FC2ブログ

In Plain Sight S3-#8 「マーシャルの父」

ついに噂?のマーシャル父のセスが登場。
ファルコン作戦とかで合同捜査に当たることになりますが
セスは密かに息子マーシャルの査定に来たようです。
マーシャルはすごくやりにくそう。
だってあまりにも雰囲気が違いすぎるんだもん。
父親は直球勝負って感じで、ウンチクを垂れる様子もなさそうだし。

メアリーはこの親子の関係が興味津々で
3人で捜査を開始するとあれこれ聞き出そうとしますが
ますます険悪な雰囲気になってしまいます。
追っていた容疑者のアジトを見つけたとき
3人の容疑者のそれぞれを3人が追いますが
メアリーは捕まえたものの、
セスは若者を追うには体力が足らず
マーシャルは出てきた車に乗っていた青年の姿に戸惑ってしまいました。
彼はかつてメキシコからの麻薬の密輸に関わり
証人保護の対象になっていたビリーでした。
マーシャルはビリーに高校生としての再出発の手助けをします。
「一事が万事」であることの大切さを伝えながら。

セスは事件にマーシャルが担当している人物が関わっていることが不満。
やりにくくてたまらないマーシャルはメアリーとともに
別に捜査を続けようとします。
現場から金を持って逃げ出したアンバーがビリーとかかわりを持ち
ビリーはマーシャルを信じ、マーシャルに助けを求めています。
マーシャルはビリーを救おうとしますがセスの邪魔が入り
セスはさっさとアンバーを逮捕してしまいました。

おっかないオヤジに尋問されてもアンバーは黙ったまま。
そこでマーシャルが変わると、アンバーは事情を話し始めます。
アンバーは真犯人のリアムを呼び出すことに協力しますが
それとは別にビリーがリアムにコンタクトを取ったため
リアムは警察の動きを知ってしまいます。
お互いが銃を構える中で、リアムに狙われていたセスを救ったのがメアリーでした。

ビリーがアンバーに語った一事が万事は
セスがマーシャルに教えた言葉でした。
そしてセスはマーシャルが子どものときに描いた絵を
ずっと大切に持っていました。
父は息子を理解していないようで
ちゃんと気にかけていてくれたのです。
メアリーの蒸発した父とは対照的。
ピーターから借金をして姿を消したブランディが連れてきた男性が
メアリーとブランディの腹違いの弟なんだそうで
ますます複雑なことになっています。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ