INDEX    RSS    ADMIN

CSI:NY S8-#2 「ロックな恋人」

マックはやっぱりCSIに戻ってきましたね。
前シーズンのクリフハンガーのおかげでレギュラーが欠けるかと思いきや
次シーズンに何事もなく戻ってきてしまうのはドラマのお約束。
でも周囲は騙されたりヒヤヒヤしたりするわけで
クリマイでは突如死んだはずのプレンティス復活で
リード君はすっかり気を悪くしていました。
今回は賭けのネタにしちゃっていいのかな?なマック復活。
でもダニーは巡査部長のままでした。
だから制服姿のまま。
彼なりに昇進したんだからこのままでいいんですけど
ダニーがラボにいないのはなんだか寂しいし
まだ制服にちょっと違和感も。
思い切って刑事になってスーツでもいいのでは?

射殺された大学生マイケルの周りに20ドル札がばら撒かれていた事件。
これもいつも思うことなんですけど
テレビでこんなに丁寧に偽札の作り方を教えてしまっていいんですかね。
紙幣の紙そのものが同じなら偽札だとばれにくいこと。
さらに高額紙幣でなければ店もチェックしないこと。
なるほど…と学ぶ部分も大きかったんですけど。

でもどうしても納得できないことが一つ。

ギブソンのビンテージギターを20ドル札束で買いますか??

あり得ないでしょ。
値段は2000ドルだったっけ(それじゃ普通のギターだけど)
本来ならもうひとつ0がついただけでは足りません。
それを20ドル札何枚持てば買えますか。
子供のお使いじゃあるまいし…
ルームメイトのジョシュの手作りの偽札だから、いくらでも渡すことができたんだけど
全然怪しまないマイケルも変だし
札束で支払われたところでギターを渡してしまう店員も変だし
話の展開が無茶だなと思ってしまいました。

っていうかギブソンのビンテージのレスポールは
もっと大切に扱ってください!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント