FC2ブログ

もっと「デンジャラス・ウーマン」

あまりにも不思議なL&Oのデンジャラス・ウーマンを語っているうちにどうしても観たくなって
レンタル店をチェックしたら在庫がありました!
早速レンタル。

corruption1.jpg

ディスクはまさにJulia Roberts作品。
どこにもL&Oの影はありません。

早速ディスクをセット。
何の前触れもなくテーマソングが始まりますが
信じられないくらいショートバージョン。
クレジットもBenjamin Bratt,Jerry Orbach,Sam Waterson,Julia Robertsの4名だけ。
後は無視されています。
ここで大事なのはマッコイさんがWaterstonじゃなくてWatersonになってること
ホミでもWatersonに間違えられましたが
これはL&Oなんだから正しくクレジットしてもらいたい。
製作側では監督のMatthew Pennの名前は出てくるんですが
一番大事なDick Wolf氏は完璧無視されていて、あんまりじゃないですか。
で最後にFROM THE FILM OF LAW AND ORDERとようやく断り書きがあり
「CORRUPTION EMPIRE」というオリジナルタイトルが出てきます。
どこがデンジャラス・ウーマンだ??
その後Empireが始まり(当然オープニングタイトル部分はカットされます)
法廷前でカーティスとラドローが別れた後
唐突にCorruptionの深夜の囮捜査が始まります。
でラストはいつものL&Oのエンディングですが
これってCorruptionの部分だよね。
Empireのエンディングは消えてしまいました。

これはL&Oを手っ取り早く知ってもらうための作品で
アカデミー賞受賞女優Julia Robertsが出てますよということで
ビデオ化してしまったようです。
日本で適当に作ったものでないことははっきりしましたが
だったらもう少ししっかりL&Oにしてもらいたかった。

特典映像で2種類のトレーラーが見られますが
海外用トレーラーはEmpireとCorruptionの切り貼りごちゃ混ぜ状態。
いきなり怯えミゲルが観られるのはご愛敬ですが
でもとりあえず警察と検察、法と秩序のドラマであることは伝わってきます。
ところが日本版トレーラーを観てびっくり!
このおめでたBGMは何?と首をかしげているうちに
映像はカーティスとラドローばっかり。
「レイ、愛してる。」ってそりゃ違うでしょ!!
クライム・ラブロマンスのトレーラーにねつ造されてしまいました。
Juliaの次のラブロマンス作品が観られる。
しかも相手は本物の恋人Benjaminでしょ!と期待してレンタルしたら
怒り大爆発だよね。
あまりにも勘違いのトレーラーは、これだけでも一見の価値があります(笑)

さらにキャスト・スタッフのクレジットが観られるのでチェックしたら
マッコイさんはあくまでもWatersonだと思いこまれています。
そして「ローアンドオーダー 切り裂かれた死体」というTVMが存在していることが判明
早速検索をかけたら、あのローガン出演作Exiledが
このタイトルでWOWOWで放映されていたことがわかりました。
すでに日本語字幕付いてるなら、ケチらずにまた放映して欲しい!
WOWOWにお願いすべきかな。

こちらのDVDは字幕版と吹替版の両方が楽しめますが
マッコイさんの声を牛山さんが担当していたのは奇跡でしょうか?
牛山マッコイはすでにこのとき決まっていたんですね。
ついでにブリスコーは稲垣隆史さん、カーティスは井上和彦さんが担当しています。

さらに調子に乗って外国の「デンジャラス・ウーマン」をチェックしてみましたよ。

law-order-corruption-empire-dvd-cover-art.jpg

イギリス版
なかなかL&Oっぽい感じでしょ。
これなら勘違いしないですみそうです。

corruption2.jpg

オーストラリア版
とってもL&Oなんですけど、キャストが違うでしょ。
ジャケットだけ勝手にS10に進んでいます。
いかに正しく理解されていないか、日本も一緒だけど。

corruption3.jpg

イタリア版
これは日本に近いJuliaバージョン。
でもトーンがサスペンスチックで、ラブロマンスじゃないところで勝ってるかな。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
リィン  
確かに、デンジャラス!

ゴメンなさい・・・笑わせていただきました~!
で、最初に・・・Watersonの件ですが・・・
本国では、司会者がsamをこの名で紹介しているシーン、数回見たことあります。
ウ~ン、こっちでも通用しているのか?などと考えてしまった次第です。
最初聞き間違いかなって思ったのですが、Watersonでした。
あまり拘らないのかも?

で、デンジャラス・ウーマン・・・私、怖くて見れませんわ。
ファンが期待して見たら、必ず!怒り心頭で笑うdvdって伝説化してますし。
記事読んで大いに納得!です。

『Exile』・・・私、視聴しましたが(字幕なし)
ウ~ン、ローガンファンは見てもいいけど・・・な感じでしたよ。
マッコイさん期待して視聴したら、1分ほどの出演で泣きました。
ローガンとカーティスの、前妻vs現妻バトル、はありますが・・・
ちょっとオロオロ顔のブリスコーは、面白かったですよ。

さてもうすぐS18開始ですね!
カッター君登場!!ファンな方々は、待ちに待ちました!ですよね~。

2013/01/26 (Sat) 11:43 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
実にデンジャラス!(笑)

おかげさまで、デンジャラス・ウーマンについて造詣が深くなってしまいました(笑)
L&Oを知らずに観るのと知って観るのでは大違い。そして当時ジュリアのラブロマンスだと強引に売り込もうとした日本での販売に、それなりにご苦労様と言いたくなっています。
もちろん今から観る必要はないですが(爆)

マッコイさんのお名前の謎。発音的に「t」は要らないのでしょうね。だからt抜きも許される?
でも同じL&Oなんだから…というツッコミはしたくなります。
そしてExileご紹介、ありがとうございました。
マッコイさん瞬間登場なのはがっかりですね。
日本で放映の実績があるなら、いつかきっと再現できる!と気長に待つことにします。

S18、本当はもう一度観たいけど余裕がない!
それよりいわゆるニューシリーズのDVDの続きの発売予定はあるのかな。
今度こそ買ってそろえたいと思ってるんですけど。

2013/01/27 (Sun) 11:37 | 編集 | 返信 |   
リィン  
謎の「t」

「t」問題、英語発音?な私に、納得の御説明、有り難うございます。
やはり、大らかな方々の仕業では?
キャッチの「コレを見ずして、アメリカは語れない!」でしょうかね(笑)

DVD続き情報、私は入手していないのですが
多分、出ないだろうと思っています。S1以降、吹替版無いし・・・。
字幕版を購入する人は、余程熱いファンでしょうが、多いとは思えないし。
つまり、販売しても利益が望めないのでは?と思っています。
『L&O』本家、ローチ&シスト人気が、現在では最も多いと思うし。
販売に力入れるのなら、やはりS18~20でしょうね。

ニューシリーズ1&2購入しましたが、
未放送分やインタビュー等の特典なしで、ガッカリでした。
もう映像が綺麗なだけ!が救い・・・。
まぁマッコイさんの為なら!!!ですがね(苦笑)

S1以降の吹替え、本当に無いのかなぁ??

2013/01/27 (Sun) 15:52 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
ニューシリーズ部分だけかな?

「t」問題はマッコイさんが納得しているならいいけれど。

そしてL&ODVD化計画。「ニューシリーズ」といってS15から発売したってことは、1~14は新しくないから出さないぞってことなのかなと諦めています。でもS1は一度出てるんですよね。
どうも販売の仕方が中途半端で…
ルポカタのために、せっかく吹替版も作ってあるのだからS18~S20は出してもらうことにして…それだけは是非実現してもらいたいです。
特典なしはちょっと寂しいですね。SVUも吹替版(S1しか存在しないけど)ができる前にDVD化され、結局S5まで出たところで止まっています。
とりあえずどんなドラマかを知るにはそれでいいのかもしれないけど、DVDで海外ドラマを視聴しているファンのためには、是非その先も出してもらいたいです。

2013/01/28 (Mon) 19:40 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ