INDEX    RSS    ADMIN

Glee S4-#6 「グリー部のグリース」


Glee: the Music Presents GleaseGlee: the Music Presents Glease
(2012/11/06)
Glee Cast

商品詳細を見る


グリー部ではグリースの練習が始まるが…

SMASHでいったいいつになったら作品が完成されるの?
という長丁場を見てしまったせいで、
Glee部の活動はとてもお子ちゃまなお芝居に見えてしまいました。
でもお子ちゃまなんだからいいんですけど。
そしてブロードウェイさながらのいじめや嫌がらせもあり。

キティはマーリーをやたらと目の敵にして
マーリーは母親の遺伝子を持っているからどんどん太るんだと
こっそりマーリーの衣装のスカートのウェストを詰めておいて
マーリーを困らせます。
そこで自分の体形じゃなくて、スカートの幅を調べる余裕が欲しいんですけど…
キティはさらにユニークを含む女子たちをパジャマパーティに誘い
高カロリー食で誘惑。
食べてしまったらトイレで吐けばいいとマーリーにアドバイスまでしてあげます。
ますます恐怖におびえるマーリー。
いよいよ本番というときもスカートが着られず
トイレで苦しんでいたマーリーを救ったのはライダーでした。
吐いた子にキスしたくないって言ってそのままキスを!
キティの嫌がらせは逆効果でした。
ジェイクも焦ってたね。

フィンが同じ職場にいることが許せないスーも
早速嫌がらせ開始。
ユニークを歌わせないと騒ぎだします。
そしてユニークの両親も同意してしまったため
(父親が何故かCHUCKのビッグマイクでした)
ユニークはステージに立てなくなってしまいました。
せっかく頑張っていたのに可哀そう。
ユニークの彼らしさを生かしてほしかったのに。

NYではオーディションを受けることになったレイチェルはまた調子に乗り
カサンドラにあなたも受ければとお誘いまでしてしまいます。
するとカサンドラはグリー部のグリースの舞台を見に行きたいけどお金のないレイチェルに
自分のマイルを譲ってあげることにします。
そしてカートとともにマッキンレーに現れるのですが…
フィンやブレインとの間に距離ができていました。

舞台は素晴らしかった!
グリースだけでサントラCDも出てますし
とても楽しめました。
ライダーってリーゼントが似合う!と新たな発見。
ユニークのパートは急遽来てもらったサンタナが引き受け
見事に代役を果たします。
ユニークの歌も素敵だったんだけど。
そして名曲「恋のデュエット」
(実はこの曲しか知らなかった…汗)
辛口のコラムニストにも大絶賛してしまいました。

だけどブロディに電話したレイチェルは
カサンドラとブロディが寝ているという現実にぶち当たってしまいます。
まさにSMASH的衝撃を分かりやすく教えてくれたカサンドラは
ある意味親切だったんじゃないかな。
しかし目の前のフィンからは決別宣言。
ウザレイチェルも少しは成長するでしょう。
そしてブレインとカートもおしまい。
ところが密かにティナとマイクは寄りが戻りかけてましたね。
これはよかったかも。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

確かにね、自分のスカートは入るんだから、おかしいと思ってほしかったけど、
そこはまあ、お話ってことで・・・苦笑

ライダー、出てきたときに、あの髪型はないだろ=、ダサすぎ、
と突込みましたが、リーゼントにした途端、カッコよくなっちゃって。
これも演出かな?

レイチェルは、さんざんですね。
これも、大人になる洗礼だと思って。

Gleeは歌とパフォーマンスが楽しめれば満足なので、あとはツッコミどころ満載でも良しとします(苦笑)

ライダー、急にいい男になっちゃって(笑)ずっとリーゼントでもいいかも。グリースの雰囲気によく合っていました。

レイチェルとカートは辛い試練を乗り越えて、SMASHに出てきてもくじけないくらいに成長してもらいたいです。頑張れ♪