FC2ブログ

Homicide S7-#15 「陰謀」

やっとクロスオーバー後半を観ました。

これで3回目のクロスオーバーですが、
今回初めてホミの方にこれがクロスオーバーであることの但し書きや
簡単なエピガイがテロップでアップされます。
ちなみにこの頃は「ロウ&オーダー」と表記されていました。

homicideintro.jpg

パーセルからジャニン・マクブライド殺害の詳細を聞き出す前に
自称マクブライドの恋人のバークスがパーセルを射殺したので
追求が止まってしまいます。
しかもバークスがFBIに連れて行かれてしまったため
納得のいかないマッコイさんとダンバースは独自に捜査再開。
ブリスコーとカーティスも一緒に動き始めます。

パーセルの過去を洗っていくと数々の殺人事件に絡んでいて
彼女がヒットマンであることが判明。
彼女を刑務所内で動かしていたドラッグの売人で終身刑の男ボイスに
事情の説明を求めます。
パーセルの携帯でのボイスとの通話はホワイトハウスにもつながっていて
元連邦捜査官で今は私立探偵をしているドーキンズが
背後に絡んでいることがわかります。
ドーキンズに頼まれたマクブライド殺害を
ボイスはパーセルを通して実行。
遺体をNYへ持って行って自殺に見せかけたのは
パーセルがブロードウェイでライオンキングを見たかったからで
チケットも報酬の一部に入っていたという経緯がありました。

マクブライドはレズビアンだいう話が納得できないバークスは
油断しているうちに獄中自殺してしまいます。

その頃ダンバースが連邦判事の候補者に選ばれるというニュースが入ってきて
マッコイさんも喜んでいましたが
事件の捜査が続くうちにジャデーロ息子から裏情報が入ってきて
今度はダンバースがデル独立捜査官の嫌がらせに遭います。
それはダンバースが未成年の頃白人のギャング組織に加入していたという事実でした。
事件を起こした後ダンバースは反省して今の職についたということで
今回はそれ以上追及されませんでしたが、相変わらずデルはしつこいです。

マッコイさんとダンバースはホワイトハウスの報道官のべルナルディから事情を聞きますが
実はべルナルディとL&Oにも出てきたレイナーが付き合っていて
レイナーとマクブライドが付き合いだしたのでべルナルディが嫉妬して
マクブライドを遠ざけたいとドーキンズに持ちかけたことを
べルナルディ自身が自白します。
ホワイトハウス内「Lの世界」が展開していたらしいです。

こうしてドーキンズは逮捕されますが、またしつこいデルが出てきて
ドーキンズを連れて行ってしまいます。
デルが行っている不正を暴く一環に関係していたようで
結局法廷でマッコイさんやダンバースが熱弁をふるうチャンスはなく
みんなで拍子抜けなエンディングでした。
デルの思い通りに事が運んだという結末。
その前のデルの嫌味がまた強烈で
くだらない事件を扱ってる地方検事は野蛮人扱いですからね。
マッコイさんはよく耐えてました。

でもブリスコーはますますボルチモアの人たちと仲良しになり
(ベイリスとの再会を喜んでました)
シェパードはカーティスはいい男だと思い
(でも妻帯者だとルイスに念を押されます)
マンチはこの事件を映画化したいと
相変わらず調子に乗ってました。

L&Oとホミのクロスオーバーはこれでおしまい。
全く別のドラマなのに、キャストが混ざり合っても全然違和感がないことがすごかった。
だからマンチがSVUに来れたんだよね。
次はS10のSVUとのクロスオーバーです。楽しみ!!
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

うううう~~~ん、
デルの悪事は暴かれなかったんですね、
なんだかなあ。

まあ、クロスオーバーの楽しみは、おなじみのキャストの掛け合いだったりするので、
その分では贅沢ですよね。

シーズン10も楽しみにしています。

2013/01/13 (Sun) 21:44 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

デルは相変わらず嫌味言いまくりで偉そうなまま去って行きました。
政府のお偉いさんには地方の検事たちは口出しできないってことでしょうか。
ともあれマンチとブリスコーがますます仲良しでよかったです(笑)

せっかくのクロスオーバー、スパドラでセットでオンエアしてくれないかなぁ。

2013/01/14 (Mon) 12:12 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ