FC2ブログ
Top Page › Law&Order › Law&Order S10-#11 「最後の約束」

2013 · 02 · 06 (Wed) 19:53

Law&Order S10-#11 「最後の約束」

公園で女性の悲鳴が聞こえたと隣人が通報。
公園を調べに行くとと血の付いた服と眼鏡が発見されます。
眼鏡はカレンのものでしたが、一人暮らしの彼女は統合失調症を患っていました。
そのうちカレンの遺体が、海の近くのコンテナの中から発見されます。
カレンはレイプされ首を絞められたと思われましたが
遺体には服が掛けられていました。

残された証拠や周囲の者の証言から
容疑者として挙げられた男がライカーズから出所してきたハーベイ。
彼は双極性障害と診断されライカーズを出入りしていました。
ハーベイの逮捕に際しては本人を脅かさないようにと両親の確認を取り
主治医も呼んでヴァン・ビューレンは細心の注意を払ったのに
よくわかってない制服警官が発砲して焦りました。
かすり傷でよかったけど。

統合失調症の女性を殺したのは双極性障害の男。
取り調べがとても難しくなってきます。
ハーベイが話していることがどこまで真意なのかわからず
マッコイさんは死刑を宣告したくても精神障害で片付けられてしまったら
なすすべがありません。
スコダはハーベイを診察して責任能力を持っていることを確認。
すると弁護士のメルニックは(彼女は時々出てきますね)
ハーベイの投薬をストップさせてしまいます。
薬を飲んでいればきちんと話ができても
薬を断ってしまったら不可能になってしまいます。
それこそ責任能力がなくなりますが
これは本末転倒と判事も判断してくれて
投薬は再開されました。

カレンがレイプされたかどうか
本人から確認することはできず
ハーベイが同意の上だといえばレイプを実証できません。
難しい局面を迎える中で、カレンの家の壁にハーベイの写真が貼ってあるのが見つかりました。
二人は近くの施設に入っていたことがあり知り合いだった。
そしてハーベイの話では二人は愛し合っていて
しかしカレンは自分の将来を憂い、死にたいと考え
ハーベイがそれを手助けしたのでした。
純粋な愛ゆえの行動だったのかもしれないけれど、悲し過ぎます。
カレンもハーベイも両親がいるのに放置状態で
病気と闘っていかなければならなかった。
環境が異なっていたら不幸は生じなかったのかな。
いつもながら難しい問題です。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

結局、
哀しい純愛ドラマだったんですね=。

すべて病気のせい・・・。
親も手の打ちようがないし、
何ともやり切れませんでした。

>弁護士のメルニック
このおばさん、いいですよね=。
憎々しげで・爆
でも、いい人もちゃんとできるんですよね(当たり前・苦笑)。
そのコントラストが、とっても好き。
洋服の着方とか、とっても参考になります。
2013-02-07-18:21
くーみん [ 返信 * 編集 ]

L&Oを観ていてどうにもならないやるせなさにどっと疲れが出てしまうことが多々あり
このエピも辛すぎました。
治る病気なら希望もあるけれど、薬で症状を抑えるしかなければ落ち込みも激しくなるし・・・
なんtとかならないのかな。

L&Oの弁護士&判事の方々
マッコイさんの敵であっても、なかなか魅力的なキャラが多いです。
そして本当に大勢の人が法廷に関わってますね。
とんでもないドラマです。
2013-02-07-20:30
Garoto [ 返信 * 編集 ]