INDEX    RSS    ADMIN

In Plain Sight S3-#9 「マフィアの娘」

メアリーが担当したのはマフィアの生活に嫌気がさしていたミア。
ミアは家族での食事中悪態をついたことから従兄弟に命を狙われますが
逆に従兄弟を射殺してしまいます。
そして一族の悪事をばらすと証人プログラムを適用してもらうことになるのですが
ミアは家族にも内緒にしていたステージ4の脳腫瘍で
もう先が長くないことがわかっていました。

ミアの証言の決意は固かったのですが
検察はミアの健康状態から裁判が長引けば無理だし
今の時点でも確かな証言が得らると思えないと却下してしまいます。
ミアの思いが理解できたメアリーはミアの保護だけでもと考え
安全な生活を保障することにします。
ところがメアリーの態度に憐れみを感じたミアは
逆にメアリーを突っぱねてしまいます。
そのときミアの病状はかなり悪化していました。

ミアはメアリーに大事に思っている姪に会いたいと頼みます。
もう今しかチャンスはないとわかっていたメアリーは
一族の集まりの中にミアを連れて行きます。
そして姪との時間を確保してあげると
ミアは姪にここから逃げ出して自由に生きるようにと諭します。
その後ミアは息を引き取ります。
メアリーは大切な朋を失ったと落胆します。

マーシャルが担当していたパトリックはプログラムが終了することになり
マーシャルは最後の小切手を渡しに行きます。
すると部屋に高価な絵が飾ってあるのを見つけ
マーシャルは不審に思います。
再度フィリップの家に行くと、そこにはビルという男性が来ていました。
マーシャルはパトリックの通話記録などを調べて行くうちに
ビルがフィリップの恋人であることに気付きます。
他人を連れてくることは危険なのに。
マーシャルは二人で別の州に越すことを提案しますが
ビルはOKでもフィリップはカミングアウトできずにいます。
マーシャルはまずビルに素直に自分の気持ちが打ち明けられるようにと勧め
フィリップはちょうど通りかかった隣人に
ビルを愛していると伝えることができました。
フィリップは一歩前進、これでビルと幸せに暮らせることでしょう。

ジンクスはブランディが連れてきた腹違いの弟スコットに会い複雑気分。
最初は元夫への怒りを強めていましたが
スコットを受け入れることができました。
メアリーとジンクスは家族のありがたみをかみしめます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント