INDEX    RSS    ADMIN

In Plain Sight S3-#4 「FBIの情報提供者」

Universal Channelの放送終了が決定して
IPSが観られなくなってしまうのが一番ショックでした。
S5まであるのに…
せめてS3はきっちり最後までオンエアして欲しいと思っているんですが
大丈夫でしょうか。
毎回話の展開が面白いし、ゲストも豪華だし
そしてマーシャルが切ないんだよね!
今回もヤラれましたよ。マーシャルに…

デンバーの銀行の会計主任のアールが
犯罪組織の大規模なマネーロンダリングに関わる情報を持っていて
FBIの捜査に協力することにします。
FBIの担当捜査官フェイバーはアールの申し出に感謝しますが
アールが証人保護プログラムに入る必要があることを伝えておらず
メアリーとマーシャルがアールと顔を合わせたところで
アールは初めて証人プログラムの詳細を聞いて慌てます。
住んでいる土地や今までの人間関係を遮断しなければならないことを
アールは受け入れようとしません。
でも説得を続けて行くうちにだんだんその気になってきて
今度はアールは自宅で証人プログラムの詳細について
奥さんにあれこれしゃべってしまいました。
ところが自宅にはアールの証言を阻む者によって盗聴器を仕掛けられ
アールがメアリーたちと待ち合わせていた公園にFBIのふりをして先に現れ
アールを誘拐してしまいます。
ここで今まで偉そうな態度を取り、メアリーたちの話を全く聞き入れなかったフェイバーが反省。
奥さんにひっぱたかれてなんとかアールを探しだそうと
メアリーとマーシャルに全面協力します。
台帳のありかを吐くように脅されたアールは危うく命を奪われるところでしたが
メアリーたちの推理が当たって無事に保護されました。

任務に入る前にマーシャルは、メアリーが指輪をしていないことに気付きます。
しかもメアリーはかなり不安定。
フェイバーと激しくぶつかっていて、詳細が効き出せなかったマーシャルですが
車の中で二人になったとき、ようやくメアリーがラファエルと別れたことを聞き出します。
マーシャル絶句!
沈黙が嫌なメアリーは、いつものようにマーシャルにうんちくを垂れてほしいと頼みますが
マーシャルは返す言葉がありませんでした。

有名な議員を父親に持つフェイバーは
捜査の合間に自分が父に似てきたとメアリーに話します。
事件が解決したときにはすっかり打ち解けて
フェイバーはメアリーにまた会おうと声を掛けます。
メアリーがぼやっとしているとマーシャルがデートのお誘いだと助言。
メアリーは今は別れたばかりで余裕がないと言い訳しつつも
フェイバーの誘いを断りはしませんでした。

マーシャルのメアリーへの接し方は
パートナーとしての優しさか、それ以上なのか
S2ファイナルでメアリーが撃たれたとき大泣きしたマーシャルを見て
本当にメアリーのことを大切に思っているんだなと痛感しました。
あの切ないマーシャルを見ていると今回の流れも
メアリーの婚約破棄に激しく動揺し
でも決して自分の考えを言うわけではなく
フェイバーのデートのお誘いをサポートしているくらいですから
かなり無理してるんじゃないかななんて勘繰りたくなってしまいました。
自由奔放なメアリーを陰で支えるマーシャルの姿を安心して見ていられますが
マーシャルにも幸せになってほしいな。
二人の関係が進展することがいいのかどうかわからないけど
やっぱり末永く見守っていきたい。
だからドラマ打ち切りは困るんですよ!
何とかしてください!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント