INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S12-#10 「Rescue」

ジルが自宅で開いていたパーティで、酔い潰れていたケイトリンの顔に、みんながペンで落書きをする。ジルはみんなを帰しケイトリンを起こそうとすると、ケイトリンは頭皮から出血していた。犯人はケイトリンの頭を鏡にぶつけ、ソファに突き飛ばしたようだ。SVUの事情聴取に対し、ジルはケイトリンはパーティに招待されておらず、みんな彼女を恨んでいたと話す。
ケイトリンは病院に搬送されるが死亡する。死因は硬膜下血腫で、脳出血の後呼吸停止した。レイプの痕跡があり、青い物質が検出される。
ケイトリンは3年間に自分が寝た15人の男性の情報をパワーポイントにまとめ友人に見せるつもりだったが、それがネット上に流出したため嫌がらせメールを受け取ったり、広告会社を辞めさせられたりしていた。被害者の男性たちはそれなりに不満を持っていたが、中でも唯一恋人のいるアッシュは、浮気をばらされたことを怒っていた。アッシュの恋人がジルで、ジルはケイトリンのせいでアッシュとの仲がこじれたと彼女の死を喜んでいた。ジルがケイトリンをパーティに招待していたメールも見つかる。SVUに追求されたジルは、ケイトリンを殺す気はなく恥をかかせたかった。ケイトリンと口論になった時、彼女がつかみかかったので突き飛ばしたら鏡にぶつかった。ケイトリンが血を流していたのでパニックになってソファに放置したと白状する。しかしレイプ犯は別人だった。
レイプ検査の結果、ケイトリンの体内から除細動器専用ジェルと医療用手袋のパウダーが検出される。ケイトリンをレイプしたのは救命士らしい。
ケイトリンを搬送したのはベテラン救命士のオドゥールと若いティンタだった。オドゥールは何度も表彰を受けていたが、ティンタはかつて恋人がレイプされたと通報してきたり、患者を搬送中のわいせつ行為で訴えられたことがあった。ベンソンとステーブラーはオドゥールたちにケイトリンの搬送の確認表を見せるように問うと、二人は出動してしまう。オドゥールはティンタをかばっているようだ。二人が救急活動を行った近くで、盗難事件が頻繁に起きていたことも確認された。二人は秘密を共有していると思われた。
自宅の内覧会を行っていたドノホは、不安発作を起こしてオドゥールたちの救急車で搬送された。その直後ドノホ夫人の指輪が紛失するが、夫人は内覧者の誰かが盗んだと思っていた。ステーブラーらはオドゥールを事情聴取し、オドゥールが救命活動中にドノホ宅のトイレを借り、指輪を盗んだことを自白させる。オドゥールは生活に金がかかるため盗みを働いていたことを認め、ティンタの起訴への協力を約束する。
フィンとステーブラーが張り込んでいると、オドゥールとティンタはカフェに入る。オドゥールは昨日ティンタをかばってやったことを確かめた後、ティンタが過去に救急車でレイプした女性のことを話すように仕向ける。ステーブラー達が踏み込んだときティンタはオドゥールのワイヤーを見つけ、カフェから飛び出すと救急車に閉じこもる。そして薬を首に注射して自殺する。

ベンソンがカルビンにランチを渡して見送ろうとすると、カルビンは美術の時間に描いた絵をベンソンに渡します。絵はベンソンの姿が描かれ、Calvin Bensonと署名されていました。ベンソンはカルビンにビビアンや父親を探していると話すと、カルビンは父の名はデビッドで、ママが追いだしたと伝えます。
ベンソンはカルビンの父親を探すために、カルビンのDNAサンプルをラボに送るつもりでしたが、デスクの中に入れっぱなしにしていました。ステーブラーが見つけてラボに送ります。
ドノホ家を捜索中に、室内にビビアンと友人のサラの指紋が見つかります。ビビアンはNYを出ておらず、内覧会で盗みを働いていたと考えられます。ベンソンはビビアンを見つけようとしますが、クレイゲンはベンソンは息子の養育者だから捜査から外れるように命じます。ジリアンも10年以上ベンソンと組んできたステーブラーに、事件から手を引くよう促します。フィンとマンチがドノホ家へ行き、ビビアンがクレアと名乗って内覧会に来ていたことを確かめますが、ベンソンはカルビンの学校に行くふりをして、一人でビビアンを探します。
ベンソンに発見されたビビアンは、ベンソンが自分の家に踏み込んできて全てを壊したと怒り、サラと一緒にいる自分は幸せだと話します。バーロック殺害について尋ねると、バーロックの家に招かれたビビアンは、キッチンで見つけたフライパンで彼の頭を殴って殺し、すっきりしたと自白します。だがベンソンとステーブラーはビビアンを尋問したことでクレイゲンに叱責されます。
そこへサラが、バーロックはビビアンではなく自分が殺したと出頭してきます。ビビアンはサラを愛していて、サラは自分のためにバーロックを殺してくれたと話し始めます。ビビアンはサラとリハビリ中に出会い、運命の相手だと感じました。だが二人ともクスリに逃げ、ビビアンが父の姿を知った時、サラはビビアンを救おうとしてバーロックを殺害したのでした。
罪状認否でサラは殺人罪、ビビアンは窃盗罪に問われます。その直後法廷から車に乗ったサラは何者かに撃たれて死亡します。サラがバーロックを殺したため、バーロックに操られていたギャンブルが復讐のためにサラを殺したと疑われますが、ギャンブルは現場を見ており、男がサラに近づいて3発撃ち、サラの顔につばを吐いたと供述します。
顔に付いた唾液のDNAはカルビンのDNAと部分的に一致、カルビンの父親のデビッド・ドラッガーのものでした。デビッドはサラを撃ったことを認めます。デビッドはビビアンにリハビリを勧め立ち直らせようとしましたが、サラと出会ったビビアンはまた依存症になり、カルビンを連れてサラの所へ行ってしまいました。デビッドが戻ってきてほしいと思っても叶わず、妻と息子を奪ったサラをデビッドは撃ち殺したのでした。
児童保護局がベンソンに、カルビンの法定後見人の権利を取り消す書類を渡します。デビッドが自分の両親を、カルビンの後見人に選んでいました。カルビンはベンソンと離れたくないと叫びますが、ベンソンにはどうすることもできませんでした。

恋人の浮気相手を殺害した事件に
救命士に因るレイプ事件のおまけつき。
救命士ファンとしては悲しいです。
ドラマには悪徳警官も出てくるから
犯罪救命士がいても仕方ないけど…
これって青い瞳のトビーが発見してくれたら
どんな説得をして逮捕にこぎつけたのかな。
同業者なら違うアプローチがあり
ティンタがさっさと自殺せずに、きっちり供述が取れたかも
法廷に持ち込めない展開は不満が残ります。

でも救命士が患者にわいせつ行為で訴える話って
TWカルロスも被害に遭いましたね。
あれは全くの誤解だったんですが、カルロスは相当へこんでたっけ。
救命士の仕事って一刻を争うし、大変なんだから。
だからって犯罪に走ってほしくなかったな。

後半はビビアンの事件のその後。
バーロックを殺害したのがビビアンの恋人サラだとわかったら
今度はビビアンの夫がサラを殺害します。
これって今週のL&Oでトム・べレンジャーの出演エピ「不実の犠牲」と
途中の流れが似てたかも。
本家の方は本当に妻の恋人を恨んでいたのは娘でしたが
妻が浮気した相手が女性だと、夫は相当堪えるんだろうな。
ベンソンがカルビンをずっと育てるのは難しいと思うので
これでよかったのかも。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント