でしたが、前半でも顔を見せてくれたのはよかったです。若いですよ!
そして彼はその後OZの困った知事?デブリンにグレードアップしたんですね。

2012/11/26 (Mon) 20:17 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ