INDEX    RSS    ADMIN

Blue Bloods S2-#22 「母への思い」

シーズンファイナル。
それなのにNYに生物テロの危険性が勃発。
フランクは騒ぎを大きくしたくないと視聴にせっつかれても
かたくなに黙っていることにします。
一方ダニーとジェイミーは捕まえてきた強盗犯をどちらが尋問するかで
署内で激しい兄弟喧嘩。

テロの恐怖は相当緊迫感が漂っていたので
このまま危険な事態でクリフハンガーだったらどうしようと嫌な予感でしたが
案外あっさりと回避できてほっとしました。
このドラマって結局大事に至らないんですよね。
とはいえフランク妻でみんなの母や次男ジョーを亡くしているのですが。

母の日の前のエピってことで
兄弟喧嘩の矛先もジョーの死や家族の関わりにつながってきてしまいます。
そんなときお怒りダニーをいさめるのがよくできた嫁のリンダ。
このNYを牛耳るレーガン家に嫁いできて
ダンナにはときどき腹を立てつつも
舅や小姑とぶつかることもなく
穏やかに日々を過ごしていることは本当に立派だと思います。
ウォーカー家のスコッティと並ぶ偉さだよね。
そんなリンダがADAをやってるL&O TBJも早く観たいんだけど
とりあえず本家を完結させてから。
スパドラさんがついでにオンエアしてくれたら
とてもありがたいんですけど…

最後はいつものように家族の食事で
ほっこりと穏やかに締めくくられました。
本来ならS3に続くんですが
なにしろユニバーサルがなくなってしまうので、これで終了。
クリフハンガーでなかったことに感謝でしょうか。
他のドラマに比べると若干人気&知名度も低い?ので
どこかで続きを拾ってくれるのかも微妙です。
ダニー=Donnieのファンなので
彼の姿を堪能できてよかった。
正直なところ、大好きなNYをレーガン一族に支配されるのは困るんですけど(苦笑)
こんな形のファミリードラマもあるんだなと勉強させてもらいました。
あまり期待せずに、S3も観れたらいいな!とつぶやいておきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント