INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S12-#2 「Bullsaye」

少女がコンビニで足を血だらけにして彷徨っているを発見される。少女は10歳くらいで、両手首を縛られレイプされていたが、一言もしゃべろうとしない。ベンソンが話を聞き出そうとしているとき、レイプ検査のためにカメラを持ち込むと、少女は「あいつも私の写真を撮った。」と言って怯え出す。
国勢調査のデータを手掛かりに、コンビニの近くに住む10歳の少女を探しているうちに、ピザの配達員の証言から少女はジェフとアンバーの家の娘であることがわかる。家に行くとジェフとアンバーはTVゲームに夢中で、ゲーム依存症のジェフは少女の写真を見せられると、少女はアンバーの連れ子のローズだと話し始める。アンバーとジェフはオンラインのゲーム大会で知り合ったが、アンバーは交通事故で頭を打ち、カプグラ症候群を患っていた。アンバーは脳の損傷で家族が別人にすり替わったと思い込み、ローズを見ても娘と思えず愛情を感じられなくなってしまっていたのだった。ベンソンはアンバーを署に連れて行き、まずローズの声を聞かせると、アンバーは娘であることを確認する。しかし耐えきれなくなったローズがアンバーの前に現れ抱きつくと、アンバーは「あんたは私の娘じゃない。」とローズを殴ってしまった。ローズはジェフに監禁され食べ物をもらえなかったが、自分を傷つけたのは別人で、お腹がすいて外で食べ物を探していた時、マスクをかぶり怖い声をした男に捕まり、ラフィータイムの庭で襲われたと話す。
ラフィータイムはキッズクラブで、大勢の子供たちが遊んでいる。ラフィータイムには男性職員はいなかったが、スタッフの息子のスチュワートが手伝いをしていた。スチュワートはヌ―ナン症候群と診断されていたが、2年前外で用を足していたら性器を見せたと思われ、性犯罪者登録をされていた。さらにCOAPはスチュワートを性犯罪者と警告する貼り紙を作っていた。
ベンソンは子供たちに空手を教えているエリックに会いに行きローズについて尋ねるが、内密に捜査を依頼したのに、エリックはマスコミにローズの写真を見せてしまう。するとまたレイプ事件が起きる。
母の迎えを待っていたマンディは、マスクをかぶった男に写真を撮られレイプされた。SVUは地域の性犯罪者の動向を調べるが、皆アリバイがあった。ベンソンはエリックの勝手な行動に怒るが、COAPの持つ情報を利用するために、エリックのコーヒーの誘いを受けることにする。ベンソンはエリックの家でワインを飲みながら、エリックが描いた妹のグレースの絵を見る。エリックは近隣の性犯罪者に彼らのPCを遠隔操作できるソフトを配布していて、ハードディスクの中身を覗くことができた。その中にマンディの写真を見つけ、持ち主のエドウィンを犯人に特定する。エドウィンは過去に2回少女へのわいせつ行為で逮捕されていたが、1年前に会った妻にはそのことを秘密にしており、地域にも貢献していた。
留置所に入れられたエドウィンは、突然警官に殴られる。警官の娘がマンディの友達で、エドウィンの行為に腹を立てての行為だった。罪状認否で判事はクレイゲンの監視下でエドウィンが警官に暴行されたとして、エドウィンの保釈を認める。するとエドウィンは妻が運転してきた車に乗ると一人で暴走し、車はトラックにぶつかって炎上、エドウィンは即死する。

エリックは性犯罪者の証拠が入ったハードディスクを、刑事が持つべきだと言ってステーブラーに渡します。ベンソンはマンディに犯人が自殺したことを伝え、空手を習えばとエリックを紹介すると、突然マンディは怯え、家に帰りたいと言い出します。ベンソンはレイプの真犯人がわかり、エリックに会いに行きます。
エリックの家に行くと、ベンソンはエリックに真実を話すよう要求します。エリックは警察に近づいて情報を収集し、捜査の対象が他の性犯罪者に目が向くようにしていました。しかし死んだはずの妹グレースが現れ、エリックのついていた全ての嘘が明らかにされます。エリックは他人の同情を誘うためにグレースを死んだことにしていた。グレースをレイプしたのはエリック本人だった。エリックは少女に会うたびに自分の気持ちを抑えきれなくなり、欲望と戦うが欲望が勝ってしまうと言い訳しますが、COAPでカモフラージュしながら少女たちを襲い続けていたのでした。エリックは逮捕され、グレースは自分の絵を引き裂き泣きじゃくります。

エリックってなんだか胡散臭いと思ったら
案の定レイプの真犯人でした。
警察にうまく取り入り性犯罪者の情報を入手すると
犯人を別人に仕立て上げます。
さらに自分が犯した妹を死んだことにして涙を誘っていたとは。
これでCOAPもすっかり信用を失いましたね。
しかし知的障害であることを無視され
性犯罪者登録をされているスチュワートや
過去の性犯罪のせいで犯人扱いされ自殺に追い込まれたエドウィン
またしても性犯罪者のレッテルを貼ることの良しあしが問いただされます。
マッコイさんの悩みはSVUが活躍しても消えることはなさそうです…
さらに実母の障害のせいで娘だとはわかってもらえず
同居する男性に虐待されていたローズも気の毒すぎ。
ローズはNurse Jackieのグレースでした。さすがの演技力です。
ついでにエドウィンはGleeの怪しいオヤジ?サンディでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント