INDEX    RSS    ADMIN

Person of Interest S1-#17 「レイラ」

観はじめたときはいつまで続けられるか不安なドラマでしたが
ここまでリタイアすることなく頑張っています。
マシンがはじき出す人間の保護というのもなんだか無茶な話だなと
ドラマの設定にはあまり納得がいってないのですが
ジョン・リースがかっこいいから許します♪
とにかくクールだし半端じゃなく強いし
もちろん目の保養になってまさに理想的オヤジ(笑)
フィンチとのコンビも犯罪捜査ドラマの基本である凸凹加減が絶妙だし!
リース君が頑張ってる限り、私もドラマ視聴頑張りますよ。

そんな強すぎるリース君の意外な一面が楽しめたのが今回のエピ。
マシンがはじき出したレイラは生後6か月の女の子でした。
早速フィンチとリースは、にわかパパぶりを披露。
赤ちゃんを抱っこするリースが違和感ありまくりだけど
優しいオヤジに変身していて素敵なんだよね。
だけどフィンチの家は危険がいっぱい。
レイラが爆弾を持ってにこにこしていたときは
本当にひやっとしました。
二人は赤ちゃんの親を探すのですが
母親は火災に巻き込まれて死亡。
姉夫婦に赤ちゃんを託すことにしたら
案の定狙われていた赤ちゃんは
フィンチの手から強盗団が奪っていってしまいました。

警察の方は釈放されたモレッティを
(ナッパさんだ!基本的に悪党なのになぜか「さん」づけで呼びたくなるキュートなオヤジです)
イライアスから保護することにしていたんですが
リースはレイラを見つけだすためにイライアスと直談判
モレッティの居場所を教えレイラを取り返すことができたと思いきやまた奪われて
結局手錠で冷凍庫に繋がれらリースは、レイラと一緒に氷漬けにされかけます。
自分はともかくなんとかレイラを守らなければと必死なリース。
最後はパワーで手錠を外して脱出、レイラを救い出し
いつもとは違った愛の深さが感じられしみじみしたのですが…

リースがモレッティの居場所を教えてしまったために
カーターの要請で現場に行った刑事が撃たれ
モレッティは連れ去られてしまいます。
この状況にカーターがお怒り。
警察を頼るべきだとリースに主張するのですが
この犯罪余地ユニット
NYPDや検察の立場から考えると実に迷惑だよね。
勝手にやるな!とあちこちから怒りの声が聞こえてくるのが目に見えそうですが
でもリースがかっこいいから許します(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント