INDEX    RSS    ADMIN

Combat Hospital #5 「ハッピーエンド」

レベッカはカンダハルに来る前に婚約者と破局したところで
彼女の妙に強気な部分はそんな過去も関係しているのでしょうか。

ボビーは肩の痛みを訴える軍曹を診察しますが
この軍曹がまた出た!Re:Genesisのウェストン。
この間Rookie Blueで暴れまくったばかりなのに。
カナダドラマの狭い世界が垣間見えます(苦笑)
ボビーは軍曹の肩のほくろが気になり組織の検査をしたいと言いますが
軍曹は任務に出なければならないと断ります。
がんを疑うボビーは大佐に相談。
軍医は診察の権限があると言われ、ボビーはもう一度軍曹に
検査をするから今回の任務に出るなと命じます。
ところが軍曹は部下が待っているので
任務が終わったら必ず検査に来ると取引きを持ち出してきたので
ボビーは軍曹に同意します。

その後軍曹は被弾して運ばれてきます。
自ら戦闘に突っ込んでいきヒーローとなったのですが
まるで自殺行為。
軍曹は自分の病気を悟っていたのでしょうか。
緊急手術の甲斐もなく、軍曹は息を引き取ります。
ボビーは自分を責めますがどうしようもありませんでした。

タリバンがNATO軍を攻撃。
民間人の結婚式が巻き添えを食らい、参列者たちが運ばれてきます。
その中には花婿もいて頭部を負傷。
花嫁を探してほしいと訴えますが、ここには運ばれてきませんでした。
通訳のヴァンスが花婿の願いを叶えてあげて欲しいとレベッカに頼みこみ
レベッカはイギリス軍の病院等に問い合わせますが見つかりません。
結局サイモンのつてで探してもらい
やはり怪我している花嫁を花婿の隣に連れてくることができました。
そして病室で結婚式。
ベッドに寝たままのイスラム式結婚式は異色でしたが
二人は幸せをつかむことができました。

大佐は奥さんと電話しているときに
「話がある。」と切り出されます。
ただならぬ雰囲気に嫌な予感がしていたら大佐のポケベルが鳴り
電話も切られてしまいます。
大佐は話の中身が気になって仕方ありません。
どうも落ち着かなくてエイダに相談。
最悪の場合離婚話かもと悩んでいます。
するとエイダは電話してみればと答えます。
意を決して大佐は奥さんに電話すると
子供が泊りがけで出かけることを許可したという連絡でした。
ほっとした大佐は笑みを浮かべますが
実は大佐はかなり小心者だったことが判明(笑)
単に奥さんに頭が上がらないだけってことかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント