FC2ブログ

Glee S4-#7 「ウォブラーズの陰謀」

ウィルのいないGlee部。
フィンは頑張ってるけど、指導者というより先輩だからね。
みんなも素直にフィンの意見に従おうとしません。
ライダーとキティがグリー部に正式入部しますが
キティのマーリーへのいじめは続いているし
マーリーを巡ってジェイクとライダーはにらみ合ってるし
なかなか落ち着きません。
さらに大切な優勝トロフィーが、ウォブラーズに盗まれてしまいます。

いきなりコスプレ大会でびっくり。
特にアーティのスキンヘッド!どうしちゃったんだ?
ビーストまで巻き込んでみんなでヒーローごっこは微笑ましかったですが
フィンにスーパーマンファッションは似合わない…

Gleeで歌うためには気持ちをそろえなくては。
フィンはいがみ合う二人にデュエットを命じます。
ライダーとジェイクはR.E.M.のSuperman
マーリーとキティはBonnie TylerのHolding Out for a Heroをデュエットします。
Jim Steinman作品はGleeの定番ですね。
今回も楽しかった。
マーリーとキティは多少気持ちが通じ合ってきたみたいだけど
これもキティの策略かな?
そしてお互いの弱さをさらけ出すことになったジェイクとライダー。
ジェイクは白人と黒人のハーフでユダヤ教徒であることでからかわれていましたが
ライダーの勉強ができないことは致命的。
するとフィンはライダーの識字能力をしっかりチェックしてもらって
彼が失読症であることを突き止めます。
勉強ができないのではなく、学習障害を持っていた。
ライダーは前向きに克服していこうと努力を始めます。

一方トロフィーを取り返そうとダルトン校に偵察に行ったブレインは
新リーダーのハンターにウォブラーズに戻って来いと言われます。
ウォブラーズのブレザーを着て歌い始めたらすぐにしっくり馴染んできて
ブレインの心は揺れ動き始めます。
カートのいないグリー部に自分の居場所はないし。
まだカートと別れたショックから立ち直りきれていないブレインですが
結局サムと一緒にウォブラーズを襲撃。トロフィーを取り返してきました。
二人のデュエットでDavid BowieのHeroesも披露。
名曲を堪能できました。

周囲の嫌がらせを受けても
グリー部の仲間は団結し合って助け合い
みんながヒーローになることができました。
今週も正しいGleeです。
NY組はお休みでしたが
特別ゲスト?でハリウッドからパック登場。
恋の悩みを打ち明けるジェイクに、兄貴が貴重なアドバイスをしてくれました。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

まるでかつての「グリー」に戻ったようですね。

さてさて、大会はどうなるのかな。
ウオブラーズもこのまま引き下がるとは思えないし、
楽しみですね~。

2013/03/26 (Tue) 15:23 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

マイノリティへの理解と差別を絶対許さないとする姿勢。
これこそGleeだと思います。
今回もGleeらしいストーリー展開でした。
ユニークがいなかったのが心配だったけど…戻ってきてくれるよね?

ウォブラーズのパフォーマンスを久々に楽しめたので
トラブルは勘弁して欲しいけ(苦笑)、是非また観たいです。

2013/03/27 (Wed) 08:38 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ