INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order S8-#24 「窮地」

シーズンファイナルはまさにみなさん「窮地」に立たされた状態で
この仕事の大変さをより一層強く感じました。

少女のレイプ事件。
被害を受けた少女は口の中に大量の殺虫剤を噴射され、昏睡状態になっていました。
目撃情報で作成された似顔絵から容疑者として浮かんだ男性は
住民の袋叩きにあって警察に保護される状態で捕まります。
男は小児性愛の前科があったのですが容疑を否定。
男が弁護士を要求すると、まだ逮捕はされていないということで弁護士は付かず
先に病院で治療を受けることになります。
その後の尋問で男はレイプの自白をするのですが
警察の手順について、弁護士側からクレームが付けられます。
そのうち少女が住んでいたアパートの警備員が
殺虫剤を持っていたことが判明。
警備員は目撃情報を提供し、面通しで容疑者の特定もしていたのですが
実際にはこちらが真犯人でした。
マッコイさんは闘志をむき出しにします。

みなさんいろいろと大変
ヴァン・ビューレンは若手白人が先に昇進することに文句を言って
上司とシビアなバトルに。
警察社会にもまだまだ人種差別は残っているようです。
自分がここませ頑張ってきたと意見すると逆に脅され
でもヴァン・ビューレンは簡単にはへこたれません。

シフの検事長選挙が近づいてきましたが
相変わらずアンダートンの嫌がらせの被害に遭っています。
ライバルのフェルドマンが本件を担当。
容疑者が代わってもそのまま罪状認否を行うと言い出したので
マッコイさんが怒ります。
これは何としてでも勝たなければ。

そんなマッコイさんも吊るし上げに遭い
ロスが証言することとなります。
さらにロスは結婚を機に検事局を辞めると言い出します。
今のままでは親権を取られる恐れがあるからだそうですが
今度のダンナはまともな人物なんですかね?心配です。
こうしてロスは今回で降板。はっきり別れを告げてくれるとホッとします。

ブリスコーは娘を弔います。
毅然とした態度を取っていたけど、辛いよね。
カーティスも奥さんの病気が悪くなってきて
内勤をしたいと言ってたっけ。
(でも人手不足で却下されました)

こうしていろいろ抱えながら、いよいよS9
ついにカーマイケル登場です!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヴァン・ビューレンはタフですよね~、
これくらいじゃないと、警察のような保守的な男社会で仕事はしていけないんでしょう。

マッコイは、うまくフェルドマンを仕留めました。
意外なな策略家です。
フェルドマンが上司になったら、たまりませんもんね・苦笑

ロスの降板は残念です。
あのとんでも男が娘を引き取ったら、どうなるんでしょう。
再婚を知っての、タダの嫌がらせにしか見えないんですが。
シーズン10でゲスト出演というので、証言の内容がわかるんでしょうか。

マッコイが残留したところを見ると、彼女が犠牲になったんじゃ・・・、
と思えるんですけど。

ブリスコーは、娘を殺した犯人を捜し続けていますね~、
これもエピソードとしてどこかで出てくるのかしら。

ばらけた伏線がどのようにまとまっていくのか、シーズン9が
すぐに始まってくれるのが、救いです。

警察も検察も問題を山ほど抱えつつ、S8が無事?終わりました。
マッコイさんはしらっとS9に出てきてましたが、ロスは何を言ってたのかな?
いずれ明らかにされれるのでしょうか。
そして次に登場のカーマイケルも負けずに突っ走りそうなタイプで、またマッコイさんは苦労しそうです。
ヴァン・ビューレンの根性やブリスコーの意地、この先も続いていきそうですね。
なにはともあれシフが安泰でよかったです!
S9もじっくり楽しみましょう。