FC2ブログ

The Borgias S2-#6 「悔悛」

大聖堂が崩れてロドリゴは反省。
悔悛をスタートし、食事は質素にイワシを食べることにします。
ローヴェレはロドリゴ毒殺計画準備中ですが
イワシに毒を盛るのはさすがに無理だよね。
でもそんなささやかなイワシでも、まず毒見係が食してから
ロドリゴの口に入るのでした。
ローヴェレが雇った若者は、なんと人体実験に利用されてしまいます。
殺害ではなく眠らせておく毒の塩梅をチェック。
用意周到です。

ロドリゴは自分も落ち込み状態なのに
チェーザレがルクレツィアの仇を取るため
ジョバンニを殺害してきたと知ってさらに困ってしまいます。
でもチェーザレが不貞を働いたということで
カテリーナとの関係を密にできていると思いきや
カテリーナも敵に回したことが判明。
こうなったらルクレツィアを再び嫁に出すと
ロドリゴは再度婚姻作戦を立てることにします。

しかし本当の愛を知ってしまったルクレツィアは
毛政略結婚にはうんざりしていました。
ヴァノッツアが結婚相手選びを手伝ってくれるということで
ルクレツィアは候補者を探しますが
気になった男性は候補者の弟でした。

チェーザレは軍を率いて攻めて行くことを望みますが
ロドリゴはそれはホアンの役目だとして
チェーザレには枢機卿の仕事をさせます。
やがてメディチ家の金貨を戴く作戦が始まり
チェーザレはミケロットに指揮を任せようとしますが
ミケロットは自分は陰の存在だとして相変わらず控えめです。
でも戦いが始まると、きっちりと役目を果たし
さすが、常に安定しています。

今回はミケロットの出番が少なめでちょっと残念でしたが
次回はトラブルメーカー?のホアンが帰ってくるようです。
あんまり当てにならないし、また問題を起こさなければいいけれど。
マキャベリがしばしばチェーザレと会話していますが
こうして君主論のネタ作りをしていたのかな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ