FC2ブログ

La Femme Nikita S4-#9 「迷走する記憶」

セクション内に謎のガスが噴出。
みんなの体調がおかしくなります。
早速ジョージがバイオチームを送り込み検査を始めますが
実はメンバーの記憶をダウンロードして保存し
記憶を失ったメンバーは処分してしまうつもりでした。
まずウォルターが犠牲者となります。

ニキータもシーズンが続いていくにつれて
話がどんどん強引になってきて
あり得ない!の連続な気がするんですけど
今回はシーズンが続いているからこそ可能な?思い出エピソード。
記憶のダウンロード中に
名場面の数々が蘇るのが嬉しいです。
ウォルター、ニキータ、長官と記憶を奪われ
マデリーンも続きます。
バーコフとマイケルは何とか阻止しようと
ダウンロードを止めるために長官が隠し持っている化学式を取り出しに行きます。
そしてその式を見ながら新たな液体を作るんですが
なんでPCで液体が作れるのかなとか、そういうことを考えちゃダメですね。
さらにその最中にバーコフも連れ出され、残るのはマイケルだけ。
マイケルにそんなことできるの?と心配だったけど
マイケルは化学も得意だったみたいです(本当か)
しかしPC(じゃないんだよね、たぶん)からUSBメモリのお化けみたいなものをはずしたら
液体が入っていたのには驚きました。
過去のSci-fiはこんなものでしょう。

最後にマイケルの記憶も抜かれそうになりますが
かろうじて助かり、マイケルはジョージの手下を倒します。
そしてみんなの記憶をアップロード。
ついでにジョージの記憶も操作して
突如ジョージが従順になってました。
こんなにすっきり片付くのかな?

過去の記憶シーンで4年前の名場面を観ていると
みんなかなり変化していますね。
それがもっとも激しいのがマイケル。
S4のマイケルもそれなりにかっこいいけど
S1のマイケルの美しさは別格だよね。
いつ観てもため息ものです。
4年間ですっかりたくましくなっちゃって…ちょっとしょんぼりなんですが
S5で復活したボロボロマイケルを観たときのショックは(泣)
また再現されちゃうんだね。嫌だなぁ。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ