FC2ブログ

Law&Order S10-#24 「正義の行方」

アパートの階段で老人が死亡。
その生活に疲れているような老人の死が
まさか国家間の関係を揺るがしかねない騒動に発展していくとは。

殺されたホイットマンは、息子ジェイソンがチリで殺害された事件の真相を追っていたんですが
親にとっては優しい息子で
サンティアゴでもラジオ局で働いていたってことでも
当局にとってはゲバラに傾倒した危険分子
処刑の対象となっていたのでしょう。
今NYで事件の真相が暴かれることになり
マッコイさんが信念をかけてどんどん突っ込んでいきますから
関係していたパントーヤ大佐は口をつぐみたくなることが多々あり
結局証言は無視されて有罪に。
するとマッコイさんたちはDCに呼び出されてしまいました。

ここで失敗するとシフが責任を取ることになるのでしょうか。
マッコイさんは全ての人が持つ生きる権利を主張。
だからどんな立場に置かれていても殺人は罪だとはっきりと唱え
そのための法の順守を力説します。
マッコイさんの力強い言葉に感動させられたフィナーレでしたが
それでどうなったのか分からずにおしまい。
クリフハンガーにされてしまいました。
L&Oのことだからきっと次シーズンこの件については
一言触れるかどうか位なんだろうな。
シフ引退はわかっているので何か説明はあると思うけど。

そんなわけで偉大なるアダム・シフ
10シーズンご苦労様でした。
最後の最後まで伝説の人物でしたからね。
次の地方検事ルーウィンってあまり印象に残っていないのですが
マッコイさんとの絡みを楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント 3件

コメントはまだありません
俄フェレリスタ  

こんばんは。連投で失礼します。
前回はロシアンマフィア、今回はチリの過去のクーデター…。
いやぁ、シーズン最終回とあって、S9最終回に引き続き、大がかりなネタを持ってきましたね。しかも、OZのRebadowが出てたし。
チリやアルゼンチンには、軍事政権が何万もの市民を誘拐・拷問・殺害した過去があります。その時にチリにいたアメリカ人が、拷問・殺害される…という今回の話、Sissy SpacekとJack Lemmon主演のMissingを思い出しました。
この問題は、今も両国で尾を引いてるそうです。家族の生死が判らなくて辛い思いをしてる人が両国、そしてアメリカに何人もいるんでしょうね。可哀想だなぁ…。時の政権下の責任者は、誰がなくなったか洗い出す等、その罪を償ってほしいものです。
最後は…え~!! これで終わり? Adam Schiff the Greatとは今回でお別れなので、何らかの経緯があるか、と思ってました。このエピ制作時は、まだSteven Hillの降板話がなかったのかな。
でも、1ドラマが裁定をどうこうできるような問題ではなかったのでしょう。視聴者の皆が各々この問題を考えてくれ、という所ですかね。
Adam Schiff the Greatと、今回でお別れかぁ。威厳とユーモア、政財界との交渉…、凄かったです。お疲れ様でした。

2013/02/24 (Sun) 23:31 | 編集 | 返信 |   
くーみん  

マッコイさんの主張、日本政府に聞かせたい。
いまだに解決しない拉致問題、ほんとに日本って、人権に問題意識がない国です。

最後のクリフハンガーは勘弁してよですが、今日、新しいシーズンが引き続き始まるので、ヤキモキせずにすみますね・苦笑


2013/02/25 (Mon) 15:14 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

さすがL&Oだという重たさでした。

>俄フェレリスタさん
そうそう、リバドー捕虜になっていましたね。久々に姿を観ました!でもOZ時代のリバドーなので違和感なかったけど(笑)
政治や外交問題にもさりげなく触れてくるL&O、そしてマッコイさんにしっかり主張させるあたり憎いですね。確かに結論は出しづらいものがありますが。
シフの存在感は別格でした。後々になっても検事局で話題になるThe Greatでしたから。10シーズン本当にお疲れ様でした。

>くーみんさん
人権を叫ぶマッコイさん、とてもわかりやすく、シーズンファイナルをお見事にまとめていました。
さて、クリフハンガーの続きはどうなることやら。絶対何事もなかったように次の事件を迎えるんだと思いますが、シフの動向だけは教えてもらいたいです。

2013/02/25 (Mon) 19:00 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ