INDEX    RSS    ADMIN

Il Commissario Rex S9-#6 「襲われたジョバンニ」

ジョバンニという8歳の男の子が
公園で後頭部を殴られて倒れ意識不明の状態で発見されます。

付近には手掛かりになる証拠がなく
これは難事件だと上司はロレンツォに事件を持ってきますが
情報収集にきた記者にレックスが飛びかかったため
記者がレックスを訴えると言い出し
また上司はレックスを邪魔犬扱いし始めます。
さすがにレックスもこれはかなり堪えた模様。
上司に見つからないように隠れていました。

この先さっくりと感想を!

ローマ編はウィーン編と比べると
事件の展開がシリアスになってきてるかなと思います。
今回も証拠の発見や分析が事件解決の糸口となるし
容疑者への的確な尋問も役に立ち
ずいぶんL&Oの前半(法廷はないので)やCSIに近づいてきた気がします。
ロレンツォの科学的分析も、たぶんほっさんよりお見事なのでは?

そしてレックス。
邪魔犬扱いされた後は大活躍です。
ジョバンニのお友達の女の子の家に事情聴取に行ったとき
お母さんが犬アレルギーだから家に入れてもらえませんでしたが
こっそり入り込んで重要な証拠となるお人形を盗みだします。
なるほど先週の人形発見が今週につながっていたとはと恐れ入りましたが
でも家宅捜索の令状は出ていないので、本当はこの証拠は使えないよね。

さらに突如癒し犬からグレードアップ
意識の戻らないジョバンニの腕を強引に動かし
ジョバンニを目覚めさせてしまいました。
これはいったいどういう種類の特殊能力なんでしょう。
ERあたりでの勤務もできることが判明しました(笑)

事件の真相は
一緒に遊んでいてジョバンニに意地悪された女の子が
お母さんに女性は強くならなきゃダメと自己防衛の必要性を教えられて
だったら意地悪なジョバンニをやっつけろと
ジョバンニの頭を石で殴ってしまいました。
びっくりしたお母さんは自分の責任を感じ
自宅の庭に倒れているジョバンニを公園に置き去りにして
付近が汚れているのをスプリンクラーで消してしまいました。
だけどお母さんが使っていたラテックスの手袋の切れ端が
スプリンクラーにくっついていたのでした。
こんな証拠の残し方って、いかにもCSIローマですよ。

それを知ったジョバンニの父親代わりの将軍のおじいさんは
(将軍なのに売春婦を買ったりして最初は容疑者リストに載ってたんですが)
激こうしてお母さんに銃を向けます。
するとその銃を捨てさせるのはレックスの十八番。
銃弾が飛ばずに済みました。

優秀だけどしつこいCSI捜査官のカティアは
ついにロレンツォとデートを実現。
ロレンツォの家に押しかけダンスを強要します。
嬉しいんだか嫌なんだかへらへらしているロレンツォがふがいないんですが
レックスは絶対嬉しくないよね。
この先レックスの嫉妬がどう捜査に影響するのか気がかりです(苦笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ロレンツォは将軍の夫婦仲を壊してしまったことに心を痛めているふうでしたけど、カティアの猛アタックでそんなこと忘れちゃってるようでした。
カティアの手に渡る現場証拠を汚染したり、レックスのヤキモチ攻撃があったりするかもしれません。

ボスがベッドを取り上げた時のレックスの、お耳ぺったん顔が不憫でなりませんでした。
が、実はボス、レックスのことが好きだったようで、今後のツンデレなボスの態度が楽しみです♪

カティアのしつこさって半端ないですよね。レックスじゃないけど見ていてかなりイラっとするんですが、喜んでいるようには見えず、でも断わろうともしないロレンツォってどうなってるんだ?と気になってしまいました。
もしかしたらレックスに遠慮してるのかな…まさか?

事件が解決してボスがまたレックスのベッドを用意、しっかり骨までプレゼントしている姿、よかったです♪
結局みんなに愛されるレックスでした!