INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order S11-#15 「特別エピソード」

リアリティショーで殺人事件。

リアリティショーのブームが起き出したころの話ですね。
リアリティショーって最初は先の見えないハラハラドキドキの展開に面白い!って思ったけど
すぐに飽きてきちゃって。
いくらリアリティっていっても絶対裏に製作者の意図があるんだろうなと考えてしまうと
どこまでがやらせの部分?と勘繰りたくなってきて
だったらドラマの方が最初から作り話なんだから面白い!と
結局リアリティショーは観なくなってしまいました。
そんな意味で今回は自分の疑問の答えを出してくれるエピソードだった気がします。

「Swept Away」というリアリティショー。
一つの部屋に住んでいる男女たち。
その中でさまざまな争うが繰り広げられていくのでしょうが
Bonesのアンジェラが出演していました。
その中の男子二人、ウェスとポールが屋上でもみ合いになり
ポールがウェスを突き落としてウェスが死亡。
このままだとポールの犯行ということになりますが
ウェスが死の間際にポールに告げた言葉から意外な事実が明らかになります。

リアリティショーだから事件の瞬間もカメラが回っていましたが
最初弁護側は映像を封印していました。
判事が提出を命じたのでようやく事件の様子がわかります。
そしてウェスがポールに語ったやらせの事実。
やっぱりそうでしょ。
さらに制作総指揮の夫婦は番組の権限を握っているのは
テレビ局の副社長のスタークだと言い出します。

スタークはやたらと強気。
でもマッコイさんが詳細をあれこれ突っ込んでいくと
リアリティショーの出演者たちにもそれぞれ役割があるわけで
確かに同じような性格の人たちが集まったら
ドラマが生まれないですからね。
ショーの制作に当たってウェスは
消してしまいたいキャラNo.1になっていたことが判明します。
そうなるとこれはアクシデントじゃなくて意図的な殺人。
ということで結局スタークは取引を持ちかけ
数年檻の中に入ることを認めます。
そして出てきたときは社長ですか。
いずれこの過程もドラマにしたりして…あり得ます!

冒頭でリアリティショーに出そびれた?ブリスコーとグリーンが
だったらミュージカルに出るって言ってましたが
さすがブロードウェイの役者たちならではの洒落に笑わせてもらいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

リアリテイーショーを取り上げたエピは、
カッターのときにもありましたっけ。

すごい人気だったんですね。

最後は何だか、微妙でしたけど。
これで視聴率が取れれば、社長になれるっていうのも、
なんだかねえ・・・。

リアリティショーは本当に苦手なので、素直に反応してしまいました(苦笑)
いつもどこまでやらせなんだろう?って疑いながら観ているので、かなり納得です。
絶対ストーリー展開作っておかないと、見せ場がなくなる場合も十分考えられるし。
今回はやりすぎちゃいましたけど。

業界では多少悪いことをしないと大物になれないってことでしょうか。
それではウェスが気の毒すぎましたが。