INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S12-#16 「Spectacle」

ウェストモア大学の構内に、突然女性がレイプされている映像が配信される。襲っているのは覆面の男で、腕に「派或死」と彫られたタトゥーが見えた。現場は改装中の寮の一室だとわかり、捜索が入るがすでに誰もおらず、壁に「See No Evil」と言う文字と見ざるの絵が描かれていた。映像は録画されたものを配信したのかもしれない。
タトゥーは中国の格言で「死ぬ気でやれ」という意味がある。このタトゥーを彫っている学生が何人かいて、SVUはその中で去年退学になったカール・クーパーを逮捕する。カールは退学になった翌日、性的虐待で捕まっていた。カールは注意欠損障害があり、アンフェタミンを処方されていたが大量に持っていた。カールは女の子にキスして手を出そうとしたら、彼女のBFに見つかってレイプと言われ退学にされていた。しかしカールは映像の被害者を知らなかった。
タトゥーは友愛会の支部サイ・デルタの入会の儀式で彫られていた。カールは退部させられていたが、友愛会で尋ねると、被害者はジュリアードの学生リジー・ハーモンだとわかる。リジーは勝手に友愛会に入ってきたようだ。犯人はリジーを襲ってから薬を与え、抵抗力を奪ったのかもしれない。SVUがリジーの部屋を捜索すると、See No Evil, Hear No Evilと書かれていた。リジーがどこにいるか手掛かりはつかめず、アパートに入っていく覆面男の姿は防犯カメラに映っていたが、出て行く姿はなかった。
リジーの母は、2日前にリジーを見たのが最後だと話す。リジーはジュリアードのピアノ科の学生で、練習に追われていた。BFはいなかったが、一週間前ある青年と出会い、よく電話が掛かってきていたと話す。電話の相手はプリペイド携帯から掛けており、携帯をたどっていくと、SVUが話を聞いた大学生の一人グレッグ・エンゲルスが浮かびがる。そのときまたレイプ映像が配信される。今度はライブ映像のようだ。グレッグは情報科学部の3年生で、朝から姿が見えなかった。映像の配信先のグレッグのPCには、See No Evil, Hear No Evil, Speak No Evilと書かれていた。ライブ映像の追跡は不能だ。
グレッグは以前弟と里親と一緒に住んでいた。実の親は2001年に飛行機事故で死亡、その2年後弟のジェイソンがアパートの外で誘拐され、行方不明になったままだった。グレッグは両親と弟を失った苦しみを、誘拐することで和らげたかったのかもしれない。リジーの部屋からグレッグの指紋が検出される。
ステーブラーの携帯に、リジーhが欲しいなら一人で来いとメールが入る。グレッグは50thアベニューで待っているようだ。「見たら行動に移せ。」という連絡にステーブラーは単独で動き、該当の倉庫の扉をあける。グレッグは手にiPadを持って出てきて、弟を見つけろとステーブラーに命じる。署ではステーブラーの居場所を追跡するが、ステーブラーは携帯の電源を切らされていて見つからない。グレッグはジェイソン誘拐事件に関する資料を並べ、ステーブラーに読むよう命じる。警察は人質がいなければ真剣に探そうとしないとグレッグは憤慨する。

2003年7月24日AM10:32 グレッグが12歳のとき3歳のジェイソンは誘拐されます。その時、里親は養育費でクスリ漬け状態で、二人は外に出ていました。道を歩いていた男性や、外に立っていた女性など目撃者は何人もいたのですが、ジェイソンを見つける手掛かりは得られませんでした。ジェイソンは当時兄のことをグレッグと呼べず、ギグと読んでいました。ステーブラーは「君も誘拐犯と同じだ。弟を失ったら、正常でいられない。リジーの母親も同じ気持ちだ。」とリジーを解放するようグレッグを説得し続けます。
グレッグのGPSを追跡し、クレイゲン以下SVUがステーブラーとグレッグの居場所を突き止め突入します。グレッグはiPadを投げ捨て、「合図が途切れると死ぬ。リジーはあんたに殺された。」とステーブラーに怒鳴ります。グレッグは逮捕されますが、覆面の実行犯もリジーも見つかりません。
ステーブラーはグレッグは冷静で、リジーを殺すとは思えないと分析します。そしてグレッグが乗せられたパトカーに乗り込んで、リジーは死んだのに何故落胆しているのかと尋ねます。レイプの目的はNYPDへのリベンジかというステーブラーの問いに、グレッグはそうではなく、ジェイソンに注目させたかったと答えます。さらに「リジーは生きているんだろう。」との問いかけにグレッグはうなずき、リジーを救うためジェイソンを探してほしいとステーブラーに頼みます。
ステーブラーの要請に対し、SVUは当時の目撃者にもう一度聞き込みをします。当時、現場付近に性犯罪者は住んでいませんでした。犯人は女性かもしれない。目撃者の証言を照らし合わせて行くうちに、ペナー夫人がいたはずなのに事情聴取されていないことが判明します。グレッグは当時ペナー夫人の3歳の息子ダニーの子守をしたことがありました。だが3歳のダニーは白血病で死亡します。ジェイソンが誘拐された時、ペナー夫人はダニーを失ったショックでスタテン島の実家に帰っていたと話します。だが実際にはミリアム・ペナーは息子の死後精神科に入院していました。ミリアムの車が目撃証言にあった緑色のステーションワゴンと一致します。
SVUはミリアムの家を張り込み、車で出てきたミリアムを逮捕します。ミリアムはフロリダに行こうとしていましたが、車内から薬を飲まされたジェイソンが見つかります。
ステーブラーはグレッグを連れ出し、リジーの居場所を尋ねます。リジーと男友達によるレイプと誘拐は全てやらせで、誰も傷ついていませんでした。8年前警察がきちんと弟を探さなかったからだとグレッグは説明し、自分で責任を追うから弟に会わせてくれと頼んだグレッグは、ようやく再会を果たします。

生々しいレイプ映像が大学内でオンライン配信され
SVUは事件の捜査に追われます。
ベンソンは別件でクリーブランドに行くことになり
ステーブラーはほぼ単独で動いています。
そして実際にはやらせだった事件を起こしたグレッグと
一対一で向かい合います。

レイプ事件を華々しくでっちあげたおかげで
グレッグはようやく8年間行方不明だった弟と再会できたわけですが
ここまで苦労しないとNYPDは動いてくれないのかなというのが正直な感想。
ジェイソンもずっと辛い思いをしていたことでしょう。

グレッグはiPadでリアルな映像を見せつけてきますが
ステーブラーって相変わらずガラケーですね。
もう大抵の刑事さんはスマホを使いこなしているのに。
旧人類頑固オヤジなステーブラーの姿を垣間見た気がします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント