FC2ブログ

Gangster Squad (L.A.ギャングストーリー)

久々にJosh Brolin主演の映画を観てきました。

1949年のロサンゼルスを支配しているギャングの大物ミッキー・コーエンに
LAPDの本部長パーカーは手出しができません。
警察も判事もコーエンの支配下に置かれ、汚職まみれ状態。
そのときJosh演じるジョン・オマラ巡査部長が
コーエンの組織をぶっ潰すと特別チームを組んで立ち向かうことにします。
そしてこのチームは警官の素性を隠し、存在していなかったことになります。

市民の平和を守るため、悪と立ち向かうチームを結成するくだりは
まるで荒野の七人(ってことは七人の侍?)
集まるメンバーは6人ですが、みなそれぞれに才能を発揮。
黒人警官のコールマン、銃の達人のケナード
ケナードの弟子のラミレス、盗聴担当のキーラー
そしてオマラをよく理解するウーターズ。
ウーターズはコーエンの情婦グレイスと惹かれ合い
グレイスも複雑な立場に置かれます。

そして警官のバッチを置いた彼らが
遠慮なくコーエンのカジノ等を襲撃する姿は
限りなく黒に近い青…というよりほとんど黒?
Dark Blueの世界を彷彿とさせます。

コーエンをぶっ潰す!
その信念に向かって突き進むオマラがかっこいい!
銃を撃ちまくる姿はYRジミーを思い起こさせるし
今でこそJosh演じる晩年のヒコックが観たい!!と痛感させられます。
そしてMILKでも天敵だった?Sean Pennが演じるコーエンとの
執念の対決も大迫力でした。
ミルクには同情できたけど、今回のコーエンは本当に悪党だから
ますますJoshを応援しちゃうよね。

さらにドラマで見た顔も多々登場。
オマラの妻コニー役がThe Killingのサラだったのにはびっくり。
妊婦なのでおとなしくしていたけど
チームの人選に口出しする姿など、まるでサラでした。
コーエンの手下のロックウッドがCSI:Miamiのヘイゲン刑事で
もちろん悪役なんですけど、なかなかかっこよかったです。
ついでに悪にまみれた判事はERのアンスポー部長。
やたらと渋い拳銃使いのケナードは
Unitのライアンだったんですけど、あまりに痩せていて気付きませんでした。
役作りのため14キロ体重を落としたそうで納得です。

ポール・リーバーマンの原作も買ってきたし
しばらくGangster Squadの活躍を堪能させてもらいます。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
ベベーロ  
ジョシュ!

やっぱりジョシュが主役なんですね。嬉しいです。おまけに、ジョシュがボス。ユル・ブリンナー役ってところですね(笑)。
いささか無鉄砲だったジミーも大人になって、巡査部長になりましたか。私も映画を観たいですが、諸事情で多分観に行く余裕はないと思います。早くレンタル出ないかな。WOWOWで放映してくれないかな、と今上映している映画なのに、待ち遠しい思いです。

2013/05/07 (Tue) 02:18 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

久々に正しいJoshを観たかな…感動しました。MIB3は苦手ジャンルでスルーしてしまったので、やっとJoshをスクリーンで拝めて大満足です。
巡査部長のボスでも、オマラの言動はどこかジミーとかぶる所もあり、にんまりしてしまいました。クールな部分と熱い部分を持ち合わせた魅力的なキャラクターでした。奥さんがKillingのサラだったのがちょっと微妙だったけど。ショーン・ペンとの息の合った演技も素晴らしかったです。
きっとWOWOWでオンエアしてくれると思いますよ。その前にMIB3のオンエアもありますよね。せっかく来日もしてくれたんだから、食わず嫌いせずに観てみようかな。

2013/05/07 (Tue) 20:30 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ