INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order S12-#7 「指紋は神ならず」

CSIが否定されてしまう話??

CSIシリーズを見続けていると、指紋識別もAFISがサクサクと検索して即容疑者を特定できるので
指紋は絶対なんだなと思っていたらどうもそうではないらしい。
部分指紋がどのくらい判別できれば確定が可能なのか。
鑑識のリサはその道の大ベテランで
コンピューターのない時代から仕事していたのだから
当時は目で見て、ポイントとなる箇所が一致したらOKということで
容疑者を有罪に決定していたのでしょうね。
そしてヴァン・ビューレンもリサのお世話になり
彼女の昇進のきっかけとなった事件の解決も、リサの指紋識別のおかげだったのでした。

ところが今になって誤認逮捕だという話になり
よくよく調べて行くとリサの指紋識別は完璧ではなかったことがわかります。
マッコイさんのお怒りモードが激しかったね。
警察組織内の鑑識ですから仲間なのに
容赦ない怒鳴り具合にビビりました。
法を守る検察の立場としては当然だけど。
だったら爆弾処理が専門なのに「燃えちまえ!」と燃やしてしまった
某CSIの警部補なんてどうなってしまうんでしょう(苦笑)
マッコイさんにばれなくて本当によかったです!

今のCSIを観ていると証拠を見逃さずは基本ですが
証拠分析は機械に任せている部分が多いです。
昔の鑑識はそれこそ長年の経験と勘を生かしてなんて感じだったのか
たまには一昔前のCSIなんていうのも見せてもらいたいものです。

リサの分析が甘かったのは
検挙率を挙げたいという思いが強く
当時はヴァン・ビューレンとの連携ができていたんですよね。
でも今覆されて
ヴァン・ビューレンは自分の実績だとはいえ
「女だから、黒人だから」とバッシングを受ける辛さを
また身にしみて感じています。
そして有罪となったリサに会いにいけば
リサは警察のために良かれと思って行ったことが裏目に出たのを
ヴァン・ビューレンも同罪だぐらいの勢いで怒りまくっています。
ヴァン・ビューレン本当にお気の毒。
でもまだあと8年頑張って働いたんだから、本当にご立派!です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント