INDEX    RSS    ADMIN

The Closer S7-#3 「とんだ副業」

久々に初心に帰って正しいCloserでしたね。
レイダーもいなかったし。

フリンとプロベンザのコンビが常に品行方正な訳がない。
特にプロベンザは美味しい話があれば飛び付きます。
今回は弁護士が作成した法廷への召喚状を
詐欺事件で有罪となったハーシュバウムに届けるというものでしたが
当然チーフには内緒での行動。
だけど二人ではハーシュバウムの居場所がわからないので
バズに協力を求めます。
バズはハーシュバウムが滞在しているホテルを見つけると
二人を車に乗せて到着。
二人がハーシュバウムの部屋を訪ねると
バズはいつものようにカメラを回し
ハーシュバウムが出てきた途端。プロベンザは記念札名までしてしまいます。
これでひと儲けできると思って3人がホテルを出たら
窓から銃で撃たれたハーシュバウムが落ちてきて
バズの車の上に乗っかりました。

ここから事件をごまかすのにプロベンザたちは一苦労するんですが
死んでいたのはハーシュバウムが用意した替え玉であることが判明。
では本物はどこへ行った?
プロベンザたちはバッジを取り上げられてしまいますが
それなら民間人ということで、まだ堂々とハーシュバウム探しを続けます。
車が壊れて不機嫌なバズも付き合わされ
またブレンダの愉快な仲間が余計なことをしでかしてくれるのにフリッツは迷惑がっていますが
結局ブレンダは仲間たちの味方なんだよね。

ハーシュバウムを演じているのがAdam Arkinで
ずいぶん白髪も増えてきて渋さが増してきましたが
フリンとプロベンザとの3人でのドタバタ劇は実に痛快で
すっかり楽しませてもらいました。
彼も仲間に入れてトリオで行動もいいのかも。
しかし懲りないプロベンザ、これがドラマの魅力です!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

待ってました、フリンとプロペンザの愉快な大騒動!・笑

いや、ブレンダは笑えないと思うけど、でもこの立場を利用して事件を解決するなんて、
さすがチーフです。

今回はバズも仲間に引き入れられて、とんだとばっちりだけど、でも最後はおいしかったから、おつりが来ますね・笑い

しかし、ぶれない二人組・爆、
チーフ・レイダーになってもやらかしてくれるのかな?

事件はあっちへ置いといて(笑)フリンとプロベンザの正しい悪だくみオヤジの活躍と、ついに巻き込まれてしまったバズの困りっぷりがとても楽しかったです。
ついでに詐欺オヤジがまた見事に二人に溶け込んでるんですよね。
ブレンダもよく部下のことを理解しているから利用させてもらってたけど、レイダーになったらどうなるのでしょう。ちょっと気がかりですね。